<   2007年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
テロ特措法、イランが「美しい誤解」をしていてくれるうちに
 更新が滞っている間にいろんなことがおきていますが、ちょっとずつ気になっていることを書きます。

山口ブログに参加してみました。

 反戦老年委員会さんが解散宣言されました。新たに反戦塾を開始されるそうなので、ほっとしましたが、23日のテロ特措法は爆弾の記事が気になっていました。
 私は、23日に、テロ特措法について、国会で早く議論を始めてほしい。で、
①政府が米艦船への海上自衛隊の給油量(03年2月25日分)を20万ガロンと国会で答弁していたが、実は約80万ガロンだった。(防衛省は入力ミスだったと認めた。)
②海上自衛隊のインド洋での給油が、イラク戦に使われていたという疑惑が深まった。(テロ特措法違反)
③国連安保理の謝意決議にロシアが棄権、批判したことにより、「米国の活動を国連安保理で承認する決議はない」とする小沢民主党代表の主張が逆に裏付けられた。
④給油活動の油はどこから買っているのか?結局、国際貢献ではなく、米経済貢献なのか?
の4点にまとめて書きたい。と言いながら、中途半端に終わっていましたが、そこにTBいただいた記事です。①②③④以外の視点が書かれていますが、大変重要な問題ですよね。

 「イラン攻撃もあり テロ特措法延長はますます危険」という話は、9月22日(土)のニュースにだまされるな!で聞きました。イラン攻撃はすでに決まっていると、アンドリュー・デウイット立教大学経済学部教授が、金子 勝慶応義塾大学教授に話されていました。
 反戦老年委員会さんは、洋上給油は終結せよで、アフガニスタンで武装解除日本政府特別代表を務めた、伊勢崎賢治氏の発言
そこで強調したいのは日本の役割です。これまでアフガニスタンの「治安分野改革」で成功したのは、日本の武装解除だけです。なぜか。現場の私たちは「美しい誤解」という言葉を使いました。アフガン人はテロ特措法など知りません。日本は軍事行動をしていないという「美しい誤解」が、疑心暗鬼の武将たちに信頼醸成させた。
を引用されて
イランが「美しい誤解」をしていてくれるうちに、洋上給油をうち切り、米イ衝突を回避するための渾身の努力を傾けるのが、日本のあるべき外交ではないか。
と主張されていますが、まったく同感です。民主党が反対なので、テロ特措法は延長できない、ということに政府も確信犯で同調しようとしているのではないかと思ったくらいなのですが、新法を出すと言われているので?です。今後の国会での行方を見守りたいと思います。

 イラク戦争には参加したけれど、イランについては、日本はアメリカに追従できない、と言われていた岡本行夫さんのことを思い出しました。 昨年の4月29日に以下のように書いていたので、再掲しておきます。

   (以下、再掲)
ジャパン・ハンドラーズの、「3兆円合意」で日本は名実ともに植民地の道へには、ショックなことが書かれています。イラク戦争には参加したけれど、イランについては、日本はアメリカに追従できない、と ある講演会(アメリカの高官が同席しているシンポジウムだったかな?)で岡本行夫さんが話されていたと、関岡英之さんがビデオニュースドットコム(第257回[2006年3月3日] )で言われていました。関岡さんは感動した、と言われていますが、先週のNHKの討論番組だったと思いますが、岡本行夫さんが出られて、はっきりとそう言われているのを聞きました。でも、ジャパン・ハンドラーズには恐いことが書かれいます。また陰謀論?とコメント欄に書き込みいただきそうなので、そのまま信じるわけではありませんよ、と言い訳しながら、引用しておきます。
彼ら日本外交官は、アメリカの総合エンジニアリング会社ベクテルの利権に手を突っ込んだので、現地武装勢力の仕業に見せかけて殺害された可能性が高い。外交官奥克彦氏を殺害したのは米軍の秘密部隊である。

表では、へらへらアメリカに追従するふりを見せつつも「イランが核保有をすることはイスラエルの脅威なのであって、日本の石油外交には関係ない」という認識を裏でしっかりと持つ外交官、政治家はどの程度いるのか。

[PR]
by dket | 2007-09-30 08:31
【緊急】アムネスティ緊急院内集会のお知らせ -ビルマ情勢緊迫化-(転載です。)
 鳥居正宏のときどきLOGOSさんが、「アムネスティ・インターナショナル日本の会員用内部メーリングリストから転載させていただきます。」とTBをいただいていたものですが、遅くなりましたので、そのまま転載します。転載歓迎とのことなので、よろしくお願いします。


***************************************************
     アムネスティ・インターナショナル日本呼びかけ

         僧侶・市民への暴力を止めろ!
       ビルマ(ミャンマー) 10.2 緊急院内集会
***************************************************

◇日時 10月2日(火) 12:30~13:30

◇場所 参議院議員会館第一会議室
最寄り駅:東京メトロ有楽町線・南北線永田町駅、
千代田線・丸の内線国会議事堂前駅

◇地図  http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

◇発言(予定)
超党派国会議員、アムネスティ、市民団体、その他集会参加者から

◇主旨
去る8月以来、ビルマ(ミャンマー)において石油価格の高騰をきっかけに始まった抗議行動は、僧侶らも参加し、民主主義を求める反軍政デモとなって各地に拡大しました。

こうした状況のなかで、9月26日の午後、10万人以上になったデモに対して、軍事政権は催涙弾の発射や警棒での殴打、無差別逮捕などの弾圧を加え、少なくとも数人が死亡しました。そして27日にも、銃の発砲などデモへの弾圧を強め、その中で日本人ジャーナリストが死亡する事態となりました。

現在、僧侶、国民民主連盟(NLD)議員、そして一般市民ら数百人が逮捕されたと伝えられていますが、逮捕者に対する拷問や虐待の危険もきわめて高いと懸念されています。

市民らによる平和的な抗議行動に対する弾圧は許されず、国際社会は直ちに行動を起こさなくてはなりません。とりわけ、中国やASEAN諸国、そして日本など、ビルマに対する政治的影響力を持つ各国の断固とした対応が求められています。

私たちは、軍政の対応を非難し、抗議行動を続ける市民を守るために、また長年に及ぶビルマの人権問題を解決するために日本政府と国際社会が直ちに行動をとることを呼びかけます。

国会議員、そして市民の皆様、急な呼びかけではありますが、ぜひご参加ください。


【主催・お問い合わせ】
社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2 共同(新錦町)ビル4F
TEL. 03-3518-6777 FAX. 03-3518-6778
担当:川上
[PR]
by dket | 2007-09-30 07:27
山口ブログさん、ありがとう!
 仕事で、光市小周防から帰りながら、空があまりにもきれいで、「わぁ~!秋だぁ~。」と、なんだか、ものすごく気持ちよくなったのは、山口ブログで1位(ありがとうございます。)になったからではなく、毎年、この季節に感じることだと、9.11の郵政民営化を問う選挙の終わった後におとずれたのことを思い出しながら、実感しました。 
 昔の記事を読み返してみると、美しい季節なのに、いろとりどりの季節を迎えても・・・なんて書いていたりして、9.11の選挙の時のショックは、なかなか大きかったみたいです。美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・さんが、
私はこの愛する日本の中で、絶対的な少数派なのだろうか。そんな思いに捉われてこの一月あまりを過ごしてきた。
と書かれていますが、今も、あいかわらず、この山口では私は少数派?と、虚しくなります。でも、こんな時は、内橋克人さんが、『もうひとつの日本は可能だ』という本で紹介されている哲学者・久野収さんの『神は細部に宿りたまう』という本に書かれている言葉
「少数派の抵抗運動は、これから多数派になる視点を象徴的に先取りする。いのちや生活において頂点同調主義ほど無力なものはない」
を思い出して元気を出しましょう!

 今日、こんなに機嫌がいいのは、 「ap bank fes '07」の録画DVDを車で聴いていたからです。番組の一部の録画らしいのですが、 Kreva のくればいいのに・・・ サビは桜井くんで、せつないです。秋そのもの(笑)。

 先日から、山口ブログに参加されている周南WALKERさんの記事を読んで、ひさしぶりにタチマチの月に行ってみたり、青木市議さんに誘われて、ふぐと地酒の会に参加したり、秋を楽しんでいます。tazz day'sさんがご紹介くださっている萩の『着物ウィークインHAGI』にも行ってみたいけど・・・。
 郵政民営化のことやテロ特措法のことも書かなくちゃと思いますが、今日は、山口ブログのランキング1位を記念して、少し地元ネタでした。

山口ブログに参加してみました。


 あらっ 非公開コメントさん、お誕生日でしたか?おめでとうございます!
[PR]
by dket | 2007-09-25 22:49
民営化すると600億円の赤字、公社のままなら1383億円の黒字?
 喜八ログさんが始めてくださった「郵政民営化法案の凍結」キャンペーンにTBするためのエントリーです。(「郵政民営化法案の凍結」キャンペーンのトラックバックセンターは、こちらです。)

 神州の泉さんのところに城内 実さんがコメントを寄せられていました。郵政民営化の問題点がまとめられているので、一部引用させていただきます。
メディアの激しい世論誘導がなされている中、これだけ正確に真相をご存じとは正直驚きました。
メディアがあまり報道しようとしないこと。
一、①10月の民営化にともない、各種窓口手数料が3~10倍になること。
②集配特定局の無集配化にともない、誤配、遅配が続出していること。
③簡易郵便局の四分の一が既に閉鎖。

二、分社化された保険会社、郵貯会社の株が10年以内に完全売却される。それにより、本来日本国民のくらしと安全、福利厚生、社会資本整備などのために使うべき350兆円という巨大な資金が外資の手にわたり、その結果某国の公共事業(=5年~10年に一回の戦争)、財政赤字補填、失業対策等に使われてしまうこと。(いわゆる日本売り)


 神州の泉さんのところで、郵政民営化法案についての国会審議の様子やメディアの対応等を読んでいると、当時の悔しさがよみがえってきて、怒りがぶりかえすのですが、当時の私は何を書いているかとふりかえってみました。2005年8月30日、郵政民営化について、真正面から論議して!と書いて、コメント欄のやりとりを掲載していたので、再掲してみます。
「郵便局は法人税、事業税は払わないままでよいのですか?なぜ税金も払わずに民間の宅配業者や銀行より有利な条件で事業をつづけているのですか?この1点だけをとってしても民営化反対論者は対抗できないと思いますが」

と 郵便配達員 と名乗る方からコメントをいただいたので、以下のように答えました。

民営化すると必ず法人税を納められるのですか?赤字でも?
たしか、衆議院TVで質疑応答を見ていたとき、竹中さんが民営化しても600億円の赤字になると認められたと記憶しています。ネット上で探してみると、6月6日の共同通信のニュースで以下のように伝えられています。

竹中平蔵郵政民営化担当相は6日午後の衆院郵政民営化特別委員会で、民営化10年目の2017年3月期の郵便貯金銀行の最終損益(税引き前)が600億円の赤字になるとの試算を明らかにした。日本郵政公社のままなら同時期の郵便貯金事業は1383億円の黒字になるとの試算も合わせて示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050606-00000184-kyodo-pol

郵政公社は、黒字分を国庫納付金として納めているそうですが、金利引下げによりあれだけ国民から銀行へ所得移転した上、税金を投入した民間銀行はどのくらい法人税を払えているのでしょうか?
早稲田大学の田村正勝教授は、HPで以下のように書かれています。

郵政職員の給与に税金が使われていない。郵政公社が5年間で、1兆円の国庫納付金を納め、これは全金融機関の10年分の法人税総額に相当する。さらに本来国庫が負担すべき年金部分を、現在は郵政公社が負担している。したがって民営化すれば、財政が改善されるのでなく、逆に悪化する。
http://www.waseda.jp/sem-masakatu/main.html(注:現在は、http://www.masakatu.net/masakatu/column.php?id=3
と書かれています。
以上、当時のやりとりですが、「民営化10年目の2017年3月期の郵便貯金銀行の最終損益(税引き前)が600億円の赤字になるとの試算を明らかにした。日本郵政公社のままなら同時期の郵便貯金事業は1383億円の黒字」この竹中さんの答弁、ずっと気になっています。


山口ブログに参加してみました。

[PR]
by dket | 2007-09-24 11:47
テロ特措法について、国会で早く議論を始めてほしい。
 山口ブログに参加してみましたが、過去に友達から何度も言われた「とくらBlog、読みに行ってみたけど、なんか難しくてわからんかった。」と思われている人が多いのかなぁ、と苦笑いしながらも、今日はテロ特措法延長関連のことを書いてみます。最近、ご挨拶にお伺いしたところで、テロ特措法は延長せざるをえないだろう、と言われたのですが、う~ん、違うと思うけど・・・。でも本当はどうなのか、とずっとスッキリしていなかったので・・・。次の4点にまとめてみました。

①政府が米艦船への海上自衛隊の給油量(03年2月25日分)を20万ガロンと国会で答弁していたが、実は約80万ガロンだった。(防衛省は入力ミスだったと認めた。)
②海上自衛隊のインド洋での給油が、イラク戦に使われていたという疑惑が深まった。(テロ特措法違反)
③国連安保理の謝意決議にロシアが棄権、批判したことにより、「米国の活動を国連安保理で承認する決議はない」とする小沢民主党代表の主張が逆に裏付けられた。
④給油活動の油はどこから買っているのか?結局、国際貢献ではなく、米経済貢献なのか?

 ①②③については、日本がアブナイ!さんが詳しく書いておられます。②については以下のように書かれていてわかりやすかったです。 
まず、20日、市民団体の「ピースデポ」が、海上自衛隊の給油量に関して、政府答弁の食い違いを指摘した問題に関して、何と防衛省が、21日、自らの誤りを認めた。(゚Д゚)

 そして、これによって、海上自衛隊の給油活動が<もしかしたら当初からイラク戦に使われていた疑惑がますます深まった。(ーー;)

『高村防衛相は21日午前、海上自衛隊の補給艦がイラク戦争の直前、米空母キティホークに間接給油していた問題に関し「当時も米側にアフガニスタンの対テロ作戦に使ったことを確認している」と述べ、イラクでの軍事行動への転用を否定していた』のだが・・・。<共同21日>

 でも、キティホークはその給油の約20時間後にはペルシャ湾に入って、3月20日開戦のイラク戦争で空爆攻撃に参加してるんだよ!(・o・)

 先月の「朝まで生テレビ」で、江田憲司さんが、8割以上の油が、アフガンではなくイラク作戦のために費やされたと米海軍HP(その後そのHPはアクセスできなくなったそうです。)を根拠に暴露されたことは、大きな波紋をよんでいますが、その江田さんは 以下のように書かれています。
限りなく黒に近いグレー・・・給油転用疑惑(07/09/20記)
私が指摘した自衛隊給油のイラク戦争転用疑惑について、本日、NPO法人「ピースデポ」が記者会見し、入手した米海軍の公文書から、2003年2月25日、イラク作戦に従事した米空母キティーホークへ、自衛隊補給艦「ときわ」から米補給艦「ペコス」を通じて間接給油が行われていたことが濃厚となった。
当時の米司令官や自衛隊の統幕議長が認めていた事実が裏打ちされた格好だ。

今のところは「限りなく黒に近いグレー」だが、これが100%事実なら、給油をアフガンに限定しているテロ特措法違反、日米交換公文違反となり、歴代総理、外相、防衛相の責任問題にもなる。
早速、事実関係を問いただす質問主意書を今週末提出する。

ホームページはこちら⇒http://www.eda-k.net/

①についてのニュース記事も引用しておきます。
海自給油:防衛省、給油量の食い違い認める
 03年のテロ特措法による米艦船への海上自衛隊の給油量について、市民団体が米海軍から入手した公文書と政府答弁が食い違っている問題で、防衛省は21日、公文書通り答弁の約4倍の燃料を給油したと認めた。同省は「データの入力ミス」とし、団体が指摘している対イラク作戦への転用については否定した。

 同省によると、イラク戦争開戦を控えた03年2月25日、インド洋上で、海上自衛隊の補給艦が米補給艦に約80万ガロンの燃料を給油。米補給艦は同日中にほぼ同量をイラクに向かっていた米空母に給油した。同省内で、データを整理、コンピューター入力する際、この補給活動の直後に補給した別の外国艦船への補給量約20万ガロンを誤って入力したという。

 同法はテロ掃討作戦などに従事する艦艇に給油先を限るため、同年5月、米空母への給油が目的外使用にあたるのではないかと野党側が指摘。この際、政府側は給油量を入力データに基づき20万ガロンとし、「空母が1日で使う量」と答弁していた。【本多健】

毎日新聞 2007年9月21日 22時45分

 ③についても日本がアブナイ!さんのところにわかりやすく書いてあるのですが、長くなるので、今日はこのへんで。


山口ブログに参加してみました。

[PR]
by dket | 2007-09-23 06:08
ちょっと! 本当ですか?
 TBいただいたkimera25さんのところにお伺いしてみてビックリ!
 以下の記事、本当ですか?

***「ニッカンゲンダイ」*******
http://gendai.net/?m=view&c=010&no=19809


2007年09月21日 掲載
安倍引退 昭恵夫人出馬か!?

 総理の仕事をブン投げて政界引退もささやかれる安倍首相(53)。永田町の関心は早くも、誰が地元・山口の選挙区を引き継ぐのか? だが、なんと昭恵夫人(45)が対抗馬ナシの本命というから驚きだ。子供がいない安倍夫妻にとって、後継は甥っ子ということでずっと準備が進んでいた。ところがまたその甥っ子が被選挙権を得るまで7、8年はかかる。その間のロングリリーフをアッキーが務めるらしいのだ。

*****************


 私の周辺では、林さん説が有力ですが・・・。こういう話題は不謹慎ですよね。(笑)


山口ブログに参加してみました。

[PR]
by dket | 2007-09-22 16:20
独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構
 喜八ログさんが始めてくださった「郵政民営化法案の凍結」キャンペーンにTBするためのエントリーです。(「郵政民営化法案の凍結」キャンペーンのトラックバックセンターは、こちらです。)

 気になる独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構ですが、トラックバックセンターにTBされているサラリーマン活力再生には、『るいネット』の内容が紹介されていました。

 私は、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構法案の(資本金)第五条に
2 政府は、必要があると認めるときは、予算で定める金額の範囲内において、機構に追加して出資することができる。
とあり、気になります。くわしくないので、誰か教えてほしいのですが、これは問題ないのでしょうか?
 国は、知らないうちにグリーンピアと年金住宅融資の後始末を年金積立金を使って穴埋め(6兆4168億円を国に一括償還)したりするんでしょ。なんだか国民はごまかされているような気がしてなりません。下の記事で書いた山崎さんの言葉
特殊法人への「財政投融資」の焦げ付きで莫大な納税者負担が生じているにもかかわらず、財務省の貸し手責任を一切問わずに郵政民営化で責任の所在をすり替える小泉首相の手法
が頭から離れません。
 2005年10月のとくらBlogは、道路公団民営化は至上最大の経済犯罪という山崎養世さんの言葉を紹介していました。山崎さん
道路公団の民営化では、40兆円もの借金を飛ばすという至上最大の経済犯罪を犯すことになる。
40兆円の借金を民営化会社から切り離し、機構に負担させることは、公団から国民への借金の「飛ばし」に等しい。
と言われています。

 特殊法人日本高速道路保有・債務返済機構といい、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構といい、年金積立金管理運用独立行政法人といい、大丈夫なんでしょうか?少子高齢化がすすみ、どんどん国民の負担が増える、医療や年金等の社会保障の不安も増える、そして、消費税値上げが避けられない、と国民を誘導する今の政治ですが、国民は怒らなくていいんでしょうか?特殊法人への「財政投融資」の焦げ付きがあるとしたら、その責任は誰もとらなくて、国民が負担すべきものなんでしょうか?

山口ブログに参加してみました。

[PR]
by dket | 2007-09-22 14:50
郵政民営化法案凍結法案の提出を求めます。
 喜八ログさんが始めてくださった「郵政民営化法案の凍結」キャンペーンにTBするために、過去の郵政民営化に関するエントリーを読み返していたのですが、郵政民営化の何が問題なのか、今ひとつ説得力に欠ける私のブログです。では、国会議員の方々は郵政民営化の問題点について理解されているのでしょうか。2005-09-21には、
たぶん、郵政民営化についておかしい、と思ったのは、山崎養世さんのブログを読んでいたからだと思いますが、未だに私はよく理解していないのだと、ビデオニュース・ドット・コムを聞いて再認識しました。それでも、山崎さんは、金融界の人でもほとんど理解されていない、99%の方が理解していない、と言われているので、私が理解できていなくても無理もないことなのだと思いますが、山崎さんの言われるとおりだとすると、国会議員さんもほとんど理解されていないのだろうと推察できます。
と書いていました。そうであるなら、民主党が、郵政民営化法案の凍結法案提出に本気にならないのも理解できるというものです。(理解したくないけど!)

 もう一度、ビデオニュース・ドット・コムで山崎さんが話された内容を確認したくて、バックナンバーを探してみましたが、ビデオ版を購入しなくては見れないようです。残念!その日の番組の内容説明には、以下のように書かれていました。
 しかし、金融の専門家で前回の総選挙で「高速道路無料化案」で知られる山崎氏は、現在の郵政民営化法案では構造問題の改革にはまったくつながらないと断定する。それはひとえに、郵政民営化の最大の目的であるはずだった郵貯、簡保の預入金の特殊法人への流入が手つかずになっているからに他ならない。特殊法人への「財政投融資」の焦げ付きで莫大な納税者負担が生じているにもかかわらず、財務省の貸し手責任を一切問わずに郵政民営化で責任の所在をすり替える小泉首相の手法は、首相自身の大蔵族としての族議員的行動以外の何ものでもないと言うのだ。

◎「郵政民営化法案の凍結」キャンペーンのトラックバックセンターは、こちらです。TBされたものを読んでいたら、久しぶりにむかむかしてきました。

山口ブログに参加してみました。

[PR]
by dket | 2007-09-22 12:58
『総理が自殺未遂』の記事は本当ですか?
 山口ブログの最新エントリ欄で見つけた広島瀬戸内新聞ニュース(主筆・さとうしゅういち)に、『総理が自殺未遂』とあったので、びっくりして見にいきました。
安倍首相、14日に自殺図る 入院先の慶応病院で 鬱状態深刻で身辺警護を強化(2007年09月22日掲載)
という日刊ベリタの記事を紹介されていたのですが、これは本当でしょうか?胃腸障害だというのに、あまりにも入院が長いので、不自然には感じていました。
 以前、とむ丸さんのところでも、総理が自殺したといううわさがあるというのを読んだ記憶がありますが・・・。真実なら安倍さんの政治生命は絶たれるのではないでしょうか?
 テレビでは、あいかわらず自民党総裁選をとりあげていて、まったく興味がわきません。今、テレビのコメンテーターが「一国の総理がああいうカタチで総理を辞任されるという・・・」と軽蔑に満ちた言葉を語られていますが、こういう空気を安倍さんが国中から感じられたら、自殺という選択をされるかも・・と心配する人は多かったと思いますが。

 あっ 今、電話があって、ちょっと出かけることになったので、このままUPしておきます。
[PR]
by dket | 2007-09-22 10:53
USTR代表:郵政民営化でWTO提訴を示唆(再掲です。)
 今、気がつきましたが、喜八ログさんが、「郵政民営化法案の凍結」キャンペーンを始めてくださった(感謝!)ので、これは参加しなくては・・、と 最近の記事をTBしたのですが、昔書いている郵政民営化関連の記事も再掲してTBしてみようと思います。(トラックバックセンターは、こちらです。)

以下、 2007-02-17 09:56 の投稿記事、TBするために再掲です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 おはようございます。今日は萩に行くので、ブログをのぞいている時間はないのですが、ちょっとだけ、と思って、TBをいただいている方のところに行ってみると、政治・経済 メモ代わりにさんのところに、以下のようなエントリーがありました。時間がないので、まるごと引用させていただきます。

毎日新聞」より転載。

(★引用開始★)

USTR代表:郵政民営化でWTO提訴を示唆

 【ワシントン木村旬】米通商代表部(USTR)のシュワブ代表は14日、下院歳入委員会で証言し、日本の郵政民営化で外資系金融機関などが競争上不利な立場に立たされるなら、世界貿易機関(WTO)への提訴も辞さない構えを示した。米政府高官が民営化問題でWTO提訴の可能性に言及したのは初めて。

 同代表は「民営化後の会社が不当に有利にならなければ、民営化は問題がない」と指摘しつつも、民営化の行方について「極めて注意深く監視し、必要なら法的措置を探る」と述べた。

 郵政民営化委員会は民営化で発足する「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命」の株式上場前の事業拡大を認める方針を示したが、米生命保険協会などは先月末、「外資系などとの対等な競争条件を確保できず、WTOの協定違反」と反対を表明した。同代表の発言は、ブッシュ政権の求心力が低下する中、日本に強硬な姿勢をアピールする狙いもあるとみられる。

毎日新聞 2007年2月15日 11時58分

(★引用終了★)

 喜八のボヤキ「露骨な《郵政米営化》要求。いよいよアメリカの日本収奪が始まった」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、再掲でした。一応、こちらも↓よろしく!


山口ブログに参加してみました。

[PR]
by dket | 2007-09-21 19:57



まだ間に合うかもしれない
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧