人気ブログランキング |
絶望を希望に変えるために、“声を、チカラに”
 昨年の参議院選挙で支えていただいた後援会の方から、以下のようなメールが転送されてきました。民主党にメールされたようですが、そのとおりだと思えましたので、ご本人の承諾を得て、こちらにも転載しておきます。
 民主党は、地方に暮らす方々(いえ、地方だけでなく、都会にも、貧困や多重債務や倒産や失業や病気に苦しむ方々がたくさんおられるでしょう。)の悲鳴にも似た、“声を、チカラに”、必ず勝たなければならないと思います。それは、国民の生活が第一の政治を実現するためであり、自民党総裁選に見られるような、政党や議員の生き残りを目的としたものであってはなりません。国民の多くが、自殺を考えざるを得ないところまで追い詰められているのに、政治家は何をしているのだ、という怒りの“声”をしっかりと受けとめなければなりません。

以下は、いただいたメールです。(民主党へ送られたものだそうです。)
以前、参議院選挙前にメールした者です。
メールをお送りしてからすぐにすばらしいCMに変更されましたので、用意されていたのだと思いますが、本当に良かったです。

参議院選挙の勝利の一因になったと思います。

そこで、昨日から放送されています 民主党TVCMですが、以前の舟のCMに比べれば、まだいいのですが、もうちょっといいCMができると思います。

日本の地方の悲惨な現状を、できるなら数字を挙げて伝え、それに対する、民主党の政策のメッセージを必ずやるという意思と共に送っていただきたいのです。

今のCMのように純粋に訴えることは非常にいいと思います。
必ず、地方の有権者に伝わると思います。
選挙期間になるまで時間がないと思いますがよろしくお願いします。


そしてまた、総選挙を前にして気になるのが、民主党の議員、候補者が民主党の政策を本質的に理解していないように見えることです。

TVに出演している人を始め、民主党議員、候補者が政策に対する財源について返答に困るだけでなく、民主党の政策についての意義、意味を語っていないのです。


なぜ、子供手当て2万6000円を出すのか。

それは、日本の将来を支えるためです。
年金にしても、労働力にしても、経済成長力にしても、日本国民の人口減をすこしでも食い止めなければ、将来の国力、財政が保てないからです。

今の時勢では特に、子育てにお金が必要な若い世代に補助することは消費を喚起する経済対策にもなります。


なぜ、高速道路無料化をするのか。

燃料費が上がっていることの対策、経済対策になるだけではなく、物流コストのカットにより、東京一極集中により、国土の利用がアンバランスになっている日本の地方の競争力の強化をするためです。

又物理的な障害がないことが道路公団の廃止、維持管理コストの削減だけでなく、想像以上の経済効果をもたらすからです。


なぜ、農業の戸別補償制度を行うのか。

食料費高騰の中、安全、安心の日本の食料確保と共に将来に食料危機に備える意味でも食料自給率の早期の大幅な改善をしなければならない。

しかし、自民党の推進する大規模農業の補助、競争力強化では小規模農地、家族経営の農家を中心とした、日本の農業の衰退が加速するからです。

また、農業の戸別補償制度を行うことが日本の限界集落、地域と国土の保全に繋がるからです。


確かに政策を短く説明することは難しく、きりがありませんが、民主党が発表している目玉の政策の趣旨をきちんと理解し、国民に対して、上記のような個人的な意見を追加した説明ができる候補者でなければならないと思います。


それは候補者が勉強不足というのもありますが、いつも選挙前にくる情報や資料が遅く、何を、どう街頭で訴えるべきか、わかりずらいというのもあります。

ぜひ、政策の意義と説明の仕方を早く候補者に統一して、自信をもって演説できるようにしてください。

また民主党関係者の方々は政策を前から知っているので、国民もある程度理解していると思ってるかも知れませんが、この度の総選挙で初めて民主党に入れるかどうか悩む方が相当な割合でおり、初めて政策を読むことになることを忘れないでください

選挙選の準備も大変だと思いますが、ぜひ候補者への政策の周知徹底と、郵政選挙で自民党の世耕氏がやったような演説内容の統一とタイミングの指示を含めた広報戦略を早く行ってください。

総選挙の自民党は参議院選挙とは比べものになりません。
必ず相当な手を打ってきます。

皆さんが1番わかっておられるように、最後のチャンスです。
日本を信じてがんばっている人たちのためにどうかよろしくお願いします。

(以上、転載おわり。赤字にしたのは私です。)

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキング下降中。上位に復活できますよう、ご協力を!


 今回のメールは、少し趣旨が違いますが、村野瀬玲奈さんが、民主党と民主党議員に電話でも手紙でもメールでもファックスでも、直接注文をつけよう、とずっと訴えておられることに賛同します。民主党に求めます、名実ともに自公政治との決別を。 (野党への直接の要望を強めよう(2))には、
民主党の中でも、自公政治や新自由主義と親和性の高い議員よりも社会民主主義や反・新自由主義の議員が力を持つようになることが必要です。
と書かれています。このことは、民主党を中心とした政権がリアルになってきた今、とても重要だと思います。
 ここ最近、村野瀬さんのところで読んだ、「現実的であれ、しかし不可能を求めよ。」というチェ・ゲバラの言葉をいつもいつもつぶやいています。
by dket | 2008-09-24 09:38
<< 声をあげることさえできないほど... 日本を立て直す最後のチャンス。... >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧