<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
一応保存
 先日、小沢さんの記者会見で、記者クラブ制度について質問された上杉 隆さんの東京脱力SPORTS & RESORTS(試作版) ~ゴルフとスパと、時々、永田町を覗いたら、びっくりしました。一応、保存しておきます。
  
  (以下、引用はじまり。)

【謝罪要求】 自称「保守政治家」を嗤う 万国の「自称ジャーナリスト」(JJ)よ、分裂せよ! 【反撃開始】
すべての「自称ジャーナリスト」に告ぐ。
今すぐ、談合的団結を止めよ。
これまでの常識を打ち破り、手前勝手に各々戦おう。

世界中のジャーナリストは、すべて「自称」である。
あらゆる権力から独立し、独歩を恐れない。
「政府公認」のジャーナリストなど、独裁国家と日本にしか存在しえない。

日本では、元首相に認定される「記者」がいる。
彼を「自称ジャーナリスト」と呼ぶべきではない。
元首相という権力者に認定された立派な「記者クラブ記者」と称されるべきだ。

私は、自称「国を憂う」その記者に非難されている。
だが、その「憂国記者」は、自分自身の「健康」と、葬り去られた「ボツ原稿」ばかりを憂いているにすぎない。
ひねもす、記者クラブのパソコンの前に座り、自身のブログのコメント欄に書き込みを続けている。

彼のような「有閑階級」は、常にパトロンを欲している。

私は、自称「保守政治家」から批判されている。
ときに「某氏」とも呼ばれるそのパトロンは、かつて「保守の星」であった。
だが、実際は、自分自身と母親の「保守」しか考えていない自称「保守政治家」に過ぎなかった。

私は、自称「保守政治家」から中傷されている。
2001年からの8年間で30以上もの質問をぶつけたにもかかわらず、一切答えずに逃げ回った挙句、その「政治家」から、「逃げている」と中傷されている。

私は、自称「保守政治家」から誹謗されている。
「保守」を自称しながら、国家への責任ある地位を勝手に投げ捨て、恬として恥じず、いまだ議員バッジに恋々としている「政治家」から、「捏造ジャーナリスト」と誹謗されている。

私は、自称「保守政治家」を信じない。
最期まで聳然として散った靖国の英霊たちに、「曖昧な態度」を取り続けた元首相を信じない。
国を思い、母を想い、涙を隠して命を落とした若者たちに、曖昧な態度で応えた元首相を決して信じない。

笑止。

私は、曖昧な態度を取るつもりはない。
過ちがあったらそれを認め、正しいと信じたら闘い続ける。
実際これまで、ずっとそうやって来た。

責任ある回答は、必ず、届ける。

その前に、自称「保守政治家」に「美しい国」の詩を贈ろう。

たらちねの 母と歩まん 選挙区を 我こそ世襲 へたれたれども

反撃開始は、4月。



【追記】

 3月は、小沢秘書逮捕による民主党取材(3日~)、確定申告(~15日)、転居(~22日)、著書の執筆(~31日)、ブログのリニューアル(~31日)で多忙を極めた。
  よって、安倍晋三氏のHPの質問についての当ブログでの対応は、これから誠実に行なう予定だ。
 
 また、安倍氏からの数回にわたる通知書については、「週刊文春」編集部を通じて、正式に回答を出している。ゆえに、「逃げている」という安倍氏の筆者に対する批判は当たらない。
 同じく、現場取材すら行なっていないにもかかわらず、「参戦」してきた産経新聞の阿比留氏についても同様だ。

 安倍、阿比留両氏には、強く抗議するとともに、該当部分の記述の撤回と謝罪を求める。

自称「ジャーナリスト」上杉隆

  (以下、引用おわり。)

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。上位維持にご協力を!

[PR]
by dket | 2009-03-30 20:45
気になったことのメモ-自民党への融資残高はどうなりましたか?
 昨日、テレビ報道は、地方の「世論」とはかけ離れていると感じます。に、
フォーラム神保町に飛び入りされた郷原 信郎さんに、「テレビに出続けてください。」とお声をおかけしましたが、テレビから追い出されることのないように、気をつけていただきたいです。
と書きましたが、朝のテレビには、堀田 力さんが・・・。う~ん、わかりやすい。

 ムカムカしますが、時間がないので、以下、気になっていたことのメモです。

 政権交代して、企業献金が入ってこなくなった時、自民党がいちばん困るのは、りそな銀行等への返済だという話がある、と、まちづくりの仲間が言ったのは、今回の小沢さんの秘書逮捕事件よりも少し前だけれど、ずっと気になっていたので、 2006年12月に書いた 「りそな銀行、自民党への融資残高3年で10倍」のニュースに衝撃をうけました。から、自民党の融資残高の画像をもう一度、掲載しておきます。
e0067429_826494.jpg
 
朝日新聞に掲載された画像ですが、この融資残高の数字は、最近はどこまで減ったのでしょうか?

 当時の朝日新聞の記事は、もうネット上に残っていないみたいなので、阿修羅にあった引用記事を掲載しておきます。
りそな銀行、自民党への融資残高3年で10倍
2006年12月18日(月)06:07

 自民党に対する大手銀行の融資残高が05年末で約80億円に達し、3年間で倍増したことが17日、わかった。03年春に実質国有化されたりそな銀行が同期間に融資残高を10倍に急増させたためだが、三菱東京UFJなど3メガバンクは融資を圧縮しており、自民党から3メガへの返済をりそなが肩代わりした形だ。3メガは政治献金の再開を検討中で、再開すれば政権与党に対する融資の返済原資を今度は大手行自らが穴埋めする構図になる。利用者などからの疑問の声も高まりそうだ。

 自民党本部の毎年の政治資金収支報告書によると、05年末の銀行の融資残高はりそなが約54億円と突出。メガバンクは旧東京三菱(現三菱東京UFJ)銀行が3億7500万円、旧UFJ(同)、みずほ、三井住友各銀行が7億5000万円となっている。

 メガバンクの融資残高は02年末で約33億円だったが、05年末には約7億円減の約26億円になった。一方、03年春の経営危機で約2兆円の公的資金が投入されたりそなは、02年末(当時は大和銀行)の残高約5億円から、05年末には約54億円まで急増させている。

 衆参両院に支店を持つりそなは旧大和銀行時代から永田町と関係が深く、国政選挙で資金を工面してきたとされる。

 大手行は93年の総選挙の際、当時の都銀8行が自民向けに総額100億円の協調融資を実施。将来の企業献金を返済にあてることが融資条件で、経団連(現日本経団連)の平岩外四会長(当時)が「経団連が返済に協力する」との念書を銀行側に示したとされる。

 返済が必ずしも確実とは言えない政党融資に対し大手行は当時から慎重で、その後の政党交付金制度のスタートや不良債権問題、公的資金注入などで慎重姿勢をより強めた。りそなだけが融資を増やした理由について、りそなホールディングス広報部は「融資の個別案件には答えられない」としている。

 公的資金完済を機に、メガバンクは98年以降自粛してきた自民党への政治献金を再開する見通し。再開すればりそなや自行の融資に対する返済資金の一部を、銀行自らが負担する奇妙な構図になる。その間、大手行は経営危機寸前まで追い込まれた不良債権を公的資金で処理し、過去最高の利益水準まで回復した。

 旧第一勧業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)出身で、作家の江上剛氏は「献金の形で返済の一部を事実上免除するのは、タコが自分の足を食うようなもの。大手行は公的資金や超低金利で巨額の不良債権を処理できた。利益還元で優先すべきは政党ではなく、国民や利用者ではないか」と批判している。

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/K2006121701960.html


山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!


(追記です。)まちづくり仲間が、国民政治協会(平成19年度収支報告書)のアドレス

http://www.kokuseikyo.or.jp/syuushi/h19.html

を教えてくれたので、政治・経済 メモ代わりにさんところにあった、亀井さんの記事も引用しておきます。
「自民の資金団体はダミー」=亀井氏

 国民新党の亀井静香代表代行は25日の記者会見で、東京地検が小沢一郎民主党代表の公設秘書を政治資金規正法違反罪で起訴したことに関連し「自民党は(政治資金団体の)国民政治協会を通じて、小沢氏や民主党の何十倍もゼネコンから献金をずっと受けている。この協会は全くダミーだ。検察はお構いなしなのか」と述べた。
 同地検が起訴の理由を「特定の建設業者から長年、多額の金銭提供を受けた事実を国民の目から覆い隠した」と説明していることに疑問を呈した発言だ。亀井氏はまた、「(捜査が)これだけで終わるのであれば、検事総長以下、なぜ今やったのかを国民に説明しないと(いけない)」と語り、同地検に説明責任を果たすよう求めた。 (了)
(2009/03/25-17:06)

[PR]
by dket | 2009-03-26 06:43
テレビ報道は、地方の「世論」とはかけ離れていると感じます。
 とりあえずさんが、小沢続投を支持すると書いておられ、ただそれだけで、毎日のイライラが癒される気がします。(笑) 先日
 小沢さんの事件がおきてから、報道のあり方に不信感がつのり、まるで郵政民営化の是非を問う9.11選挙前のようだと思い返しながらも、やはり腹立たしい気分が続いています。
と書きました。そういえば、当時も、テレビ局のやらせ暴露が相次ぎました。小沢さんに関する報道と関連が?と少し心配しましたが、私の考えすぎでしょう。
 救いは、9.11選挙の時とは違って、少しだけですが、まだ権力批判をされる評論家の声が、テレビの中に残っていることです。また、民主党が強くなった、という点も、大きな違いではないでしょうか?小沢党首の続投に異論が出ても、決まった以上は支えていく、と話される反小沢と言われる議員も含めて、民主党は政権交代へむけて結束を強めているはずです。多くの支持者の方々からの励ましに、こんなことで、国民の希望をつみ取るようなことがあってはならない、という思いを強くしているからでしょう。
 
 もちろん、私も、小沢続投を支持します。しつこく書きますが、こんな「不公正」「不条理」から党首も守れない民主党では国民を守ることはできないと思います。

 先日のフォーラム神保町でお会いした郷原 信郎さんが、

  「ガダルカナル」化する特捜捜査

  小沢代表秘書刑事処分、注目すべき検察の説明

  検察は説明責任を果たしたか

と発信を続けておられますが、冷静な郷原さんのご意見をお聞きしていると、検察の中にも、きっと、今の国の状況を心配されている方々がおられると信じることができます。郷原さんが、専門家として発信を続けておられる影響は大きいと思います。昨日の小沢さんの発言の中にも、郷原さんと同じ解釈だと思えるものがありました。テレビに出られる評論家の方々も参考にされているように感じます。
 フォーラム神保町に飛び入りされた郷原さんに、「テレビに出続けてください。」とお声をおかけしましたが、テレビから追い出されることのないように、気をつけていただきたいです。

 夜中に、朝日ニュースターのニュースの深層をみました。(半分、寝ながら)
3/24(火)「闇の不正と闘う」地検特捜部とは
ゲスト:郷原信郎(元東京地検検事)
司会:上杉隆(ジャーナリスト)

そういえば、小沢さんの記者会見で、上杉さんが記者クラブ制度を続けるか、と質問されていましたね。小沢さんは、もっとオープンであるべきだというような答弁をされたと思います。政権交代が実現されれば、報道も変わってくるのではないかと、期待されます。

 今日のニュースの深層もみなければいけませんね。先日、国会で参考人として話された町田さんがゲストです。
3/25(水)宮崎哲弥(評論家)
「かんぽ、メルパルク…郵政不動産ビジネスの背景は」
≪ゲスト≫町田徹(ジャーナリスト)


山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!

[PR]
by dket | 2009-03-25 07:44
小沢党首側も民主党も、反論が足りないのではないか。
 まちづくりの仲間の知り合いが自殺されたそうです。内装業者の方らしいけれど、どうして、こんな自殺が相次ぐのでしょうか。ここまで国民を苦しめる国にした政治の責任は、野党も含めて重いです。

 小沢代表の秘書が逮捕され、多くの方々が、当然のように、起訴されるだろうと言われていますが、それ自体もおかしいと、なぜ、民主党関係者は言わないのでしょうか?検察にも意地があるだろうから起訴はするだろうと、なぜ、そんなにものわかりのいい人なのでしょうか?おかしいじゃないか、と、もっと、もっと、もっと、言わなければいけないのではないのかと思います。

 民主党を支持してくださる“身内”が、情報戦にやられています。民主党支持者の方には、かつて、自民党の“政治とお金”の問題を追及してきた方も多くおられ、小沢さんがその象徴のような存在だと思っておられる方も多いのでしょう。そういう方の気持ちに火をつけてしまう情報戦が、本当に巧みに進められました。そういう方々は、民主党は支持してくださるのです。でも、党首は変わったほうがいいと・・・。

 とっても残念です。くやしいです。それでは、相手の思う壺なのに・・・。

 民主党は、どこかの誰か(追記:もちろん皮肉をこめたリンクです。念のため、笑。)を見習って、もっと、もっと、もっと、テレビで流される怪しげな情報のひとつひとつに反論しなければなりません。その反論をテレビが取り上げてくれなくても、ネットで発信し、チラシで発信し、街頭で発信し、を続ければ、わかってくださる方は、確実に増えます。今、テレビで流されている情報に疑問を持たれる方は、確実に増えます。そうだったの?と言ってくださる方は、確実に増えます。
 それなのに、それができていないのではないか、とあせる毎日なのですが、そういう私自身も、時間に追われる毎日。誰か、そんな情報をまとめてほしい!今もこうして書いている余裕はないので、走り書きのままですが、UPしておきます。

 先日からおきていることをメモしておかなくては・・、とあせり、「フォーラム神保町、「かんぽの宿」等問題、町田徹さん、下関市長選」というタイトルで書きかけていましたが、また時間が取れた時にでも。

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!

[PR]
by dket | 2009-03-24 07:45
沖縄返還時密約「どれだけ(政府が)うそを言ってきたか分かる」と岡田副代表
 小沢さんの秘書逮捕の事件以来、民主党を応援してくださっている方々にはご心配をおかけしているでしょう。また、民主党議員や立候補予定者等々、民主党関係者も精神的にはかなりまいっているのではないかと推測します。
 私も、「不公正」「不条理」から党首も守れない民主党では国民を守ることはできない。と書いて、その考えに変わりはありませんが、毎日の活動の中で、知らないうちに、かなり疲れているなぁ、と感じるようになりました。いつもお元気な様子の国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行さんも
 ただ、こうして取材に対応して帰宅すると、ボディーブローのように疲れます。風邪気味でマスクをして自宅を出たのですが、いつからか、マスクをしていませんでした。それがいつからか分からないほどの疲労です。これが国策捜査の怖さなんだなあとつくづく思います。まだ宵の口ですが、横になります、お休みなさい。
と書かれていました。ボディーブローのように、という表現は当たっていると思います。
 
 でも、そんな時に、希望の持てるニュースを読むと、疲れがいっぺんに吹っ飛びます。TBいただいたTIMEの表紙に小沢一郎さん「日本はとても閉鎖的な社会なので、献金はすべて受け付けて完全公開」にも勇気づけられましたが、岡田さんの以下のニュースにも、大変勇気づけられました。
民主・岡田副代表:沖縄返還時密約 政権取れば公開
 民主党の岡田克也副代表は14日、次期衆院選で政権交代した場合の優先課題に関し「やりたいのは情報公開。政権が代わったら隠しているのを全部出す」と述べ、沖縄返還を巡る日米間の密約など過去の外交交渉に関する情報公開に取り組む考えを明らかにした。大阪市内での講演後、出席者との質疑応答の中で述べた。

 岡田氏は「米国は情報公開しているが、日本は『(密約は)ありません』と言っている」と述べ、米側の情報公開制度により、日本政府が認めていない密約の存在が判明した点を指摘。「(政権交代後に)どれだけ(政府が)うそを言ってきたか分かる」と強調した。1972年の沖縄返還を巡っては、返還後の核兵器持ち込みなど日米両政府間の密約の存在が明らかになっている。【野口武則】


 沖縄密約については、

西山太吉さん講演会 「沖縄密約」以後の日米同盟の変質

「沖縄密約」以後の日米同盟の変質 西山太吉さん講演会

アメリカ大統領選、愛宕山開発事業、沖縄返還密約文書情報公開請求

等々で書いてきましたが、西山事件については、他の方に話しても、ご存知の方が少ないと感じます。若い人は、ほとんどご存知ありません。当時の政府の対応については、沖縄返還を優先したかったという意味で単純な評価はできないと思いますが、アメリカですでに明らかになっている以上、政府も認めるべきだと思います。その上で、“日米同盟の変質”について、あらためて議論されるべきだと思います。


山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!

[PR]
by dket | 2009-03-15 07:39
「必ず真実が明らかになる日が来る」と鳩山幹事長
 小沢さんの事件がおきてから、報道のあり方に不信感がつのり、まるで郵政民営化の是非を問う9.11選挙前のようだと思い返しながらも、やはり腹立たしい気分が続いています。

 それでも、民主党山口では、あまりにも苦情の電話がないことにびっくりしているという状況があります。下関でも、民主党の街宣車で移動すると、がんばってー、応援してるからねー、といろんな方が声をかけてくださることが多くなり、励ましの電話やメールも増えました。

 ゆっくり書いている時間がないのですが、民主党のHPに鳩山幹事長の定例記者会見の内容が掲載されていたので、それを転載させていただきます。
 そのうえで幹事長は個人的な見解として、「もし検察の説明に合理性があるのであれば、それは、法令によらない検察の裁量権のなかでこの違いが出てきているといわざるを得ない」と指摘。「しかし、法治国家においては、このような権力による裁量や恣意によって、あるものは逮捕され、あるものは見逃されるということがあっていいとは思わない」と厳しい口調で批判。もしそのようなことがなされた場合、国民の皆さんも国に対して不安を感じるにちがいないとした。

 同時に、検察の説明責任が果たされていないこと、検察側から何も声が聞こえてこないことへの不信感が募り、その点を問題視する報道が、出始めていることにも言及。このことに関して幹事長自身は、3月4日に出した「幹事長談話」(下記関連記事参照)で指摘したことを改めて説明し、「あたかも私が検察批判をしたかのようなに(報道で)書かれたが、検察の説明責任を果たせという一事をもって談話を発表した」と改めて語った。

 「私たち民主党は政権交代をかけた大事な戦いを行っている。総選挙を目前に控えたなかで、こういった事件が起き、ご心配をおかけしていることは計り知れない影響を与えているのも間違いのない事実」とも幹事長は述べ、「法治国家である以上、法に基づいて法令違反した人が処罰されるのは当たり前の話だが、それはあくまでも法の番人として検察が公平公正な立場でものを言って行動してもらわないと困る」と強調。検察が説明責任を果たし、公平公正にものごとを処してほしいと求めた。

 また、「国民のみなさんや支持者のみなさん、ぜひもうしばらく冷静にこの事件に対して見守っていただきたい。必ず真実が明らかになる日が来る」とも語った。


 28日には、山口県に鳩山幹事長が来られる予定です。4区では、お昼にシーモール前で街宣予定。その日には、どのような状況になっているでしょうか?

 郵政民営化見直しについての情報も気になります。喜八さんの政治・経済 メモ代わりにから、
 衆院委、竹中氏へ出席要請

 郵政4分社化 当面維持 自民了承 改革見直し騒動に幕

 郵政民営化委「株上場で改革加速」 揺り戻しをけん制

 国民の怒りの声が、国民の疑問の声が、国民の抗議の声が、国民の絶望のうめきが、草の根から澎湃と沸き起こり、燎原の火の如く広がると信じて、がんばりましょう!


山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!


(追記メモ)
■郵政民営化をめぐり、なぜ17回の日米協議が必要だったのか
 
[PR]
by dket | 2009-03-14 08:38
「不公正」「不条理」から党首も守れない民主党では国民を守ることはできない。
 おはようございます。小沢党首の秘書が逮捕されたことについては、
小沢党首の危機-民主党側からの情報をしっかりと出してほしい。
小泉内閣時代の怒りがぶりかえしてきたのでメモとして・・。
小沢さんを辞任させること、この1点が目的と思えますが・・・。
『沖縄から・・、岩国から・・、基地の消える日』への夢をつぶさないで
と書きました。
 小沢党首はゼッタイにやめないでほしいし、民主党内も動揺しないでほしい。一部の民主党議員から、状況が変われば、党首は自ら判断されるでしょう、というような発言がありましたが、私は、今出てきているような内容で、小沢さんの秘書が起訴されようとも、いえ、仮に小沢さんが逮捕されようとも、民主党は、動揺することなく、この「不公正」「不条理」に対して、おかしいではないか、と声をあげ続けるべきだと考えています。

 小泉竹中路線が多数派だった頃は、国民を痛めつける経済政策だけでなく、こういった筋道の通らないことが、マスコミの手を借りて、大手をふってまかり通っていました。そういうものに、いわゆる“小泉的なもの”に、私たちは怒り続けてきたのだと、今、はっきりと認識します。このまま、屈するようなことがあれば、この国は、どうなってしまうのか、強いものには逆らっても無駄なのだ、長いものには巻かれろ、という、あきらめの奴隷の国に逆戻りです。
 
 耐震偽装を告発した藤田東吾氏が別件逮捕と思えるような形で、口封じされたことや、「りそな銀行、自民党への融資残高3年で10倍」のニュースに衝撃をうけました。で取り上げましたが、このりそな問題を追求し続けておられた植草さん逮捕や、さまざまな事件がありました。
 空からの中継という異常な大騒ぎとなったホリエモン逮捕の時にも、ライブドアの上場廃止-万引きで死刑宣告?という意見もあったのに、ネット上でさえ耳を傾けてくれる方は少なく、“巨悪”というレッテル貼りは成功しました。連日の異様な報道で、逮捕の背景には大きな闇が隠されているのだろうと多くの方々が思っていましたが、結局、ホリエモンは保釈され、現在はどんな罪状で裁判中ですか?よくわかりません。(先日は、立花隆さんらに賠償命令 堀江被告の名誉棄損訴訟というニュースも報じられていました。)
 ライブドアよりもひどいと言われた日興コーデイアル証券は、捜査されることなく、結局、日興コーディアル証券 国内初の三角合併という結末を迎えました。この不条理を多くの専門家の方々は、おかしい、と思ったはずですが、一般国民には、ほとんど知らされることはありませんでした。あまり大きく報道されなかったからです。当時
 日興コーデイアルが犯した利益水増しの虚偽報告は悪質で意図的な経済犯罪である。しかも組織的な犯罪である事を会社の内部調査も認めた。その時点で誰もが上場廃止は不可避と考えた。日経新聞でさえも一面でそう報じた。西武鉄道もカネボウもライブドアも、粉飾記載で上場廃止にされた。しかし日興コーデイアルだけは、東京証券取引所の「裁量」で上場維持が決定された。十分な調査をすることなく「不正経理が組織的、意図的に行われたとまではいえない」と東証が裁量で判断した。検察が動く気配もない。なんという不透明さであることか。
という天木さんの文章を引用させてもらっていますが、“裁量”の前にあまりにも無力な私たち国民。
 やはり、ホントにおかし~い! と叫びたくなります。

 佐藤優さんの『国家の罠』という本で有名になった国策捜査という言葉ですが、国策捜査のゆくえで書いたような“事件のその後”については大きく報じられることはありません。すでに、捜査の目的は果たされてるからです。とむ丸さんは、情報格差という取り上げ方をされていましたが、テレビの影響力が大きくなった今、こういう「不公正」や「不条理」から国民を守ることができなければ、民主党には存在価値がありません。

 これまで書いてきたものをいろいろ検索していたら、平野貞夫さんの第3回「党名を『民守党』として出直せ(2006.03.07)という文章をとりあげているものがありました。長いけれど、一部引用させていただきます。私のまわりの方々の不安の声は、小沢党首の事件そのものより、それに対する他の民主党議員の動揺に対する不安の声の方が多いからです。
 何故、こういうことになったのか。第一の理由は、民主党の若手の70%ぐらいが自民党という化物政治集団の不条理さと恐ろしさを知らないからである。小泉首相の「一緒にやろう」という言葉に、心の中で同調していることにある。可能性としては小泉自民党と裏側で話し合いが行われているかもしれない。小泉改革を肯定して、対米追随の市場万能主義の競争をやろうという発想が、前原代表の言動に見え隠れしている。
 第二は、前原代表を支える若手グループは、政権交代の本来の意味を理解していないことである。自民党が続けている政治がまともな議会民主政治だという前提に立っているのだ。政策を同じくして小泉流改革を速くする競争をするために政権交代を考えているのだ。小泉自民党と同じ政策を行うため政権交代して何の意味があるのだ。場合によっては小泉自民党と一緒になっても良い、という考えだ。要するに政治的ポストと利権につくことを第一目標にしているのである。政府側にいる同級生たちを見返すため、政治的偏差値競争をやっているのだ。国民のことは二の次だ。
 第三は、これら若手グループを握っている一見知識人風ベテラン議員の存在である。党内での位置を保持して、自民党と対峙するふりをして裏で繋がっている連中だ。この人たちも自民党政治を崩す気はない。共通しているのは、私的思惑をいかにも公的理屈をつけて正当化する弁舌に優れていることである。国民のために政治をやろうという気はない。
  『民主』の本来の意味は、広辞苑によれば「古く、民の主すなわち君主の意」とある。前原代表の独善的発想の原因は党名にあったのではないか。党名を『民守党』として出直すべきだ。自分の利益を優先させ、民を守ろうとしない国会議員の追放運動を始めようではないか。


山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!


(追記メモ)

検察官は抗議の辞職を!~民主主義を破壊する検察庁を許してよいのか?

フォーラム神保町
SPECIAL!! 3月15日(日)19:30~21:30
「青年将校化する東京地検特捜部~小沢第一秘書逮捕にみる検察の暴走~」
■講師  魚住昭
佐藤優
鈴木宗男(衆議院議員/新党大地代表)
田原総一朗
永野義一(弁護士/元東京地検特捜部副部長・元最高検検事)
平野貞夫 (元参議院議員)
宮崎学
■コーディネーター 二木啓孝
■主催 フォーラム神保町
■会場 毎日ホール 毎日新聞東京本社 地下1階(東京都千代田区一ツ橋1-1-1、地下鉄東西線・竹橋駅)


戦争機械、大きく軋み動く。vol10

米諜報員だった岸首相の安保無効訴訟始まる

民主党議員が初めて?法人税増税を迫る
[PR]
by dket | 2009-03-10 05:46
『沖縄から・・、岩国から・・、基地の消える日』への夢をつぶさないで
 小沢党首は、ゼッタイにやめないでほしい。民主党関係者は、世論調査の結果(小沢代表の説明に納得できない人多数という毎日新聞の世論調査に異議あり を参考にしてください。)に踊らされることなく、冷静になって、仮に今、報道されているリーク情報等に間違いがあれば抗議するなど、適切な対応をしてほしいと思います。

 神州の泉さんが、「第七艦隊」発言こそ、小沢氏の真骨頂だ!(それが国策捜査に狙われた理由)と書かれていますが、強制捜査のニュースが入った時、私もすぐに、このことが頭をよぎりました。すぐにそんなことはない、と打ち消しましたが、どうしても頭から離れません。過去に、日本の裁判の内容について、アメリカの関与があったという事実が公開されました。たしか、情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)さんのところに記事があったと記憶していますので、あとで探してリンクしたいと思います。(追記:探せそうにないです。誰か、ご存知ではないですか?)

 小沢さんの「第七艦隊」発言については、すぐに与党から大批判がおき、びっくりしました。日本の政治家は誰でも、当然、目指しているはずのことを話されたと思ったからです。もちろん、私は軍事力増強には賛成しませんので、誤解されるだろうと思って書きませんでしたが、さすが、平岡議員は、丁寧に説明されていました。一部引用させていただきます。
   (引用はじまり)
 結論的に言えば、報道されている小沢代表の発言については、発言自体の示す方向性(在日米軍の縮小)は、私も同感です。問題は、東アジア地域における安全保障のあり方の将来的目標をどこに置くのかということと、その目標達成までの時間軸をどう考えるかであると思います。
  (中  略)
 小沢代表が発言したことを今すぐに実行しようとしたら、在日米軍がいなくなった穴を自衛隊が埋めることになると考えてしまいそうですが、それは短期間でできることではありません。東アジア諸国間の相互信頼を高めつつ、東アジア地域における地域的集団安全保障を築くことで、在日米軍が削減されても自衛隊の増強に繋がらないようにすることも十分可能だと思います。
  (引用おわり) 


 私は、岩国への艦載機移転問題から、米軍再編に興味を持ちましたが、参議院選挙の時、岩国の方からたくさん、基地の町に暮らす悲しみ(特に女性)の声を聞きました。でも、この国から米軍基地がなくなるなんて、私が生きている間は無理なのではないか、仮に岩国への艦載機移転を阻止できても、この国のどこかの町が、また犠牲になるだけのことではないか、という無力感とともに、それでも「おかしい」と発言してきました。
 そんな私にとっては、小沢さんの発言は、『沖縄から・・、岩国から・・、基地の消える日』を想像させてくれ、政権交代とはこういうことか、と涙が出そうなくらい感慨深いものがあったのです。沖縄をはじめとする基地のある町の方々は、きっと私と同じように感じられた方も多いのではないでしょうか?

 思えば、大連立構想による小沢さんの危機の時も、重大な安保政策の転換が隠されていました。幻の安保政策大転換を惜しむ(マル激トーク・オン・ディマンド)を読み返してみると、宮台しんじさんの言葉が紹介されています。
 「あの会見の肝は、大連立などではなく、安全保障政策の大転換を自民の福田が認めたことだ」と宮台真司は指摘する。福田が提示した大転換とは、「自衛隊の海外派遣は、国連安保理決議か、国連総会の議決によって設立、あるいは認められた国連の活動に参加することに限る。したがって、特定の国の軍事作戦については我が国は支援しない」というもので、これが実現すれば、まさに、戦後レジームからの真の脱却だったと、宮台は悔しがる。


 小泉内閣の後、戦後レジームからの脱却を叫ばれた方は、選挙区のポスターに「誇り・・・・(あとでもう一度見てきます。)」と書かれています。私も、議会解散運動の際に「自信と誇りを取り戻そう」と訴えました。でも、本当の誇りとは、美しい国等と口先だけで唱えるものではなく、実際に行動をおこした後に(気づかないうちに)再生されるものだと思います。このことだけは、自信をもって言えます。

 不十分な表現で伝えたいことがうまく書けなかったようにも思いますが、時間がないので、UPします。

「大連立の構想」から「安全保障政策の転換」へ(スピンしたい。)
民主党は、一致結束して、小沢党首を守るべき。

立花隆氏が静かに「誤り」を認めた日(ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報)


山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!



(追記)素朴な疑問やメモ
○鳥越俊太郎さんは、なぜ、検察の闇を告発された三井環さんがテレビ取材の直前に逮捕された例をあげて、恣意的な力が働くこともあるというお話を話されないのでしょうか?

○二階さんへの捜査が噂されていますが、ここまで情報が出ているのに、なぜ強制捜査をされないのでしょうか?

○小沢さんの秘書さんが強制捜査された根拠は何だったのか(強制捜査のあとに出てきたもの以外の証拠)を、ここまで検察への不振が高まっている以上、明らかにするべできは?

○国策捜査という言い方は、小沢さんは使われていませんよね。話されたのは、鳩山さんですよね。

○日本のゆくえ企業献金についてより
2007年の政党交付金は以下の通り。

自民党 166億円
民主党 111億円
公明党  28億円
共産党    ゼロ
社民党  10億円
国民新党  3億円
新党日本  2億円


 他方、2007年の日本経団連会員企業からの政治献金額は以下の通り。

総額    29億9000万円
うち自民党 29億1000万円
その他政党    8000万円

[PR]
by dket | 2009-03-08 08:41
小沢さんを辞任させること、この1点が目的と思えますが・・・。
(いきなり追記です。笑)国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行さんの◎大逆転、自民党岩手4区支部長の高橋嘉信元衆院議員が西松建設と献金額・ルール作り 読売を、ぜひお読みください。(追記おわり)

 朝のみのもんたさんの番組では、小沢さんや他の自民党議員への献金額の表を出していましたが、比較する年度が違い、小沢さんは3年分の合計なのに、森元総理は1年分だけで200万円となっていました。ネット上には献金リストがありますが、昨日、取材を受けた新聞社の方は、あまりネットをのぞかないと言われていて、自民党議員への献金リストのことをご存知ありませんでした。そんな中、テレビで流された不自然な数字が信じられていくのでしょうか?

 「国策捜査」という言葉がふさわしいかどうかわかりませんが、今回の小沢さんの秘書に対する捜査は、小沢さんを党首の座から引きずりおろす、この1点のみが目的であることが、さまざまな報道の出方から読み取れます。そんなに小沢さんが恐いのか、とあらためてびっくりしてしまいます。
 民主党は、もっと民主党側からの情報発信をしてほしいし、テレビで流される間違った情報には、厳重に抗議すべきではないかと思います。
 私たちは、残念ながら、小泉内閣の時代に、何かしら別の目的をもって逮捕されただろうと思われる捜査の際、事件が報じられた最初の1週間あたりで、マスコミが徹底的にイメージダウンとなる情報を出したことで目的を果たし、実際には起訴されない、または後日、裁判で名誉回復されたりしているケースをたくさん経験しました。その一例としては、鈴木宗男さんが、以下のように書かれています。
   (以下、引用はじまり)
2009年3月5日(木) 鈴 木 宗 男

 西松建設絡みでの小沢代表の秘書逮捕の件が連日報道を賑わしている。
 私の経験からしても、今出ている話は全て西松側の話であると考える。西松の前社長はじめ取り調べをしているのは検察である。情報を知り得る立場にあるのは誰か、一目瞭然(いちもくりょうぜん)である。
 裏付けの取れないことをいいことに、一方的にリークし、話を作らせるのは、公平、公正ではない。私の時も「ムネオハウス」の偽計業務妨害で逮捕される、三井物産の北方支援、ディーゼル発電所建設の件で捕まる、果てはアフリカODAの利権でと、色々言われた。全て権力側のリークである。
 私は、これらの件で現在事件になっていなければ、裁判もしていない。メディアは反権力とよく言うが、情報がなければ仕事が出来ないのである。知らず知らずのうちに権力側の手のひらに乗ってしまうことがある。
 この点、是非とも真実のみをしっかりと国民に知らせて戴きたいと思う。私自身、国策捜査に遭った者として、心からお願いしたい。意図的、恣意的にリークされ、世論操作された者の、経験者の話として受け止めて戴きたい。
 河村官房長官が4日の記者会見で、西松建設のOBが代表を務める政治団体からパーティー券の購入、献金を受けていた二階派、山口俊一首相補佐官について「どちらも問題ないということだった」と述べ、問題視しない考えを示したと出ているが(各紙の報道より)、捜査を受けている企業から、またその政治団体からお金をもらっているのに、何も問題ないというのもおかしな話ではないか。普通の感覚からすれば、捜査された所からお金が来て、その捜査が終了して結論が出る前に、官房長官が問題有り、なしというのは軽率である。
   (以上、引用おわり)


 検察側からリークされたのだろうと思える報道の内容の不自然さは、さとうしゅういちさんの余りにいい加減な東京地検のリーク等、ネット上ではどんどん指摘されているのですが、残念ながら、ネットをのぞかれるのは一部の方々。多くの国民の方はテレビでの報道を信じてしまわれます。
 郵政民営化の是非をと問う9.11選挙の前の状況を思い出しますが、今回は、少し違うと思われるのが、公正さについて指摘される専門家、評論家もおられる点です。
 例えば、昨日のテレビ朝日に出られていた検察OBの方(追記:ビデオニュースドットコムに理解に苦しむこの時期の小沢氏秘書の逮捕 元検事・郷原信郎氏インタビューがありました。)は、今回の捜査に関する報道の中での検察側からと思われる情報リークについては、①従来の政治資金関連の事件では額が小さい②裏献金ではなく、表に出ている献金である③政権交代が予想される中、総理候補の秘書への捜査であるという点で、検察側にも説明責任がある、と発言されたので、びっくりしました。他の番組に出られている検察OBは、今回の捜査は時効が迫っているから捜査したのでしょう、と国策捜査ではないという根拠を話されている方が多かったので・・。

 いずれにしても、小沢さんは、今、やめるべきではありません。民主党のためを思って、小沢さんは辞任すべきと発言される方も多いのですが(こういう方は、もともと小沢さんが嫌いな方が多い。笑)、民主党にとっては、小沢さんがやめても、同じことだと指摘されている日本のゆくえさんは、
  (以下、引用はじまり)
検察も、かんぽの宿疑獄事件の大罪にメスを入れずに、記載違反の微罪でメディアを全て覆い被してしまうのですから、困ったものです。

野党への政治献金が3%以下しかないのは、権力のない集団に便宜のはかりようがないからで、頭の悪い主婦に人気のみのもんたは小泉時代から現在にかけて、権力中枢の操り人形だ。

どうせ、小沢氏の代わりに誰か代表を立てても、選挙前は重箱の隅を突っつくような敵対政党への攻撃が始まるのですから、小沢氏は辞任しない方が良いでしょう。
  (以上、引用おわり)
と書かれています。私も同感です。今の報道に動揺して「小沢辞任へ」の声を大きくしてしまわないように、冷静にのりきらなくてはいけないと思います。
 また、戦略は必要なので、民主党執行部は、毎日記者会見し、小沢さん関連報道で間違っている点があれば指摘する必要があるのではないでしょうか?

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!


 エキサイトの新機能で、コメントが承認制にできることに気がつきました。これまでエキサイト以外の方の書き込みができない設定にしていましたが、どなたでも書き込みできるようにしました。承認制なので荒らされる心配もありません。何か情報等がありましたら、コメント欄にお願いします。
[PR]
by dket | 2009-03-06 07:19
小泉内閣時代の怒りがぶりかえしてきたのでメモとして・・。
 家に帰ってすぐにテレビをつけると、夜9時のNHKニュースが始まり、小沢さんの秘書が政治資金収支報告書に虚偽の記載をした疑いで逮捕、と言っていました。今日は(もう昨日か)、小沢さんの会見があり、私にとっては納得のいく説明だったけれど、一般の方にはわかりにくいんだろうな、と思っていました。
 実際に、会見のあと、三隅の方からお電話があり、「小沢さんはゼッタイに献金をもらっているね。」と言われるので、献金はもらっていいんですよ、と言うと、「法人から献金はもらっちゃーいけんじゃろうがね。」と言われるので、法人からの献金は、政党支部、ここでいえば民主党山口県第4区総支部で受領できるんですよ、と説明するのですが、「いや、法人からは献金はもらえまーがね。」とまげられません。それから一生懸命説明したのですが、その方は、もともと小沢さんが嫌いな方で、「まぁ、小沢さんは嫌いじゃけど、とくらさんは応援するから。」と言われて電話を切られました。
 でも、テレビの説明では、法人の献金が違法なものだと思えるのかな、と心配になりました。
 
 夕方、他の方と話していて、「小沢さんの秘書は、政治資金収支報告書に虚偽の記載をした疑いで強制捜査をされて、すぐに逮捕だけど、自民党の議員さんは、虚偽記載していても修正しておわり、というのが多いでしょう。または、へんなお金をもらっていても返しました。で終わりでしょう。例えば、福田総理のとき、福田総理の支援者が経営する会社から献金を受けていたけど、その会社が国から補助金を受けていたことを国会で指摘されて、総理もそれを認めたけど、特に大きく報道されることもなかったし、修正して終わったんでしょうね。」と話したら、そう言えばそうじゃね、そうそう、そういうことをもっと言ってくれ、と言われるので、河村官房長官も何か修正されましたよね。なんで強制捜査が入らなかったのでしょうか?と話して別れました。

 河村官房長官の政治資金収支報告書への虚偽記載疑惑は何だったかなぁ、と気になったので、少し検索したら以下のものが出てきたので、メモとして以下に2つあげておきます。
河村官房長官に架空の事務所費計上疑惑 (J-CAST)
河村建夫官房長官の三つの政治団体が2007年までの3年間に、元公設秘書が使用する東京都千代田区のマンションを主たる事務所として届け出て、事務所費など計約2200万円の経費を計上していたことが分かった。08年10月2日に新聞各紙が報道した。このマンションは無償で提供されたもので家賃は支払っていなかった。経費の半分は元公設秘書が、残りの半分は3団体が分割して負担していた。河村官房長官の事務所は、人件費は電話対応のアルバイトの女性に支払い、「ゆかりのある人が訪れるなどサロンのように使っており、事務所の実態はあった」と説明しているという。
[ 2008年10月2日16時46分 ]


河村長官「政治活動実体あった」 事務所問題 2008年10月03日
 河村建夫官房長官は3日の記者会見で、自身の3つの政治団体が元公設秘書の自宅マンションを事務所として届けていたとされる問題について「政治団体には電話応対の職員を置くなど、政治活動の実体はあった。地元の支援者の接待などに使った」と述べ、問題はないとの認識を示した。

 河村長官は、元公設秘書は神奈川県内に自宅があり、仕事が多忙なときに、このマンションに寝泊まりしたと説明した。

 マンションは、地元山口の選挙地盤を受け継いだ元衆院議員の親族から無償貸与された。総務省によると、無償貸与は政治団体への寄付に当たるが、3つの政治団体は政治資金収支報告書に記載しておらず、河村長官は「寄付という意識がなかった。必要なら(報告書を)訂正する」と述べた。(共同)



 “献金の請求書”が逮捕の根拠として出てきていますが、請求書って? 献金のお願い文書なのでしょうか?ただ、小沢さんの説明にもあったように、法人からの献金であれば、民主党岩手県第4区総支部で献金を受けることができるので、迂回献金する必要がないのに、どうして虚偽記載するんでしょうか?動機の面で、起訴するには不備ではないでしょうか?
 それとも、耐震偽装事件の時の藤田東吾さんのように別件逮捕ですか?と小泉内閣時代のいろんな事件を思い出してきたので、昔書いたものを読み返してみたら
イーホームズについては、資本金増資について虚偽の登記をした公正証書原本不実記載の容疑で逮捕になるとか・・。そんなことで逮捕されるの?別件逮捕じゃないの?って思って、昨日読んだヘリオトロープの小部屋さんの代用監獄へつながる話かな?といやな気分になりました。イーホームズで検索してみたら、藤田社長から、きっこの日記へメールが送られていたんですね。
と書いていました。力の弱い人はふみつぶされる酷い時代でした。

やはり、小泉政権は知ったものだけが得をする5年間だったのでは?

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!


(追記)何があっても明らかにしてもらいたい郵政民営化にかかわる問題ですが、ゆうちょ・かんぽの資金が、353兆円から287兆円に目減りしていると国会で言われていたので、メモした日のブログをさっきUPしました。こんなことになるなんて予想もしていなかったので、逢坂誠二さんの国会での質疑に涙が出そうになりました。と書いています。まだまだ甘い・・・(苦笑)。
[PR]
by dket | 2009-03-05 05:38



まだ間に合うかもしれない
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧