福本潤一前参議院議員を参考人招致して(公明党の上納金問題)
 今日も車での移動中だけ、国会中継が聞けましたが、朝から随意契約の問題等、大変興味深い内容が続いていました。途切れ途切れに聞いたので、石井 一議員が何を発言されて国会が紛糾していたのかわからなかったのですが、公明党の冬柴大臣が異常に怒って答弁されていたので、気になっていました。参議院TVで確認してみましたが、公明党を離党された福本潤一前議員の発言から公明党の上納金問題をとりあげられたのですね。
 こっかいmemoさんがお休み中(?)なので、今日のメモとして。 ↓

公明・創価学会を追及=冬柴氏とバトル-民主・石井氏
10月16日19時2分配信 時事通信

 16日午後の参院予算委員会で、民主党の石井一副代表が公明党とその支持母体の創価学会への批判を展開。同党の冬柴鉄三国土交通相が色をなして反論する一幕があった。
 石井氏は、公明党には国会議員が党本部を通じて創価学会に納める「上納金」と、国会議員から学会の池田大作名誉会長への「P(プレジデント)献金」があると追及。さらに党役員人事の決定過程も不透明と指摘し、「あらゆる面で不可解」と批判した。
 これに対し、冬柴氏は「上納金」について「(選挙の際に)公認料は党に出している」としながらも、学会への上納は否定。「P献金」の存在も認めなかった。
 石井氏が「閣僚席に座っているのだから、その言葉は重い」と畳み掛けると、冬柴氏も「(P献金などが)ないということになれば、あなたも議員を辞めるか」と反撃。両氏のバトルはエスカレートし、石井氏は池田氏の参考人招致や文部科学省による実態調査を求めた。 

最終更新:10月16日19時2分
 この話題、今日のテレビでのニュースでは取り上げられるでしょうか?

 石井議員のお話は、選挙期間中、山口県下関市へ行った際の、自民党支持者の反応(自公選挙協力への反発)や、舛添大臣の言葉は行きすぎだ、という発言等々、おもしろいですよ。



山口ブログに参加してみました。

[PR]
by dket | 2007-10-16 20:44
<< 誤って航海日誌廃棄 ― 証拠隠... 郵政民営化見直し法案共同提出 ... >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧