あまりにも信じられないことばかりなので・・・。
 昨年から続く小沢さんに関する報道に、もう、うんざり!これだけ国民が毎日の生活に苦しんでいる状況なのに・・・、と怒りがわいてくるのですが、小沢幹事長(または民主党)が追いつめられているという危機感があまりないのは、ネットの情報ばかりを見ているからかもしれません。それは甘いのでは・・・。と日曜日に参加した平岡議員の新春のつどいで思いました。やはり、一般の方は、確実にテレビや新聞の報道に誘導されています。

 実際に、テレビや新聞の報道とネット上の情報は乖離していると思います。そして、そういう意見をネット上でも多く見かけます。「覚醒した人と覚醒前の人」という表現をされている方もあります。先日、私も映画の『マトリックス』を例にあげましたが、私たちは、本当に覚醒したのか、ただの考えすぎなのか・・。本当のことが知りたい、といつまで、もがき続けなければならないのでしょうか?

 もう、うんざり!と本当に思っていたので、小沢さんの事件について、いろいろ書くのもどうなのかな、と思って、ブログも更新していませんでしたが、やはり、昨年の小沢さんが党首を辞めることになった秘書逮捕事件についての第2回公判で、西松建設元総務部長が「政治団体がダミーとは全く思っていなかった」と証言されたことは、すごく大きなことではないでしょうか?
 17日に書いた森ゆうこ議員の認識を民主党全体で共有してもらいたい。の最後のほうで、「私は、今でも小沢さんは党首をやめる必要はなかったと思っています。」と書きましたが、そのリンク先に行って、昨年の事件を振り返ってみると、やはり、その時もネット上の情報を参考にしたので、そう考えたのだなぁと思いました。(残念ながら、民主党では少数派だったみたいですが・・・。)でも、今回の方が、ネット上で冷静に判断されている方が多いように感じます。政権交代したからでしょうか?Twitter効果でしょうか?

 それにしても、ネット上の情報を見ると、あまりの現実に、びっくりしますね。小沢さんが告発されたのは、事情聴取の直前だったそうです。日本がアブナイ!さんの小沢告発は、聴取の直前だった&2つの告発に対するナゾ&疑念。で知りました。阿修羅には、世に噛む日日さんの「真実を求める会」の真実を求めるというブログも紹介されていました。 すぐに、竹中さんが、9・11選挙前に元ミサワホーム社長に告発された時の報道を思い出しました。すぐには受理されないで、かなり後になって受理されたことをどこかで書いているはず。→竹中さんへの告訴状受理(ミサワホームの問題)

 情報流通促進計画さんの取り調べの完全可視化が必要な理由~私が検察官だったらこうして小沢をはめる を読んで、またまたびっくりしました。長くなるけど、一部引用させてください。

     (以下、引用はじまり)
 ここで、物証があると思われるものを整理しよう。もちろん、これらの存在の真偽は不明だが、報道によると、このようなものがあるようだ。


 2004年10月18日、5000万円が睦山会の口座に入金された。

 2004年10月29日、土地代金として、3億3000万円が支払われた。

 石川議員の手帳に10月15日、ホテル名の記載がある。【どうもこれが誤報のようだが…】

 
 5000万円関連では、肝心なのはこれだけだ。

 供述としては、ゼネコン幹部が、10月15日に石川議員の手帳に記載のあるホテルで5000万円を渡した(15日の次の銀行営業日が18日)と話しているらしい。

 そして、陸山会事務所が捜索押収されたのは、報道されているだけで、2009年3月と2010年1月13日の2回。

 さぁ、問題は、これらの供述物証をどうパズルに組み込むか、だ。

 
 検察側のパズルの当てはめは、

①ゼネコン関係者が10月15日に5000万円を石川議員に渡したと供述。

②2010年1月13日、事務所捜索押収で石川議員の手帳押収

③その手帳にホテル名の記載があった

というものだ(Aパターン)。


 しかし、このパズル、こうも組み替えられる。

①検察、陸山会の金の動きをチェック。5000万円が2005年10月18日、陸山会の口座に入金されていたことを把握。

②2009年3月の捜索押収で、2005年10月15日の欄にホテル名の記載のあった手帳を確保

③ゼネコン幹部に、5000万円を2005年10月15日、手帳に記載のあるホテルで渡したと、(スキャンダルなどをネタに脅したりして)供述させる。(Bパターン)
 

 現段階ではどちらとも分からない。
     (以上、引用おわり。)

ホントにわからないことだらけです。
(追記:石川議員が水谷建設の元幹部から金を受け取ったことを推認させる特ダネが誤報~取消すが、謝罪はしない読売 にも、びっくりしました。)


 少し元気がないので、コメントいただいた方々にお返事していなくてすみません。本当にすみません。

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!

[PR]
# by dket | 2010-01-26 06:20
補正予算案を一刻も早く!拉致被害者救出の動きも気になります。
 年が明けてから、久々に法務局に行くと、昔、いっしょに働いていた方と会いました。住宅ローンの返済と仕事場の経営状態と両方を心配しておられました。「金融機関に返済猶予の相談をしたら・・。各銀行で専門窓口を準備して対応してるみたいよ。」とすすめましたが、事業主側ではない一般の方にとっては、金融機関に返済猶予の相談をすること自体、大変なストレスでしょうから、政府はもっと、返済猶予は住宅ローンで苦しんでいる方も対象ですよ-、と広くアピールすべきではないでしょうか?

 高校卒業後の就職先が決まらないまま年を越した方もいらっしゃるだろうし、大学進学を希望する受験生を抱える家庭でも、子どもさんの希望どおりの受験費用が準備できず、親子で悲しい思いをされている方も多いでしょう。不安な新年を迎えておられる方々にとっては、小沢幹事長の事件なんかより、とにかく“景気”でしょうから、第二次補正予算は一刻も早く通してもらいたいものです。

 国会が始まりましたが、、インターネット中継を見ようと思うのに、衆議院TVが全くつながりませんでした。テレビ中継はあったのでしょうか?第二次補正予算案についての報道があるかと思いましたが、ネット上でもほとんど拾えないので、仕方なく、官邸のHPに行ってみたり、民主党のHPに行ってみたりしていました。経済対策に盛り込まれた主な施策は、そこでダウンロードできるようですが、PDFしかないので不便です。
 私個人としては、しつこいようですが、可処分所得を増やすための施策を一刻も早く実行してもらいたいので、昨年4月にまとめられた「生活・環境・未来のための緊急経済対策」の「マニフェストに盛り込んだ政策を前倒しで実行する」という部分をぜひ取り入れてほしかったのですが・・・。


 第二次補正予算案についてのニュースを探していたら、小沢さんの事件について、気になったことがあったので、メモとして、一応、書いておきます。
 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」というブログにあった、米政府と東京地検特捜部は小沢一郎が中国に依頼した北朝鮮からの日本人拉致被害者救出を妨害か?という記事ですが、タイトルに反応したのは、小沢訪中団に参加された関係者の方から、そういう動き(拉致被害者救出のための努力)があるらしい、と聞いていたからです。(もうニュースにも出ているので、書いて良いよね。)またまた、陰謀論のように受け取られかねないし、拉致被害者の救出はゼッタイに政治利用してほしくないので、気をつけなくてはいけませんが、もし、拉致被害者救出の努力がされているのであれば、ぜひ、実ってほしいです。そして、それは、どこからも妨げられたくないです。
 板垣 英憲さんの書かれているブログを一部引用しておきます。
この構図のなかで、中国・韓国関係者から興味ある情報が入ってきたので紹介しておこう。それは、「小沢一郎幹事長は、北朝鮮による日本人拉致問題の解決を中国・胡錦濤国家主席に依頼し、7月の参議院議員選挙直前に拉致被害者を連れて帰国しようとしていたところ、北朝鮮問題で中国に主導権を握られたくないアメリカ政府が、東京地検特捜部を使って妨害してきた」という内容である。



山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!

[PR]
# by dket | 2010-01-19 06:21
森ゆうこ議員の認識を民主党全体で共有してもらいたい。
 今年いただいた年賀状に
政権が変わるとは、時代が変わること。しかし、メディアを含め、これまでの政権の近くにいた人はそのままの地位にいます。仕組は変わっていません。大いなる野望が必要です。
と書いてくださったものがありました。大先輩からいただいたものですが、まったくそのとおりだと思いました。
 
 その“大いなる野望”が始まろうとしている中、またまた、小沢幹事長に対する攻撃が始まりました。政権交代後にスタートした鳩山政権が、とにかく予算を優先して、さぁ、これから仕組みを変えていこう、としている矢先のできごとです。
 
 熱くならないようにと気をつけてきましたが、昨日の民主党大会のあとのテレビの報道を見ていて、やっぱり我慢ならなくなりました。テレビは本当におかしいです。こう感じるのは、ネット上の意見を読んでいるからでしょうか?テレビや新聞だけを見ている方はどのように感じられるのでしょうか?
 映画の『マトリックス』で描かれているように、その“仕組み”に気づく前と後では、世の中は大きく変わって見えてしまうのでしょうが、残念ながら、テレビや新聞以外の情報を持たない方々に、今おきていることを、陰謀論のような警戒感を持たれないように説明するのは至難の業です

 とむ丸さんも
 おもわず厭な既視感にとらわれました。
 そういえば、小泉郵政選挙の時も、こうしてメディアは郵政改革一色だったよなあ、と。
 あのとき、ネットでさまざまなメディア関連のページを開いても、どれもこれもコイズミ改革大歓迎の言葉ばかりがかきつらなっていましたし。
と書いておられますが、あの頃と何も変わっていないメディアの状況に、怒りがぶりかえしてきました。まさに、こういうものと私たちは闘ってきたはずです。ブログを書き続けてきたはずです。リアルな場でも声をあげ始めたはずです。しかし、メディアスクラムとも言える、今のような状況に対して、ネットの影響力はまだまだ弱いのが現実でしょう。新しくTwitterに注目が集まっていますが、どうなんでしょうか?

 昨年の3月の秘書逮捕の時に書いた、「小沢さんひとりの闘い」ではない、民主党全体の問題だと思う。という思いは変わりません。そこに、イギリスでおきたグリーン事件のことを取り上げていました。その部分を再掲してみます。
 郷原さんが、イギリスで今、ちょうど同じような事件(グリーン事件)がおきていて、国会議員を警察が突然逮捕したが、立法権に対する介入だ、と与党の議員も野党の議員も結束して抗議の声をあげている、という話をされました。原口議員もどこかのテレビで同じ話をされていました。日本もそうあるべきではないのかと思いました。
民主党議員はもちろん、野党の議員も今回の石川議員逮捕については、抗議の声をあげるのが普通ではないでしょうか?
 それなのに、今の野党は、まったく逆の意見です。民主党内で、小沢批判がおきないのが異常と主張されています。これまで権力から迫害された経験のある政党まで・・・。なんということでしょうか。

 民主党議員は、こういう声に分断されることなく、がんばってもらいたいです。昨日のテレビで、党大会から出てこられた民主党議員のコメントが紹介されていましたが、森ゆうこ議員の言われた言葉に勇気づけられました。さっそく阿修羅でも紹介されていました。↓
 「これは検察をトップとする官僚機構と、国民の代表である民主党政権との全面的な戦争だ」民主党・森裕子議員 (TBS)
森ゆうこ議員の認識を民主党全体で共有してもらいたい。
 
 私は、今でも小沢さんは党首をやめる必要はなかったと思っています。小沢さんの好き嫌いに関係なく、「不公正」「不条理」から党首も守れない民主党では国民を守ることはできない。と考えています。民主党にとっては大きな試練でしょうが、小沢さんは、幹事長をゼッタイにやめないでいただきたいと思います。

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!



 久々に怒ってしまったので、いろんなところにTBをお送りしていたのですが(ご迷惑な方、すみません。)、そうそう、三井 環さん(元大阪高検公安部長)が明日、出所されるんですよね。ぜひ、国会で証言してもらいたい。それまで、命が狙われませんように・・・。情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)さんのところの小沢氏国策捜査を喜んで報道するメディア、検察裏金疑惑取材せずに正当化できない…ツイッター風に を読んで思い出しました。
[PR]
# by dket | 2010-01-17 08:15
本当に4億円の不記載なんだろうか?
 sv400s_dracinさんから、「ハイチ地震」における被災地および被災者に対する救援活動情報についてのTBをいただいて、お伺いしてみると、記事のサイドに
っていうか、政局ってそんなに大事なんか…政局のニュースよりこっちが優先ちゃうんか…震災ドラマの番宣して、震災ドラマの関連報道しといて、ハイチ地震関連ニュースが「Twitter(ツイッター)」って、どういうことよ (中略)そんなテレビいらんわい!
と書かれていて、「本当にそうだ。多くの方々が亡くなって、大きな悲しみや苦しみの中でもがいておられる方々の痛みに注目すべき時なのに、政治の世界の権力抗争にいちいち反応していて恥ずかしい。」と思いました。

 それでも、石川議員が逮捕という状態にまで発展して、素朴に、どうして?という疑問が解決しないので、一応、メモとして書いておきます。

 疑問と言うのは、どうしても「4億円の不記載」というのが、納得できないのです。すべての数字が4億円で出てくるので、わかりにくいのですが、いろんな記事を読んでも、陸山会が小沢さん個人より4億円の借り入れと記載されていれば、それで良いのではないかと思えるのです。
 複雑でわかりにくいので、まだ私の頭の中で解決していませんが、まわらない頭で考えたことを書いてみます。収支報告書は、1年間のお金の動き(追記:立て替え、精算等)をひとつずつ記載する必要はありません。年末に残高がどうなっているか、を記載すれば良いと思うので、仮に、土地を売りたい方が資金を急がれていた等の理由により、小沢さんがどうにかそのお金を調達(A)してきて、土地代金を立替え、その後、お金をかき集めて(B)定期預金にし、銀行から借り入れできたため、すぐにその立替えは精算されたのであれば、銀行から小沢さんが借り入れし、陸山会に貸し付けた金額だけ残高として残り、それが記載されていれば良いんですよね。

 そこで問題となっているのは、2つあって、(A)の小沢さんが調達してきたのがどこのお金か、ということですが、これは、小沢さんが奥さんに、すぐに返すからと借りたかもしれないし、その他の知人から、すぐに返すからと借りてきたかもしれません。(追記:先ほどの党大会で、小沢さんが、「私どもが積み立ててきたお金であり、口座等も弁護士を通じて検察に報告した。」と話されました。)金額の規模が違うのですが、今回の選挙で知り合って当選された政治家の方も、ずーっと自転車操業状態で大変だったようです。(ご親族が苦労されていました。)
 もうひとつの(B)の4億円の定期預金ですが、これは、いろんな記事を拾い読みすると、陸山会の自己資金2億8000万円と他の政治団体からかき集めた1億2000万円を定期にしたんですよね。小沢さんが土地代の他に準備した4億円ではないんですよね?

 上の(A)と(B)はいろんな記事の拾い読みなので、類推ですが、この類推が、あまり事実と離れていなければ、政治資金規正法違反という逮捕容疑は、どう考えても?なのです。

 誰か私の疑問を解決していただければ、助かります。ちょっと複雑になっているので、思い切って書いてみました。もう、出かけなければいけないので、また、続きを書きます。

(追記:1月17日朝)昨日の夜、パックインジャーナルに出演された郷原さんのお話を聞くと、小沢さん個人が立て替えたお金が少しずつ銀行から借り入れたお金に振り替わっていったのかもしれませんね。という表現をされていたので、またまた、頭がこんがらがってきました。でも、その説明は、党大会の前の番組でしたので、党大会での小沢さんのお話のあとの郷原さんのお話が聞いてみたいです。

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!

[PR]
# by dket | 2010-01-16 09:53
西松建設元総務部長「政治団体がダミーとは全く思っていなかった」
 日本中が、毎日の暮らしの厳しさに苦しんでいる人だらけなのに、マスコミは、あいかわらず、そんなことより権力抗争に加担しているのか、とうんざりしながらも、声をあげる余裕もなかったのですが、ちょっとだけ書かせて。
 
 今朝は、雑感さんのところで、東京地検さん、大丈夫wを読みました。昨日、昨年逮捕された小沢さんの秘書の第2回公判があったそうですが、
西松建設のお金を寄付をした側である岡崎彰文元総務部長が、「政治団体がダミーとは全く思っていなかった」と答えている。
とのこと。知りませんでした。これって、ものすごく重要なことではないのでしょうか?マスコミは、もっと取り上げるべきでしょう。取り上げたくなくて、家宅捜索?と雑感さんに勘ぐられても仕方ないかもしれません。

 小沢さんの会見の場でのやりとりも、上杉 隆さんがテレビで紹介されていて、興味深かったのですが、時間がないので、またにします。(岩上さんの質問)

 時間がなくてすみません。アセって書いたので、リンク張りもTBもあとにします。すみませ~ん。

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!

[PR]
# by dket | 2010-01-14 08:54
再生可能エネルギーの発電機を、もう一度メンテナンスして
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 あまりにも楽天的すぎる性格が災いして、苦しいことばかりが続き、デフレのせいだと言い訳しても、身近な人たちに迷惑をかけることに変わりはないので、本当に自分を責めてばかりの日々を送ってきました。そして、もう少し悲観的にならなくてはいけないのではないか、と自問自答してみるのですが、やはり、きっとよくなる、という思いが抑えきれず、なんて私は甘いんだ、と心の中で自分を叱らなければなりません。

 でも、お正月の間のテレビで何度もやっていた政治経済に関する特集番組なんかで出されたいろんな意見を聞いていて思ったのは、今の日本に足りないのは、楽天的な空気じゃないかな~、ということでした。デフレがずっと続いてきたこと(昨年からしつこいけど、もしかしたら、続けようとしてきた方々がいる?)や、国民の不安を煽る情報が意図的に(だと思う。)流されてきたことが原因でしょうが、もっともっと、国民が楽天的になって、お金を使える日本にしなくちゃ、弱って声も出せない人たち(仕事を失くしたり、病気だったり、多重債務で苦しんでいたり、ものすごい安いお給料で働いていたり・・・)にお金がまわっていかないだろうし、もちろん、デフレも解消しないだろうし、と思いました。

 楽天的な、という言い方は、不適切(←この言葉もなんだか薄汚れたイメージになってしまいましたが・・・笑)かもしれませんね。民主党は、セーフティネットを再構築して、安心安全な・・という言い方をしていますね。表現の仕方はいろいろでしょうが、新政権では、例えば、「国の借金が864兆円と過去最大 1人当たり678万円」というニュースが出たら、これは、「国の借金800兆円、国民が貸しているってことなんですよー」と、もっと多くの方々に知らせてもらいたい。(少しは楽天的な気持ちになれるのではないかと・・・。)

 きっとよくなる、と国民が思えば、きっとよくなる と思うのです。そのための成長戦略も具体的になってくるでしょう。昨年末に発表された成長戦略についてのNHKのニュースで、「名目成長率3パーセント」という数字を聞いた時、うれしくなりました。ドーマーの定理を意識されているのかなぁ、と思ったので・・・。成長戦略をまとめる座長をされた平岡議員のブログ(12月30日)にあった新成長戦略(基本方針)(平成21年12月30日閣議決定)を読んでみると、なんだか、希望がわいてきて、きっとよくなる、と思わずにはおれないのです。
 
 あの9.11選挙のあと、郵政が民営化され、もうだめなのか、と思いましたが、ブログで発信し続けてきたことは無駄ではなかった、ということが、昨年末、証明されました。きっとよくなる、と願えば、きっとよくなる、と信じて、今年もがんばりましょう!

 
山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!


 
 本来、私たちは、心と体に「再生可能エネルギーの発電機」を持っているはず。それを、もう一度メンテナンスして、立ち上がりたい。
 一度充電したら終わりのエネルギーではなく、何度も何度も立ち上がることのできる再生可能なエネルギーを、弱っているすべての人に急速充電できる政策を、新政権には一刻も早く実行してもらいたいです。
[PR]
# by dket | 2010-01-06 06:47
苦しい年でしたが、幸せな年でもありました。
 苦しい1年でしたが、いろんな出会いもあり、それなりに忘れられない年となりそうです。と書いた26日のエントリーにいただいた散策さんからのコメントへのお返事を、ここにも書いておきます。

 いつもいつも応援くださって、本当にありがとうございます。
 今年は、慣れない土地での挑戦で、いろんな事があり、かなりペースがくずれた年でした。それでも、多くの方々に支えられていることを実感して、幸せな年でもありました。
 みなさま、良い年をお迎えください。
 
山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!


 もう少しで新しい年を迎えます。新年になっても何も解決していなくて、当分は、苦しい日々が続きそうですが、どうにか自分らしさを取り戻せるようにがんばりたいと思います。来年もよろしくお願いします。

 苦しんでいるすべての方々が、もう少し楽になれますように。
 希望の芽は確実にふくらんでいます。
[PR]
# by dket | 2009-12-31 23:42
今日は、下関で忘年会
 それにしても、昔からの「とくらBlog」をご存知の方は、最近の「とくらBlog」に来られたら、不思議に思われるだろうなぁ、なんて、2006年の頃のブログを読み返しながら思いました。デフレのせいか、年のせいか、最近は、あまり出なくなりましたが、昔は、ホントによく飲みに出ていたみたい。(笑)

 今日は、下関で忘年会ですが、ふぐ刺しは出ないと思うので、2005年のふぐのおいしい季節となりました。から、徳山のふぐを、写真だけですが・・・。
e0067429_17234780.jpg
 

 苦しい1年でしたが、いろんな出会いもあり、それなりに忘れられない年となりそうです。
http://www.begets.co.jp/doda/archive/064.htmlより引用。

永遠の嘘をついてくれ
出会わなければよかった人などいないと笑ってくれ
 




山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!

[PR]
# by dket | 2009-12-26 15:31
中小零細企業とそこで働く人たちが希望を持てるような政策を!
 亀井金融担当大臣と民主党金融ボーイズに期待!を投稿した日、「政権交代後の民主党に、これだけ中小零細企業の側にたてる方々がいらっしゃることがわかり、かなり安心しました。」と書きましたが、ふじすえ議員のブログにお伺いしてみると、中小企業が声を出さなければ中小企業支援政策はどんどん見捨てられる!と書かれていました。またまた、不安になったので、一部抜粋してご紹介します。
 新政権は総選挙において、雇用の7割を支える中小企業支援を大きく打ち出していた。しかし今、その看板である「中小企業減税」が消えつつある。
   (中 略)
 今、多くの中小企業経営者は、借金を増やして会社を維持するか、それとも会社をたたむか、迷っている。前にお会いした建設会社の経営者は「自分は早く会社をたたんだため、被害が少なくてよかった。がんばった友人は大きな借金を抱えて倒産してしまった」と話していた。

 このような状況にもかかわらず、中小企業団体の方々から、ほとんど声が聞こえてこない。
今まで政権与党とやっておられ、その習慣がまだ抜けていないのではないかと思ってしまう。今までは族議員に話をしていればすんだのかもしれないが、今は違うのだ!
今、政策を動かす大きな力は「世論」にある。
そのことにまだ気づいていない。

今からでも遅くない。
中小企業の方々よ、是非声を上げて欲しい!
   (以上、引用おわり)

 以前、ふじすえ議員の税制についての勉強会に参加してみましたが、ふじすえ議員は、本当に中小零細企業のことを考えてくださっているな、と感じました。ただ、その時の参加者の方の発言を思い出してみると、中小企業の団体に所属することのできる中小企業の方は、(もちろん努力されているからでしょうが、)少し余裕のある方々ではないかな、と思いました。今、毎日の資金繰りで大変な中小零細企業の方は、声をあげる余裕もないのではないか、と思います。政府は、ぜひ、そんな声にならない声をくみとってもらいたい。

 16日に書きかけのまま、非公開にしていた「助けて!」といえない人がたくさんいることをわかってほしい。をそのままUPしました。最近、やっと、デフレがずっと続いていることを報道する記事も増えましたが、デフレは、中小零細企業とそこで働く人たちを本当に痛め続けてきました。
 本来、日本の底力であるはずの中小零細企業は、よくテレビで取り上げられる「ものづくり」分野だけではなく、あらゆる分野で、この国を支えてきたけれど、本当に傷ついています。これまでの政治は、つぶれるものはつぶれるべき、という言葉で、確信犯で切り捨ててきたと思いますが、新政権も本当にそれでいいんでしょうか。

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!


 民主党のHPから「平成22年度税制改正大綱」がダウンロードできますが、少し読んでみると、確かに、まだ、「今からでも遅くない。」のかもしれません。

(メモとして追記)こんなに多くの国民が苦しんでいるのに、日本の経済が良かったころに決まったことを続けるのでしょうか?→日本の米軍基地維持費負担は世界の80%~みかじめ料を払うのはやめよう! ( 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)さん)
[PR]
# by dket | 2009-12-23 13:33
特別会計の剰余金は、どのくらい活用できるのでしょうか?
 『国民の生活が第一。』という考え方をゼッタイに忘れてほしくないし、ムダづかいや天下りを徹底的に見直し、国民の生活を建て直すために税金をつかう。と訴えてきたことを、ゼッタイに忘れてほしくないと思います。「ムダ削減」は、削減が目的ではなく、今、苦しんでいる人たちを救うために税金を使うための手段なんだということを明確にしてもらたい。財政均衡主義や緊縮財政のためのムダ削減ではないということをはっきりと国民にわかりやすく説明してもらいたい。

 マニフェストを実行するための財源はどうするのか?という攻撃を、ずーっと受けてきた民主党ですが、一般会計と特別会計あわせて約207兆円(金額は少し変わっているでしょうが)を抜本的に組み替える、と主張してきたはずです。3党合意でも、特別会計に徹底的に切り込む、となっているようですが、具体的な数字はまだ示されていません。

 いろいろ検索していたら特別会計の剰余金・積立金についての各府省からの提出資料というのがありました。平成20年12月1日作成のものらしいので、参考になります。昨日取り上げた借金返済のための積立金(基金)というのは、32頁の国債整理基金特別会計でしょうか?

 埋蔵金は恒久的な財源ではない、という民主党攻撃もありますが、これについては、可処分所得を増やし、生活を安定させる、それにより前向きになった気持ちが、経済を押し上げていく。成長分野には徹底的に投資することにより税収をあげていくんだ、と答えてもらいたいです。
e0067429_17421747.gif


 東京義塾さんが、「日本郵政の株式売却を凍結する法案が、法律となった。」と始まる文章に
89年以来の日米構造協議をてこに、あらゆる市場原理主義の政策が押しつけられ、そのお先棒を担ぐ御用学者や官僚と経済人が跋扈したが、彼らの時代はこれで終焉する。
   (中 略)
新しい日本が確実に始まる年を迎える。
と書かれています。本来の日本の良さをもう一度、見直すためには、時間も必要でしょう。その間、国民の生活を支えるための財源が必要なら、特別会計の積立金も利用したらいいのではないでしょうか?

 先日、菊池英博さんに講演に来ていただきたいな、と書きましたが、森田実さんのHPに菊池さんの講演録を見つけました。その中に、「政府保有の金融資産の内訳」という項目があり、
「社会保障基金」は、2005年現在で242兆円でしたが、今、約260兆円あります。毎年、20~30兆円ずつ増えています。「社会保障基金」の中味は「年金」「国民健康保険」の二つです。
とあります。「年金特会の積立金の取り崩しは、「禁じ手」として政府内にも抵抗が強く、」というニュース記事もありますが、どうなんでしょうか?
 以前、紺屋典子さんの講演を聞きに行った時にも聞いたし、紺屋さんの本でも読んだような気がするのですが、日本の年金制度は、賦課方式だというのに、こんなに巨額の積立金は必要ないのではないか、というご意見でした。(日本の年金は、修正積み立て方式だとも言われているようですが・・・。)

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!

[PR]
# by dket | 2009-12-19 16:54



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧