“変えたい”と願われた方々の思いの受け皿になれなくて、申し訳ないです。
 とむ丸さんのところで取り上げられていた自民党の政策は「党員として胸をはれない」と支部が解散という記事について、とくらさんも書いて広くひろめてほしい、と長野のこば☆ふみさんからお電話をいただき、「今は党員として胸を張って歩けない」という悲しい声は・・・政権与党の政治家の方に届いているのでしょうか?と書いたのですが、下に、山口県知事選挙のことを書いたら、その方がタイムリーだったのか(苦笑)、その問題の方へのTBをいただいているので、「自民松伏支部解散、59人全員離党へ」のニュースは、別の場所にUPしました。
 「今は党員として胸を張って歩けない」という悲しい声は・・・で、TBをお送りした方々、http://ttokura.exblog.jp/8333158/に移動願います。わかりにくくなってしまいました。すみません。(以上、7月20日朝に書き変えました。)
山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキング下降中。上位に復活できますよう、ご協力を!


 (以下は、当初に書いたままです。)

 天木さんのところで読んだやはり自民党は終わっているも紹介しようと思って、のぞいてみたら、既存の政党、政治家が信用できない理由の一つがここにあるという記事も見つけました。
 民主党山口県連では、何度も幹事会が開かれ、現職知事からの推薦願いについては、推薦しない。(支持しない。)という結論だったのですが、独自候補をどうしても擁立できなかったので、各自、“自主行動”という結論になりました。私が、岩国市長選挙の時の例をあげ、“自主投票”というのは誤解を受けるからダメ、とこだわったからか、かえって悪い結論(表現)になった気がします。
 “自主行動”という結論を得て、もともと現職知事(候補)が初めて選挙に出られる時から応援してきた民主党県議と連合推薦県議さんたちが、有志の会を作って現職知事(候補)を応援されています。このことから、民主党県連が現職知事(候補)を応援していると思われています。岩国基地を抱える2区の方々からは、多くの抗議の声があります。ほんとに残念です。
 
(追記)村野瀬さんのところをのぞいたら、山口県知事選挙への緊急アピールという志村建世のブログさんからのTBを見つけました。一部引用しておきます。
既存政党が役割を果たさないのなら、有権者にも意思表示の自由があります。有権者の5人に1人が投票行動を変えたら、予想される低投票率の中で、情勢は逆転するでしょう。支持政党のいかんを問わず、とにかく新人候補に投票するのです。それは決して無責任な政治的行動ではありません。今の政治を変えてくれという意思表示です。

[PR]
by dket | 2008-07-19 17:25
<< 「今は党員として胸を張って歩け... 好き嫌いを言っている余裕なんかない。 >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧