<   2007年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
国民投票法案ではなく、憲法改正手続法案と・・(平岡秀夫議員)
 luxemburgさん(コメントくださったのは、ばあやさんかもしれませんが・・。)に、また、「手抜きだわね」と言われそうですが(笑)、こば☆ふみ さんが、3月29日の憲法調査委員会の様子をコメント欄にご報告くださっているので、こちらにそのままご紹介しておきます。
Commented by こば☆ふみ at 2007-03-30 15:37 x
森田さんの講演会は説得力があり解かりやすいんで広い年齢層の方が見られると良いですね。成功おめでとうございます!
29日の衆議院憲法調査委員会で平岡さんが「憲法改正のための国民投票法案に問題あり!」とはっきり強い口調で語っていました。枝野議員も「民主党案と自民案は違う!今の時期に決めるのは問題!」という立場を鮮明にしましたョ。一部報道から「民主協議に乗る?」的な情報が流れたことに遺憾の表明をされており・・・憲法調査会の議論内容が一般国民に伝わっていないことを心配していましたネ。(29日の憲法調査会の審議)
安倍氏の年初の「憲法改正と国民投票法成立をめぐる発言」以来憲法調査会の空気がガラリと変わりました。
3月15日のあの公正な中山委員長が仕切った「審議日程などの強行採決」を見ていて悲しくなりました。出口が決まったから「やっつけ成立させろ!」という空気があります。
ほとんどの公述人の意見も慎重審議を訴えています。
大阪での公聴会には今井一さんも意見陳述した模様ですが・・・私は特に22日の衆議院憲法調査委員会の高田健公述人の意見に大きく賛同しました。衆議院TVをご覧下さい。

(追記:4月2日7時20分)上記は、衆議院TVで平岡議員の怒りの質問を確認した後、書いたのですが、リンクを貼る時間がないままです。でも、UPしてしまいます。集会等の予定のない時は、ずっと、県議候補の街宣車に乗っているので、更新できそうにないし・・。昨日は、柳井で井原健太郎県議候補の個人演説会で、平岡議員とごいっしょしました。29日の委員会を見ましたよ、とご報告したら、この件について、いっぱい話したいご様子でしたが、支持者の方への対応に追われ、時間がとれませんでした。でも、がんばってほしいです。
 今日の夜にでも、リンクを貼ります。TBやコメントにお返事できていなくてすみませーん。
[PR]
by dket | 2007-03-31 22:22
のびのびやろう!素人の政治活動!(さとうしゅういちさん)
 はじめの一歩さんのところで、コメントしましたが、きっこさんのニュース、不思議だなと思った方は多いですよね。浅野さんのことを書くことについて、必要以上に自粛するのは、もったいないと思うので、さとうしゅういちさんが、のびのびやろう!素人の政治活動!で、
以下のブログが参考になります。
http://katteren.blog97.fc2.com/
と紹介してくださっているネット時代の勝手連と公選法に、伺ってみました。

 すると、番外編:「きっこのブログ」事件を推理するという記事がUPされていました。

 私は、先日、WEBまとめ表を参考にしたので、ご紹介したいのですが、下のほうに表示されるので、見逃してしまいそうです。引用させていただこうかと思ったのですが、画像ではないようで、実際に行って確認してください。

 日本中のいろんな場所で、のびのびと、がんばろう!

(ここのところ、いつもあせってて、TBやコメントにお返事できません!すみませーん!)
[PR]
by dket | 2007-03-31 09:15
許容したくない。慣れてしまいたくない。
 昨日の朝、「改革」の方向は間違っているを読みました。本当にそのとおりだと思います。自分の言葉で書く時間がありませんので、手抜きですが、A Tree at easeさんのところから、長々と引用させていただきます。

 かつて日本の犯罪率が低いとされていたのは、警察が優秀であるからでも、取り調べで人権侵害をするからでもなく、雇用形態が終身雇用だった部分が大きいといわれる。
 たしかに、わずかなものを万引きでもして人生を棒に振るのはばかばかしいし、それなりの生活の保証があれば、そういうことをする気にもならない、このしくみが日本を極めて安全な社会にしてきたのではないか。
 わたし自身も高校生のとき、郵便局で年賀状配達のアルバイトをしたことがあるが、面白い郵便物を見付けて本職の人に「これ面白いですよ」と言ったことがあった。しかし、その本職の人は若いお兄ちゃんだったが、ダメだよ、配達以外のことを考えたら、とたしなめられた。考えてみれば、私も高校生にもなっていたのに、恥ずかしい話である。そのお兄ちゃんは私より5つくらい上だっただけかもしれない。でもやっぱりプロというのはこんなものなんだなあ、と思った。もちろんみようによっては、熾烈な競争もない、ぬるま湯のような安定した職場なのかもしれない。しかし、こういう安定が郵便制度の安定や我々の生活の安心にも貢献してきたのだろう。
 何を勘違いしているのか、私たちは人に余裕というものを与えてはならない、いつも忙しく、ぎりぎりのところで仕事をするのがよいことであるかのような勘違いをしていたのかもしれない。働いているのは機械ではなく人間である。


 昨日の夕方、市場ですらないを読みました。ザ・アールの奥谷氏が日本郵政株式会社の社外取締役になられるのですか?知りませんでしたが、やっぱりおかしいと思います。民営化された会社の役員は、どこで決まるのでしょうか?知っている人たちだけで利益を回していて、恥ずかしくないのでしょうか?こういうことに対して怒り続けていたはずですが、最近、書く時間がないので、新自由主義でもない、と書かれている美しい季節とは誰にも言わせまいさんのところから、またまた引用させていただきます。
現在、日本社会で進んでいるのは本来的な意味での市場原理主義でも新自由主義でもない。市場経済のルールを時の権力とそれに結託した連中が捻じ曲げているだけの『市場もどき』だ。
市場経済を人間にとって有益なものにする為に、過去に様々な修正がなされてきた。その修正≒規制を取り払えという連中の本音はあくまで「私だけが儲けたい」という事にいい加減気づくべきだろう。そして、それを後押ししたのが「格差があることは悪いことではない。」と言い放った小泉とその後継と周辺に巣くう連中である。自民党の加藤紘一ですら「世界中の政治家が、方法論は色々あってもなるべく格差を無くそうと努力します、と発言している中で、これは異常な発言だ。」とかつて批判している。確かにそうだ。

私たちは、現在、歪な『市場もどき』― それは必ず格差を助長し、格差を固定化させる ― を許容するのか岐路に立っている。

 今日は、県議選の告示日。権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!さんが、「一票一揆」のススメをビラにしてくださっています。
[PR]
by dket | 2007-03-30 07:11
いっきに春に
e0067429_19244041.jpg

 森田 実講演会への準備で、まったく余裕がなくて、TBいただいた記事も読めていませんでしたが、昨日、無事、講演会を終えることができました。受付のお手伝いに来て下さった方やチラシ配りをお手伝いくださった方々、本当にありがとうございました。また、年度末のお忙しい時期にもかかわらず参加いただいた方々、ありがとうございました。また、県外からもかけつけてくださった方もあり、本当にありがとうございます。
 お若いご夫婦で、子連れで行ってもいいですか?と聞かれた方がありました。もちろんOKです、と答えたものの、子供さんのお世話でゆっくり聞けなかったのではないかと心配しています。申し訳なかったな、と思いました。子供さんの声がしていたので、来てくださっていたのだと思いますが・・・。森田 実さんは、講演のあと、子供連れの方がおられるのはいいですね。と言われていました。
 岩国市議の方も参加いただき、質問もされました。米軍再編の問題ですが、岩国の現状をもっと森田 実さんとお話ししたかったですね。時間がもっとあれば・・と思いました。
 森田 実さんは、朝、徳山下松港をご覧になり、急きょ、回天基地のある大津島にも行っていただくことになりました。さきほどお送りしましたが、大変貴重なお話をお聞きすることができました。

 朝、国民投票法案に関する民主党の対応について、調整というニュースをやっていましたが、民主党は、ゼッタイに、法案を通さない、という強い態度を貫いていただきたい。この件で、大津島へ行く船の中で森田 実さんとお話しましたが、まったく同じお考えでした。政権交代より憲法改正をしたい(のではないかと思える)民主党の議員の存在を憂慮されていました。
 
 これから、お会いする方があるので、もうUPします。奇兵隊さんからのコメントにあるように、競艇の話が最後になっていて、気になっていましたが、まったく余裕がなくて、更新できませんでした。競艇の話は、それを抱えている自治体にとっては大きなことなのですが(そのおかげで、周南市の土地を周南市が買うという荒業で、大型給食センターを建設するといった話になったりーこれは今、周南市長選の争点です。)、全国で24場しかなく、なかなか一般的な話ではないですね。

 桜も咲いて、一気に春になるのでしょうか?
[PR]
by dket | 2007-03-28 13:45
モーターボート競走法の一部を改正する法律案
 周南市議会を傍聴に行って、新聞社の方と話した内容の続きを別に投稿します。大型給食センターの話から、徳山競艇の話になりました。今度、競艇が赤字の自治体は、上納金を納めるのが猶予される法案が国会で通ったらしいですよ、と話しました。

 ちょうど、メールをくださった方が、最後に「個人的には、私の親父のデイケヤーの場”徳山競艇”の存続を望んでいます。(私も....。)」と書いておられたので、次のように書いて返信しました。

 徳山競艇は、いろんなご意見があるでしょうが、私も存続を希望しています。私も競艇ファンのひとりという理由もありますが、雇用や経済のためにもなるので・・・。赤字が出なければ、という条件つきですが。
 先日、以下のようなニュースがあり、たしか国会を通過したと思うのですが・・・。

競艇民間委託も、法改正4月から施行へ
 収益減が続く競艇事業の再建支援のため、国土交通省は22日までに、自治体職員に限定している舟券販売や競艇場管理、宣伝などの業務を民間に委託できるようにする方針を決めた。モーターボート競走法改正案を近く国会に提出し、4月1日からの施行を目指す。
 改正案にはこのほか(1)自治体が日本財団を通じて公益事業に拠出する売上金の割合を3・3%から2・6%に減額(2)競艇が赤字の場合は特例で拠出を最大13年間猶予-などを盛り込み、自治体の負担を軽減するもの。競輪とオートは、すでに民間に委託している場がある。


 以上、メールへのお返事に、検索して出てきた記事を引用してしまいましたが、国交省のHPによると、まだ、法律案を第166回国会に提出しているところだそうです。意見を募集していたんですね。今日までだぁ~。
 詳しくは、モーターボート競走法の一部を改正する法律案についてで、どうぞ。
 
 やはり、周南市が周南市の土地を買う7億円は必要ないのでは・・・。
[PR]
by dket | 2007-03-24 00:05
周南市議会を傍聴  
 後援会事務所のパソコンは、送受信を押さないと受信しない設定になっていたらしく、私のPCとは違い、メールソフトを開いただけではメールが受信できないことに気がつきませんでした。メールをいただいた方へのお返事が遅くなりました。すみません。

 さっき、お返事を書いたのですが、そちらに書いた内容を今日のメモとして、ここにも書いておこうっと。 

 今日は、周南市議会の様子を傍聴しに行きました。大型給食センターに関する予算案の取り扱いについて、議会が激しく対立していて、陳情を出された市民も傍聴されており、興味深い議論が続きました。
 本会議が中断して、議会運営委員会になりましたが、そちらにも傍聴しに行き、そんなことしちょっちゃーいけんじゃろう、と市役所の方や議員さん方にからかわれました。(笑)でも、民主党に入る前に、こだわっていた件なので、気になっていました。

 議会運営委員会が何度も休憩になるので、新聞社の方と岩国市の議会について話したのですが、周南市は大型給食センターを見直すべきかどうかという問題だから、平和な話題だということで意見が一致しました。大型になるか、もっと分散させるか、自校方式か、どれに決まったとしても、とりあえず、給食は続けていくということは変わらないし、まあまあ妥協できないことはないけど(もちろん、大事な問題ですが)、岩国は米軍再編問題にからんでるからねぇ、とその記者さんも言われていました。今日の岩国市議会は予算案否決で終わったのでしょうか?

 周南市の議会はケーブルテレビで見ていたのですが、、今さっきまで続いていました。やっと終わり、最後に河村市長がご挨拶をされました。「今回の議会が私にとって最後の議会になるので・・」と言われていました。いろんなことがありましたが、お疲れさまでした。
[PR]
by dket | 2007-03-23 23:07
民主党の新CMで、不覚にも泣いてしまった!
 作業をどうにか終えることができて、ほっとして民主党のHPをのぞいてみました。

 3月21日から全国で放映 新テレビCM「生活格差」篇を発表とのこと。

■民主党新CM「生活格差」篇 30秒
http://asx.pod.tv/dpj/free/2007/200703tvcm_30s.asx
■民主党新CM「生活格差」篇 60秒
http://asx.pod.tv/dpj/free/2007/200703tvcm_60s.asx

e0067429_20362310.jpg
 
 不覚にも泣いてしまいました。(笑)

 いっしょに見ていた仲間も、「最初から作れよ。」と言いながら、洗面所に・・・。もしかして、泣いた?
[PR]
by dket | 2007-03-20 20:30
心の中で「浅野さん、がんばれ」と強く叫ぶ
 さっき、岩国から帰って来たのですが、いただいたTBからアサノと勝とう! 女性勝手連のことを知りました。すごいですね~。おもしろそうですね~。喜八さん!
 みどりの一期一会さんのところ経由で、ミンナのチカラに行ってみると、[質問] 自宅で浅野さんの応援をするにはどうしたらいいですか?(お知らせ)という投稿があり、遠く山口からでも応援できそうなことが書いてあって、感動したので引用してみます。
1.心の中で「浅野さん、がんばれ」と強く叫ぶ ←一番大事デス

 岩国では、平岡議員とご一緒しましたが、新幹線に乗って、そのあと夜行列車で、東京。すぐに国会へ。というスケジュールだそうです。いつものことながら、頭が下がります。「戸倉さんに言われて、国民投票法案を通さないよう、がんばっているから。」と言ってくださり、先日、ちょっと大きな声で、「ゼッタイ、国民投票法案を通さないでください。通したら参議院選挙はゼッタイ負けますよ!」と怒ったみたいに迫ってしまったので、申し訳なかったな、と反省しています。考えてみれば、数の力で強行採決されてしまえば、平岡さんたちのせいではないのですが・・・。でも、がんばっていただきたい。
 帰ってきてから、HPへお伺いしてみると、与党と政府の「ヤラセ」という記事があり、
権力者というものは、国民のことを第一に考えるというよりは、自分の権力を如何に保持できるのかを先に考える習性があることを見逃さないように注意しなければいけません。
と結ばれていました。
 今日の会でも、挨拶する時間をいただいたので、ついつい、ライブドアのホリエモンの話から、おかしいことが多すぎる!と長々としゃべってしまいましたが(反省)、本当にそうですよね。あきれはてるくらい多いので、もう麻痺してしまいそうですが、ムルダヴァのようにさんのTBから、天木直人さんのブログに行き、格差社会の根源がここにあるミサイル探知のできないイージス鑑を米国から買わされている日本外貨準備を自由に運用できない日本の財務省因縁の日米証券攻防劇を読むと、ホントにおかし~い! と叫びたくなるくらい、ムカムカしてくるので、
心の中で「浅野さん、がんばれ」と強く叫ぶ
がおまじないのように思えてきて、今回の東京都知事選は、浅野さんの言われるとおり、東京だけの問題ではないのだ!と実感してしまうのでした。
 岩国では、住民投票から1年がたち、国のいじめが続いています。それに便乗(結託?)して反市長派の市議たちによる予算の否決といういやがらせ(だと思えるけど)もおきているようです。今の政府の国に協力しないところにはお金はやらないよ、という態度はホントにおかしい!そのお金は国民のお金でしょう。
e0067429_711168.jpg

[PR]
by dket | 2007-03-19 23:16
森田 実 講演会 『日本再生のために何が必要か』
 Blogger難民キャンプ さんが、戸倉多香子かく語りき と ご紹介してくださっていますが、その結果、森田 実さんに講演に来ていただけることになりました。以下、そのご案内をとくらたかこのところにUPしたので、転載します。当日の受付等をお手伝いいただける方は、ご連絡いただけるとうれしいです。

c0104626_13321830.jpg


 2月22日の衆議院予算委員会公聴会に公述人として出席された 森田 実さんのお話に感動し、すぐにご連絡をとり、山口県での講演をお願いしたところ、下記のとおり、講演会が実現することになりました。「国家の実力は地方に存する」と、全国各地で講演を続けておられる森田 実さんのお話を、ぜひ、多くのみなさまに聞いていただきたいと思います。
 
          記

 森田 実 講演会 『日本再生のために何が必要か』

   日 時 : 3月27日 火曜日 午後6時30分より
   場 所 : 新南陽ふれあいセンター
            山口県周南市福川南町2-1 
            TEL 0834-63-5000
   主 催 : 森田実講演会実行委員会
   共 催 : 民主党山口県参議院選挙区第1総支部
    

 お問い合わせは、森田実講演会実行委員会(とくらたかこ後援会内)までお願いします。
      TEL 0834-32-6071
      FAX 0834-32-6072  
[PR]
by dket | 2007-03-16 13:37
自民古賀氏「憲法は世界遺産に匹敵」
 そんなことしている余裕はないでしょ!って、よく言われるのですが、12日は、周南市の大型給食センターの問題が気になり、見直しの陳情書を出された方々への聴き取りがあると聞き、周南市議会の環境教育委員会をちょっとのぞいてみました。終わりの方しか傍聴できなかったのですが、議員の質問に答えられていた教育委員会の担当者の方々は、決まった計画を具体化するために、よく勉強され、一生懸命進めておられるのでしょう。職員さんの立場としては当たり前だし、むしろ褒められるべきなのかもしれません。ここまできたら、市議会がどういう判断をするのか、と議会に投げられているのだから、各議員さんの良識に期待したいと思います。
 帰り際、大先輩に、「とくらさん、ホームページ更新せんにゃー。」と声をかけていただきました。はい、反省します。(笑)ちなみに、せんにゃー は、方言ですが、しなくてはだめよ ってかんじかな。
 昨日は、ますます、そんなことしている余裕はないでしょ!って言われそうですが、こっそり確定申告の書類と格闘していました。どうにか税理士さんに引き継げたので、ほっとしています。
 
 というわけで、いただいたTBの記事を読めない日々が続いていましたので、情報から乗り遅れていると思いますが、こんなニュースがあったんですね。↓
自民古賀氏「憲法は世界遺産に匹敵」、9条改正をけん制
 自民党の古賀誠元幹事長は11日午後、福岡県大牟田市内で講演し「憲法は占領下で米国に押し付けられたと言われるが、日本の平和(を守る)という意味で世界遺産に匹敵するぐらい素晴らしい」と述べ、9条改正に否定的な見解を示した。

 その上で「憲法改正(論議)の中で『世界の国々に負けない武力を持つことが大切だ』という若い人たち、力の信奉者の声が大きくなっているのは大変危険なことではないか」と強調した。

 また古賀氏は、佐賀県内で記者団に対し、参院選で与党が過半数割れした場合には「政界再編を視野に入れるべきだ」と述べ、政権を安定させるため野党の一部とも連携を図るべきだとの考えを示した。〔共同〕 (20:48)

 先日、女性と政治キャンペーンでお会いしたZAKIさんも、政界再編がおきるらしい、と話されていましたが・・・。女性と政治キャンペーンについては、さとうしゅういちさんのところにご報告がありますので、そちらでご覧ください。

 Blogger難民キャンプ さんのTBで知りましたが、森田 実さんのところに、私のメールが紹介されているのですね。きゃー、恥ずかしい。これについては、また別に書きます。森田実さんの講演会が実現できることになりましたので。(3月27日です。)
[PR]
by dket | 2007-03-14 08:23



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧