<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
これまでの活動の原点である場所 徳山駅前で
 とくらたかこ徳山駅前事務所を開設することとなりました。5月27日(日)午後1時30分より事務所びらきを開催します。詳しくはこちらをご覧ください。

e0067429_2365693.gif

e0067429_2371472.gif

 選挙事務所は、たぶん山口市になると思いますが、こちらの事務所は、お手伝いに来てくださる方々に集まっていただくための場所です。(ポスティングや電話かけをお手伝いいただける方も募集中!)

 徳山駅前という場所は、私にとって、これまでの活動の原点でもあります。この場所に事務所と駐車場を確保できたことで、大変勇気づけられました。お骨折りいただいた方々(同級生や仲間たち)に感謝!
[PR]
by dket | 2007-05-22 22:55
ちょっと疲れ気味ですが・・・、みなさーん、お元気ですかー?
 昨日は山口から下関に入り、そのまま泊まって、朝から下関をまわりました。唐戸の商店街で地元の加藤県議と街頭演説をしていたら、「がんばって」と女性の方が私の肩に手をおかれました。お礼をしながら、話を続けましたが、涙が出そうになりました。安倍総理の地元、下関ですが、多くの方々が、民主党にがんばってもらわんと・・、と言われます。
 うちのスタッフも、挨拶におりた私を待っている間に、車の運転席にわざわざ、がんばって、と声をかけてくださる方があり、感動したそうです。その声が小声であるだけに、その思いが伝わってきたようです。

 徳山に帰ってきて、ある新聞社のアンケートにこたえました。質問の3番目に「安倍首相は参院選で憲法改正を争点の一つと主張している。憲法改正へのスタンスは?」というものがありました。30字以内でこたえなくてはなりません。私は、「9条は守るべき。憲法についての国民の理解をもっと深める努力を。」と書きました。
 反戦な家づくりさんや雑談日記さんが、9条への態度を問うアンケートを(悩まれながら)検討されていましたが、私の考えは、上に書いたとおり、明らかにしておきます。憲法全体も変える必要がないように思いますが、このことを言うと誤解も受けやすいので、とても30字以内では説明できません。以前、ある集会でのご挨拶で、憲法の問題について発言したら、実際に誤解を受けたので、こういう話は、短い時間では話せないな、と反省しました。
 私は、民主党の中にいろんな意見の方がおられるという現実をうけとめて、それでも、前にすすんでいくしかないと思います。むしろ、民主党は議員(候補者も含む)ひとりひとりが憲法について幅広い意見を持っていることを、国民の前に明らかにし、さまざまな議論を重ね、それを見たり聞いたりすることにより、国民が自ら考え、判断できるようにすべき、そういった役割を果たすべきではないかと思います。あくまでも、最後の決定権は国民にあるのですから。以前、議会解散運動に取り組んだときのHPをふりかえってみて、そう思いました。そこには、
市民が力をつけること、そのためにはまず「知ること」からだと思います。知らなければ疑問も怒りも感動も生まれません。無関心のままです。
私たちの暮らすこのまちで、今、何がおこっているのか、どんなまちを目指そうとしているのか、みんなでもっと興味を持って、さまざまな情報を得ましょう。そして自分で考えてみましょう。
その結果、どう思うか、どの方向がいいと思うか、それはみんなの自由です。
でも、それはこのまちの大きな力になると信じています。
と書いていました。住民投票にのぞむ私たちの姿勢でしたが、国のこともいっしょでしょう。
 自民党の新しい議員たち(小泉チルドレンとか・・)の考えも聞いてみたいです。みんな、本当はどう考えているのかを。
 
 毎日、誰かといっしょに行動しているので、なかなかPCの前に座れません。夜も会合だったり、もろもろの準備であったり・・・。TBやコメントにもお返事できていなくて申し訳ないのですが、みなさーん、お元気ですかー?
[PR]
by dket | 2007-05-18 23:18
「民営化」「小さな政府」が正しい というイメージの植え付け
 昨日は、仕事でおつきあいのある住宅メーカーさんとその関係業者の方々の集いがあったので、お伺いして、いろんな方と名刺交換させていただきました。民主党支持者という方も多く、うれしく思うのですが、そういう方でも小泉改革については賞賛されるのです。
 最近、連合さんや民主党関係の方とお話しすることが多いので、すっかり、小泉さん=最悪 という考えが普通の感覚となっていて、どんなに小泉改革がインチキであるかということを説得しなくてよいので楽なのですが、まだまだ一般世間では、そうではないということを、私は少し忘れていたのではないかと反省しました。

 朝から少しブログをめぐっていたら、A Tree at ease さんのところに、ちょうど、こういうテーマがとりあげられていましたので、メモしておきます。引用ばかりで申し訳ないのですが、もうでかけなくてはいけないし・・・。
我々は「改革」というイメージの中で、「民営化」「小さな政府」が正しい、というイメージを植え付けられている。小さな政府といわれただけで効率的で、いいもののように思ってしまうのだが、どの分野で小さく、どの分野で大きいのがよいのか、いくつかの局面に分けて考えてみる必要があると思っている。
イメージの植え付け、これをどうはがしていけるか・・。難しいですが、luxemburgさんは、国民負担率の話をされています。
2. 経費のかかる政府=日本は大きな政府
 国民負担率、という言葉がある。どうも日本政府が好んで使いたがる指標らしく、スウェーデンは75%、日本は38%。おお、やはり日本は小さな政府。高福祉もいいけど、高負担も覚悟しているのか、となる。実はここにごまかしがある。実際には75%の負担のうち、53%は誰かの所得として再分配される。のこった22%が政府を運営するためのお金である。日本は38%とって15%がやはり再配分される。政府を運営していくためのお金は23%となる。
 22と23、つまり日本の方が大きな政府なのである。日本の場合もっと大きい。22では足りずに、巨額の借金をする。せっかくお金を渡して「これでやってくれ」といっているのに、それとは別に多大な借金を作っている。一体何に無駄遣いをしているんだ、ということになるだろう。
 集めた税金でやっていけず、借金まで作ってその利払いまで計算すると、おおざっぱに言ってスウェーデンの倍は使っているだろう。もちろんサービスの質は比べるべくもない。大きなどころか巨大な政府である。経費を使う国を大きい政府というのなら、日本は超巨大政府である。

国民負担率に貼ってあるリンク先(新自由主義なんてない)も読んでほしいです。
[PR]
by dket | 2007-05-10 07:32
日本国憲法の誕生については、知らないことばかりでした。
 ブログの更新ができなくて、残念です。日々考えたことが、忙しさにまぎれて、どんどん消えていくというのは、悲しいです。中途半端でも少しでも書いておけば、あっそうそう、こんなことを考えたね、と思い出せますので、また途中になるかもしれないけれど、メモがわりに・・・。
 
 前回の記事で、「明日は、宇部のメーデーに参加します。そのあと、時間が許せば、『日本の青空』をみたいと思います。」と書きましたが、予定どおり、『日本の青空』をみることができました。感想としては・・・、少し不満もありました。(笑) まったく白紙の状態でみた方は、理解できたのかな、という心配です。私は、NHKスペシャル「日本国憲法 誕生」をみたばかりだったので、とても楽しくみたのですが、GHQとのやりとりでは、字幕を追うようになり、少し眠気を誘ったのではないかな、と思いました。お隣りにおられた方々の様子からの感想です。(笑)

 NHKスペシャル「日本国憲法 誕生」については、あんち・アンチエイジング・メロディさんが、(1)(2)(3)と、詳しくとりあげてくださっています。ありがたいです。
 『日本の青空』をみた時、(3)にあるベアテ・シロタ・ゴードンさんの件について、NHKと『日本の青空』では、少し表現が違っているな、と感じたので、それをメモしておきます。
 NHKでは、(3)に、
その時に、GHQ側、民政局次長のケーディスが、女性の権利についてはベアテも望んでいるので採択してはどうかと日本政府に提案する。
とあるとおり、ベアテさんが書かれたものとは最後まで言わなかった、と検証されていましたが、『日本の青空』では、ベアテさんの提案ですよ、と日本側と交渉していました。それで少し?と感じました。NHKの番組では、ベアテさんのインタビューがあったので、その時の交渉を細かく検証していたのしょうね。
 『日本の青空』で、鈴木安蔵の妻が、女性が議員(だったか?)になったら、戦争なんかしない(軍隊は持たない、だったかも)国になるのに・・と応える場面があり、9条の考え方の基となる描き方がされていました。言葉もちゃんと覚えていないし、うまく表現できないけど、感動しました。(情けない表現で、申し訳ない。)

 お玉おばさんによるとNHKのETV特集「焼け跡から生まれた憲法草案」も再放送されたそうだし、NHKはがんばっていますね。私は、憲法9条 私にとっても 今こそ旬で、書いたとおり、以前は、9条のことはまだ語れないのですが・・・。状態だったのですが、最近は、日本国憲法が誕生した経緯を勉強できる番組もあり、こういうことはホントに知らなかった、ということばかりで、反省しながらも感動の連続です。これも、日本がアブナイ!さんが書かれているように、安倍さんのおかげかもしれません。(笑)
[PR]
by dket | 2007-05-09 10:42
NHKスペシャル「日本国憲法 誕生」 ~ 映画『日本の青空』
 昨日のNHKスペシャル「日本国憲法 誕生」は、大変参考になりました。A Tree at ease  さんのところにご案内があったので、見過ごさずにすみました。ブログは本当にありがたいです。
 夕ごはんを作りながら見たので、また見直したいと思いますが、国会の委員会は秘密会で、そのやりとり(憲法改正案委員小委員会の秘密議事録)は、平成7年に公開されたばかりなんですね。こういう経過を政治家の方々はご存知なのでしょうか?鈴木安蔵たちの存在をご存知なのでしょうか?私は、最近知ったばかりなのですが、憲法問題を議論されている政治家の方々は当然ご存知なんですよねぇ。(これがどうしても知りたい。)

 明日は、宇部のメーデーに参加します。そのあと、時間が許せば、『日本の青空』をみたいと思います。たしか、5月1日だったはず。今、検索してみたら、A PLACE IN THE SUNというブログに以下のような情報がありました。ありがたいです。
 5月1日(火) 宇部市文化会館大ホールにて
11:00~ 13:30~ 16:00~ 18:45~20:50 の4回上映です。
前売り券1000円、当日券(一般1500円、中高生800円)
主催は、上映実行委員会。連絡先は、宇部市松島町18-17 古書籍「往来舎」電話0856(35)8760


(4月30日書きましたが、5月1日の朝、UPしました。)
[PR]
by dket | 2007-05-01 07:24



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧