<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
衆院山口2区補選、「再議決」が争点となる?
 年度末までの納品で、みんながパニック状態なので、ブログを更新するのもためらわれますが、いよいよガソリン税の暫定税率の期限である4月1日がやってきます。
 昨年の参議院選挙で与野党逆転が実現し、多くの国民が「変わる」ことを期待していたのに、いつも寸前のところで腰砕けになることの多かった(?)民主党。もう期待できない!と、愛想づかしをしそうなところでしたが、今回はがんばってくれそうな気配。マスコミさんの中には、民主党の態度を批判する声もありますが、めげずに、しっかりと貫いてもらいたいと思います。これだけ経済が疲弊している今、特に自動車に頼って暮らす地方にとっては、経済効果大であると思います。そういう期待の声が日に日に大きくなっています。
 道路特定財源の無駄遣いがこれだけ明らかになってきて、毎日の暮らしに苦しんでいる方々、まだ就職が決まらなくて苦しんでいる方々、金策で走り回る中小零細企業、個人事業主の方々、くやしくてしょうがない思いでしょう。それなのに、のんきに「再議決」だなんて。信じられません。
 もう暫定税率が切れそうなのは確実なんだから、一刻も早く、その対策に動くのが政府の役目じゃないか、と怒鳴りたくなるのですが、やっと、<暫定税率>期限切れ「増税分」還付 政府・与党が検討(毎日新聞)という記事が出てきました。でも、よく読めば、再可決後(読売新聞)となっていて、再可決が前提?とまたまた怒りがこみ上げてきます。
 朝日新聞の記事には、民主党が、7項目の租税特別措置について道路特定財源などと切り離した法案を提出していることが書かれていますが、いわゆる「みなし否決」のことについては、ふれていません。ただただ、国民生活が大混乱に、と騒ぎ立てているマスコミの役割って何でしょう?
 政界4月パニック 斡旋の議長引責? 日銀総裁3度目不同意?(産経新聞)という記事には、■山口補選「再議決」争点とありました。3月15日に下松で開催された「平岡秀夫と女性の集い」に応援にかけつけてくださった小宮山洋子議員も、同様のお話をされていました。4月27日、山口県民の選択に、全国が注目することになります。

e0067429_20245598.jpg


山口から日本を変える『チェンジ日本』だ、平岡がんばれ!と思われたら、クリックをお願いします。↓

山口ブログに参加しています。

[PR]
by dket | 2008-03-27 18:31
岩国市庁舎建設補助金を満額交付のニュース、腹立たしい!
 腹立たしいことが多すぎる!
 循環型農業をされているお友達の畑で収穫させてもらったからと、ニンジンをたくさん届けてくださったYさんからお電話をいただき、まず、お礼を言いましたが、「それにしても岩国の補助金、おかしいでしょう。」と、ついつい、愚痴になってしまいました。
 岩国市庁舎建設の補助金が、ほぼ満額交付されるとのこと。おかしいじゃないですか。既に工事が進んでいるから、どちらにしても補助金は9億円しかもらえない、という話はどこにいったのでしょう。国がその気になれば、何でもできると、国民に力を見せつけたいのでしょうか。国にはむかう者は許さない、と脅したいのでしょうか。
 でも、その補助金、誰が出したお金でしょうか?アメリカがくれたお金でしょうか?違いますよね。私たちの税金でしょう。その税金を使って、政府の思い通りに地方を操るなんて!ホントに許せない!
 先日、井原前市長を応援していた周南市の女性が、市長選挙の結果がくやしかったのでしょう。「もう、岩国の人、知らん。」と言われていましたが、私は、岩国の方々を責められない、と思います。このままでは、市が破綻する。生活が苦しいのも市長ががんこだから、と不安をあおられた市民のみなさんに罪はないと思います。

 全国紙では、あまり伝えられていないかもしれないので、岩国市庁舎補助金交付を内示のニュースを引用しておきます。
 防衛省は21日、米空母艦載機の岩国移転反対を理由に、交付を凍結していた岩国市への庁舎建設費の補助金について、市に満額交付を内示した。さらに同日付の官報で、市を「再編関連特定周辺市町村」に指定。再編交付金の本年度分からの支給を決めた。

 市はこの日、庁舎建設費に補助金を増額して充てる2007年度一般会計補正予算案を発表。開会中の市議会定例会最終日の24日に上程、可決される見通し。補正予算案は、市庁舎建設の財源として25億3900万円の合併特例債と庁舎整備基金4億1500万円を減額。補助金を29億5400万円増額し、34億3400万円とする内容。

 防衛省によると、補助金は防衛施設周辺補償事業補助金交付要綱に基づき、防衛相が必要と認めて支出を決定。市庁舎は完成しているが、例外として交付した。再編交付金は、本年度分が4億1300万円、10年間の総額は134億円(市の試算)となる。補助金は当初、日米特別行動委員会(SACO)合意で沖縄の空中給油機を受け入れた見返りだった。だが、米軍再編に空中給油機に絡む負担軽減などが盛り込まれたため、国が艦載機移転の容認を交付条件とした。

 2月10日の出直し市長選で初当選した福田良彦市長が今月12日、艦載機移転に協力する姿勢を国に伝えたのを受け、国は手続きに入っていた。


 「沖縄でも岩国でも、基地は戦地につながっている。」と、地元テレビKRY制作『基地の町に生きて~米軍再編とイワクニの選択~』のナレーションが流れています。

 イラク攻撃から5年がたって、アメリカでも誤った戦争であったという見方が増えているのに、それを支持した日本政府は反省もありません。本当に本当に腹立たしい。
 4月27日の衆議院補欠選挙は、ゼッタイに平岡さんに勝ってもらいたい。今のように、国民を踏みにじる政治を容認する国民であってはなりません。

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。

[PR]
by dket | 2008-03-22 11:39
「素人」である世論が、「王様は裸だ」と声をあげれば・・・
 日銀総裁人事については、正直、“素人”の私には、よくわかりませんが、世界中の経済が大きく動いている今、とっても重要なポストであるということが、今回、参議院で野党が過半数を占めたことにより、国民の前に明らかになったと思います。

 総裁人事については、いろんな考え方があると思いますが、天木直人さんの13日のブログと18日の官僚組織に屈する政治家とメディアは、興味深い見方です。

 13日の日銀総裁人事の次は大使人事だには、
 財務省事務次官のエースであった武藤氏の日銀総裁就任は、財務省という官僚組織にとっては予定調和であった。これが狂う事は財務省組織の崩壊を意味する。財務省官僚は組織をあげて自民党に泣きつき、自民党はその官僚のお願いを聞いてやる。

  永久に続くと思われていたこの国の官僚支配が、防衛省や厚生労働省や国交省の一連の不祥事で、今音を立てて崩れようとしている。国民がそのおかしさに気づき始めたからだ。

  我々が目の当たりにしているのは、官僚組織となれあって政権を維持してきた自民党の政治家たちが、そのような世論と、生き残りに必死な官僚組織のどちらに軸足を置くかで、歴史的な板ばさみに立たされている姿である。
と書かれていました。
 
 18日の記事には、田原総一郎さんが小泉首相にインタビューした時の小泉首相の言葉が紹介されていて、それも覚えておきたいものですが、最後のフレーズに勇気づけられたので、引用させていただくことにします。
 日銀人事問題は、官僚組織を敵に回してまでも官僚支配を崩せるか、崩す覚悟があるか、の問題なのである。

 それは政治家やメディアでは出来ない。「素人」である世論が、「王様は裸だ」と叫んだ子供のように、「無能な官僚が日本を支配してきたから、ここまで日本がダメになったのではないか」と、言い出すかどうかである。

 小沢代表の政治生命は、国民にその事を言わせられるかどうかにかかっている。


 お昼休みなので、引用だらけの手抜きですみません。

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。

[PR]
by dket | 2008-03-19 12:52
よく闘ってくださったと思うー山田厚史氏(朝日新聞編集委員)
 おはようございます。日銀総裁人事のことも気になるし、森田 実さんの新著『脱アメリカで日本は必ず甦る』の内容も気になりますが、昨日のお昼休みにビデオニュースドットコムを少しのぞいて、びっくりしたことを書きかけにしていたので、こちらを先にUPしておきます。


 ビデオニュースドットコムで放映中の山田厚史氏・二木啓孝氏・椎名麻紗枝氏 記者会見を、ぜひご覧ください。
 日興コーディアル証券がライブドアよりもよっぽど大きな粉飾があったのに、上場廃止にならなかった問題について、サンデープロジェクトに出演していた朝日新聞編集委員の山田厚史氏が、「日興證券には、安倍事務所にすごく強い常務がおられて・・・」と発言したことについて、安倍部事務所の3人から訴えられていたそうですね。まったく知りませんでした。
 検索すると、山田厚史さんを支援する会というサイトがありました。そこには、
     国民の目の届かないところで
      誰が何を決めているのか
メディアは国民の知る権利の支えでなければならない
と書かれていました。詳しい経過もこちらにあるようですから、動画を見られない方は、こちらをご覧ください。

 日興コーディアル証券については、
ムルダヴァのようにさんのTBから、天木直人さんのブログに行き、格差社会の根源がここにあるミサイル探知のできないイージス鑑を米国から買わされている日本外貨準備を自由に運用できない日本の財務省因縁の日米証券攻防劇を読むと、ホントにおかし~い! と叫びたくなるくらい、ムカムカしてくるので、
と、過去↓にも書いていますが、しつこくしつこく再掲しておきます。
  心の中で「浅野さん、がんばれ」と強く叫ぶ
  日興コーディアル証券 国内初の三角合併


山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。

[PR]
by dket | 2008-03-18 08:27
ひさびさに「そこにいてくれてありがとう!」の気分
 暗い暗い暗い暗い気分で迎えた月曜日の朝でしたが、まだ冬景色のブログが、ひさびさに(本当にひさびさに)、更新されていることに気づいて、ものすごく幸せな気分になりました。不思議です。なんということはないことなんでしょうけど・・・。

 ブログの更新も途絶え気味で、他の方のブログにもお伺いしない日々が続いていました。やっと確定申告も終わったので、少しは気楽になったはずなのですが、いろんなところにご迷惑をおかけしたままなので、苦しい気持ちは続きます。ぐずぐず思い悩んでも解決しないので、とにかく仕事しなくちゃ。

 先日、信州のこば☆ふみさんから、ひさびさにお電話いただき、平岡議員の補欠選挙のことを心配してくださっていたので、山口2区の様子もご報告しなくては・・・。とりあえず、がんばりましょう!

 タイトルに書いた「そこにいてくれてありがとう!」と書いたのはいつ頃だったでしょうか?探していたら、光市に行くのが遅れるので、このままUPします。
山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。




 
[PR]
by dket | 2008-03-17 09:12
大事なことは、この国を救うことだ!(自見庄三郎議員)
 車の移動中に国会中継を聞いたのですが、国民新党の自見庄三郎議員の質疑がとてもおもしろかったです。途切れ途切れで聞いていたのですが、大事なことは、この国を救うことだ!と福田総理に迫っておられ、さすが、郵政民営化に反対した元自民党の造反議員。国民の苦しい生活のことを理解されていると感じました。
 主に経済政策についての質問だったと思いますが、自見議員は、日本の羅針盤が狂っていたら、日本は、どんどんどんどんビンボーになるよ、と言われていました。私も毎日の生活でそれを実感しています。こんなに、みんなが一生懸命働いているのに、どうしてこんなに苦しいのか、おかしいじゃないか、と。ゼッタイ経済政策が間違っていたと思います。よかったら、参議院インターネット中継をご覧ください。

 政府がマスコミといっしょになって、国民に対して『3つのすり込み』をしているという主張等、作成されていたパネルの資料が大変興味深かったのですが、全部を読み取れませんでした。これまでの政府の発表した数字のトリックをあばくものだったと思いますが、先日、朝まで生テレビに出演されていた菊池英博さんと同じ立場の考え方だと思います。宍戸駿太郎元筑波大学副学長のお考えをもとに話されているようでしたが、その宍戸さんと大田弘子大臣の公開討論を求めておられました。福田総理も認められたので、実現するかもしれません。
 
 神州の泉さんも、自見庄三郎氏吼える!!と書いておられました。渡久知明の時事解説というブログでも全国での開催を望むと取り上げておられました。

 小泉・竹中路線で進められた経済政策は、本当に国民のためだったのか、誰か一部の人たちだけが得をする政策だったのではないか、この際、徹底的に検証していただきたい。そして、一国も早く、国民の暮らしが楽になるための政策に転換してもらいたいと思います。そのあたり、民主党はもっとわかりやすく明確にするべきではないかな、と思うのですが・・・。

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。ずっと更新できなくて9位に落ちてます。上位に復活できますようにご協力を!


 
[PR]
by dket | 2008-03-14 19:41
山口2区 『偽装から信頼へ』 の戦いとなるのでしょうか?
 4月27日の衆議院議員補欠選挙に立候補予定の平岡秀夫議員のお相手が、柳井出身の官僚の方となるらしい、と書きましたが、山本繁太郎さんという方で、今日、県庁で記者会見されると聞きました。
 昨日、岩国の方からの電話に、やっと決まりましたね、と伝えたら、耐震偽装の件で、ネットにたくさん書き込みされてるね。と言われたので、なになに?と聞いたら、「山本繁太郎」で検索してみて。と言われました。PCの前に座ったら、既に、kimera25さんからTBをいただいていました。
 そこには、2006.12.16のきっこのブログと、2006.11.29のきっこのブログが紹介されていましたが、え~、そういう人だったの?とびっくりしました。よく、自民党はそういう方で決まりましたね。
 耐震偽装問題は、結局、姉歯さんひとりが悪かった、で幕引きされようとしていますが、今、その反動で、建築確認が遅れて、中小の建築会社がどんどん倒産(又は廃業)に追い込まれています。その建築業界の苦しみの声を、建築士さんたちの怒りの声を、自民党県連の方も、当然、聞いておられますよね。それなのに、その時の住宅局長だった方を選ばれるとは・・・。
 うちの仲間に連絡したら、『偽装から信頼へ』の戦いになるね、と言いました。

 ネットで検索してみたら、耐震偽装事件当時住宅局長だった山本繁太郎、衆院山口から立候補! がトップで出てきました。初めてお伺いしたブログですが、どこにお住まいの方なのでしょう。そこには、
 安倍が当選する県だ。「米軍さん岩国へもっと・・・」に決めた岩国市のある県だ。この人はきっと当選するのだろう。(中略)
 ・・・はぁ・ぁ・・・・・・・・・。
と書かれていました。そんなため息を、日本中に広めないために、4月27日、山口県民の良識が問われます。

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。

[PR]
by dket | 2008-03-05 13:07
何が本当のことなのかが知りたい。
 昨日、お雛さまのことを書いて、そのあとに書いていたことですが、なんだか、いっしょに書きたくなくなって、別に書くことにしました。

 最近、あまり見ることもない「朝まで生テレビ」ですが、たまたまテレビをつけていたら再放送していたので、途中からですが、最後まで見ました。テーマが経済問題だったので・・・。
 コメント欄にも書きましたが、先日、朝日ニュースターの「ニュースの深層」にモリタクさんが出られて、世界中でデフレをおこしているのは日本だけだと話されていました。日銀は、もう少しでデフレを克服という時に利率をあげ、資金量を20パーセントもしぼった、と言われていました。“わざとではないか”と小さな声で言われました。それで得をするのは誰でしょう、と。また、植草さんがずっと主張されていた不良債権処理の時のことを竹中さんが(銀行に)逆粉飾決算させた、という表現で言われていました。さすがに、そこまでは書かれていませんが、
G7失敗は財務省・日銀の無策
一見インフレの現在の状況は、デフレである!
をお読みください。
 そのモリタクさんが、「朝まで生テレビ」にも出られて、同じようなことを言われていました。本間教授や自民党議員で元大蔵官僚だった方たちが否定されるのは、まぁ、しょうがないか、と思いましたが、民主党の議員もいっしょに否定されていたのは残念でした。
 財政や金融の問題は、専門的な数字を示されても、勉強不足で、何が本当のことなのか判断できないのですが、ここ10年近くの間におこったこと(特にここ6年くらいの間に身近におきたこと)を見れば、やはり、植草さんやモリタクさん側のご意見に賛同してしまいます。
 この日の「朝まで生テレビ」出演者で、モリタクさんとまったく同じ立場で、今の現状はデフレであり、財政出動が必要だ、と主張されていた菊池英博さんという方が
「デフレが深刻であれば、それだけ見せかけの実質成長率はプラスになり、高度成長と同じ数字が出るのである。つまり、デフレの下で実質成長率は、デフレ率(GDPデフレーター)の裏返しに過ぎず、実体経済を拡大させるのではなく、実態は縮小している。」
というような説明をされて、なんだか聞いたことがある、と思いましたが、2年近く前に書いた“いざなぎ景気以来の景気回復”は、やっぱり数字のマジックにありました。森田実さんが尊敬する経済学者と書かれている方だったんですね。
 菊地さんの財政出動が必要だ、との考えを、まるで古くさい、先祖がえりの策だとあざ笑う自民党、民主党の議員たちといっしょに本間教授も、ケインズ政策は古い、というようなことを言われていましたが、それに菊地さんが、需要を喚起するのがケインズ政策で、今のアメリカが、まさにそれをやっているではないか、と反論されていました。
 財政出動で、また公共事業をやるんですか、また借金を増やすんですか、と田原総一郎に笑いものにされた菊地さんですが、借金は増えても成長するから大丈夫と、そして、道路だけが公共事業ではない、例えば石油エネルギー政策を大転換する政策を大規模プロジェクトとしてやるとか・・、と話されていましたが、まったく賛成です。
 以前、書きかけのまま非公開にしていた記事があるのですが、地元の高村正彦外相が、小泉首相と総裁選を争われた時、私はテレビで論争を聞きながら、高村さんを応援しました。地元の議員だからではありません。自民党を応援したことがないので、初めて高村さんの政策を聞く機会があったのですが、「金利も安いし、人件費も安い、デフレの今こそ、まだまだ全国的に十分とはいえないインフラ整備をやるチャンスだ」と言われていて、その経済政策に納得したからです。まだ同じような状態であれば、今からでも遅くないのでは?
 財政の話をしていても、外国からの投資は増えない、と誰か他の方が言われ、「朝生」では、話題が変わりましたが、政府がそういう方針を打ち出して初めて、外国からの投資が集まるのではないのでしょうか?
 モリタクさんは、ニュースの深層で、「福井日銀総裁の“わざとではないか”と思える政策は誰の方を向いているのでしょう。アジア金融危機、日本の不良債権処理で大儲けし、不動産投資(サブプライム)、穀物、オイル(だったかな?)と大暴れしたマネーが、次の行き場を失っています。だから、必要以上に下がっている東証に、夏から秋にかけて、どっと・・・・・。」というような話をされました。内橋克人さんの『悪夢のサイクル』を思い浮かべました。
 この時、モリタクさんは、日銀総裁人事は、武藤さんではないかと言われていました。少し前の話ですが・・・。その日銀総裁人事、植草さんは、2月20日のコラムで、
 こうした状況下で自民党は財務省出身者の武藤敏郎氏の総裁昇格を実現させようとあらゆる手段を用いて対応している。日本の構造改革の本丸は「財務省を頂点とする官僚機構が実権を保持する権力構造」にある。日銀総裁人事はこの構造に明確なくさびを打ち込む象徴的な第1歩になる。民主党はあらゆる困難を乗り越えて武藤総裁実現を阻止すべきであるが、現状は予断を許さない。民主党が日本の真の構造改革を求める多くの有権者の声を無視して、自民党との談合政治に堕するなら、民主党による政権樹立の構想は音を立てて崩れることになるだろう。民主党は次期総選挙に向けて、明確な理念と方針を再度明確にするべきである。
と書かれていました。
山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。

 今度別に書こうと思っていましたが、大規模プロジェクトの話が出たので、ちょっとだけ。社民党のHPを見たら、大規模洋上風力発電は、1ユニットで、原発一基分に相当する発電量が可能と書かれていて、びっくりしました。電力業界や鉄鋼業界と対立するのではなく、共生できる国家的プロジェクトとして進めてもらいたいな。
 高校の1つ先輩・飯田哲也さんは、「環境と経済の好循環」という言葉を言い始めた方だと聞いていますが、そういう環境政策でなければ続いていかないと主張されています。最近、よくテレビに出られていますね。洞爺湖サミットも近いし、自然エネルギーの第一人者として引っ張りだこでしょう。原子力発電の専門家でもあります。先日はクローズアップ現代にも出られていたようです。朝日ニュースターに出られた時は、アメリカが、民主党の大統領になれば、地球温暖化政策やエネルギー政策は大きく変わるので、日本だけが取り残される、と話されていました。
[PR]
by dket | 2008-03-02 08:01
3月になりました。
 3月になりました。どんどん暖かくなりますね。

 中学生の子供が、うちのお雛様を見たことない、というので、そんなことないじゃろう、と笑いましたが、わりとショックで、しまいこんでいた押入れから、お内裏様とお雛様のお二人だけ出して飾っていました。何年ぶりに出したのでしょう?
 掃除をして、三人官女も出そう、と思っていたら、あっという間に3月。
 お内裏様とお雛様を向かい合わせて座らせて、なんだかおもしろいなぁ、と眺めています。

 4月27日に山口2区で行われる衆議院補欠選挙の自民党候補がなかなか決まらないのですが、あと2ヶ月をきりました。昨夜、平岡議員の秘書さんが、明日の読売新聞に出るらしい、と言われていましたが、朝、見たら、柳井出身の官僚の方で調整と出ていました。東大法学部出身で元県議のお子さんだそうです。59歳ということなので、天下りではないですが、次の就職先探しでしょうか?こういう方がおられるのであれば、多選批判の多い県知事選に出てもらいたいです。
 3月8日、9日は森田 実さんが応援に来られるそうです。10日は小沢一郎さん、15日は小宮山洋子さんが来られます。明日(もう今日ですね。)は、高井美穂さんが来られるそうです。
山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。

追記:窓辺でお茶をの「今夜のテレビ番組」に、「それでもぼくはやっていない」のことが出ていて、夕食を食べながら見ました。見逃すところだったので助かりました。映画を見れないままだったので・・・。結末を知らなかったので、予想以上にショックでした。
 植草さんのことを思いながら見ていたのですが、映画は、他の方の実話を基に作られたと聞いています。この国は、もう三権分立じゃないんですよね。長男は今年から社会人になりますが、いつ、こういうことに巻き込まれるかわりません。怖いことです。(追記の追記:住基ネットの違憲判決を出された判事が自殺された事件を思い出しました。どこかに書いたのに、どこだったでしょう。その時は、自殺なんて不自然、と思いましたが、理由がわかったような気がします。)
 先日、JANJANにひらのゆきこさんが書かれた事実無根のセンセーショナルな記事 「植草一秀氏名誉回復訴訟」口頭弁論傍聴報告という記事を見つけて、取り上げようと思っていたのですが・・・。
 いっしょにテレビを見ていた子供も納得いかないようでした。うちの子供だけでなく、ほとんどの国民が、裁判所を信じています。でも、それさえ信じることができない場所であれば、この国はどうなってしまうのでしょう。

 2008-03-02 01:56 に投稿していますが、2日分の投稿が2つになったので、こちらは、3月1日のところにおきます。
[PR]
by dket | 2008-03-01 23:56



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧