人気ブログランキング | 話題のタグを見る
国会もあと少し-医療制度改革法案は成立ですか?
 サッカー、もしかしたら1-0で勝てる?と期待してしまったので、かなしい。ちっくしょ~~~~~!!と眠れなかった人も多いと思います。

 昨日のお昼、家に帰った時に、たまたまテレビをつけるとやっていた国会中継で、菅さんが質問にたたれていましたが、もう最後だろうと思える小泉首相とのやりとりは、あいかわらず不誠実で争点をずらした答弁をされる小泉首相にがっかりさせられるものでした。小泉首相がニヤニヤされているのを見ていると、ほんとに人相が悪くなられたなぁ、と思いました。菅さんが質問されている傍でパネルを持っておられたのが、新人の太田和美さんだったのが微笑ましかったです。
 菅さんは、ポスト小泉の方々に靖国参拝問題への考えを尋ねられましたが、その前に小泉首相にこの問題が争点となっていることをどう思うかと聞かれました。すると、小泉さんは相変わらず“心の問題”だと同じ言葉をくり返し、「私は争点にしたことはない。マスコミが争点にしたんだ。」と答弁されたのには、呆れかえりました。はぁ~、とため息が出ます。ポスト小泉の方々の答弁の方がりっぱにみえてしまうのですから、なんとも・・・。サワヤカナ安倍さんは、歯切れが悪かったですけど・・。
 小泉首相と小沢さんとの党首討論を、最後にもう一度見たかったですが、自民党側が難色を示したというニュースが新聞の片隅に小さく出ていました。前回の党首討論で、小泉首相の言われた「しっかり抱いて、そっと下ろして歩かせる 」がうけず、中身がないのにまた言葉だけ?と国民に小泉さんの薄っぺらい化けの皮がはがれるのを、まわりの方々が恐れたのでしょうか?とむ丸さんが気にされていた小泉首相の二男【進次郎氏】「米一流【シンクタンク《CSIS》】」に6月入社の「ナゼ?」というニュースを見に行ったら、その下に
[中川政調会長]小沢代表の国会対応に「お手上げ」発言というニュースがありました。引用しておきます。
「会期を延長して法案が通るかどうか。(前)国対委員長の経験からしてもなかなか読めない」――。

 9日の自民党総務会で、中川秀直政調会長が小沢一郎民主党代表の国会対応に「お手上げ」とも取れる発言をした。加藤紘一元幹事長が教育基本法改正案や国民投票法など重要法案が残るなかで会期延長をしないことについて、執行部の説明を求めたのに答えた。

 中川氏は国対委員長の在任期間が歴代1位の長さだが、「本来は対立法案でないものが、小沢執行部で必要以上に対立軸になった」と対応の難しさを説明した。【堀井恵里子】2006年06月09日19時03分 毎日新聞


 そんな中、ばたばた通してしまう法案はどれでしょうか?晴耕雨読さんのところに、
このところほとんど報道されていませんが、国民健康保険を無くしてしまう危険のある「医療改革法案」が13日中にも成立してしまう模様である。
村上ファンド、サッカー ワールドカップに目を奪われているうちに、「国民が殺される」ような法案を通過させてしまおうとしているのだ。
とあって、急にあせってきました。埼玉県医師会のHPから引用されている 2.規制改革を行おうとしている政府組織 を読むと、川辺よりさんが「医療制度改革」は粛々と可決?で書かれている
もともと今進められようとしている「医療制度改革」の基本路線は「経済財政諮問会議」から発しているもので、言ってみれば、それに厚労省が懸命に歯止めをかけて出してきているのが今の法案。一方私たちは法案を批判する時には厚労省をターゲットにするのだけれど、厚労省官僚にしてみれば、これでも努力の結果なんだから、と言いたいだろう・・・という構図になっているんですね。
「医療制度改革」と称するものの本質は経済財政政策。
その見ているところは・・・やっぱり例の「年次改革要望書」ということになるんでしょう。
の部分が、よく理解できました。長屋政談(2)八つぁん熊さんネットを語るで、大家さんも心配されている リハビリが半年で打ち切りになるっていう話は、すでに4月の診療報酬改訂(引き下げ)で進められているそうです。知らないうちにどんどん改悪が進んでいるんですね。署名はまだ間に合うそうですよ。
 お金持ちでないとリハビリが続けられないの? と書かれていたヘリオトロープの小部屋さんのところにお伺いしてみると、もう牛肉を食べても安心か?という記事もあり、これも心配です。
国会もあと少し-医療制度改革法案は成立ですか?_e0067429_12581295.jpg
    (こちら↑は、 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部さんよりお借りしました。)
 先日、中川昭一農水大臣が米議会の対応に批判的な発言をされていたのは、応援したくなりましたが、中川昭一農水大臣吼える ニュースの深層で も気になり、中川農水相 vs 朝日新聞 ニュースの深層@週刊新潮 も気になり、『直言』の魚住取材ノートの第5回「NHKに希望はあるのか?」 も、ものすごく気になります。この問題での安部さんの対応が許せなくて、その頃、ちょこちょこのぞいていたサイトに久しぶりに行ってみたら、『テレビ国家論』という言葉があり、これも気になるけれど、きりがないので、仕事に行ってきます。(引用させていただいた方、あとでTBさせていただきますので・・。)
 あっ シツコイですけど、九条の会、全国集会があったというニュースも新聞で読みました。
by dket | 2006-06-13 09:01
<< 米国産牛肉の輸入再開 反対!!... 月曜日の朝を サワヤカナ 気分... >>



まだ間に合うかもしれない

by dket
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧