<   2006年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧
私たち国民の記憶力がためされているのでしょうか?
 自民党復党問題は、あまりにも国民をばかにしていて、安倍さんも小泉さんも恥ずかしくないのですか?と聞いてみたいけれど、私たち国民の記憶力がためされているのでしょうか?
 この問題をきっかけにして、郵政民営化について、再度見直していただきたい、と思いますが、時間がないので、雑談日記さんのところからバナーをお借りして、もう、出かけます。


[PR]
by dket | 2006-11-29 09:19
♪思ったよりも 夜露は冷たく
 闇夜の国から二人で舟を出すんださんのところにお伺いすると、どうしても唄ってしまいますが、
イラクで日本の自衛隊を守ってくれているオーストラリア軍が攻撃されても黙ってみているのかって脅す人がいる一方で,BSEが日本で起きたらどうするんですかって言っても全然聞いてくれなかったりすると,やっぱりおかしいよなぁと思うところです.
と書かれていて、まったく、まったく、まったくなのだ、と思ってしまいました。
この気持ちを伝えたいための投稿なので、短いですけどUPします。(笑) もう、帰ろっと。

 なぜか、陽水の ♪思ったよりも 夜露は冷たく~ が浮かんできました。検索したら、びっくり。作詞・作曲:井上 陽水・忌野 清志郎 だって。忌野 清志郎 がいっしょに作ったんですか?知らなかった!

もう星は帰ろうとしてる
帰れない二人を残して

            「氷の世界」より


 ほんとにもう帰ろう。一人だし。(笑)
[PR]
by dket | 2006-11-28 02:51
私ももちろん、北星学園女子中高の生徒さんと教職員を応援します!!
 さっき、民主党 政策フォーラムのご案内をUPしたら、すぐにいただいたTBが、前を向いて歩こう!さんの何度でも言う! 北星学園女子中高の生徒さんと教職員を応援します!!で、なんとなく、このまま家に帰るのが恥ずかしくなり、私ももちろん、北星学園女子中高の生徒さんと教職員を応援します!!と表明してから帰ることにしました。
 再出発日記さんが、
あなたたちを応援します。いや、私たちが応援されました。ありがとう!!!
と書かれていますが、ほんとにそうです。ありがとう!!!
 今朝は、その北海道からさわやかな風で紹介されていたので、dr.stoneflyの戯れ言 さんのブログへ行ってみました。タイトルが気になって思わず読んでしまった「高橋哲哉は冷静に激怒する」(1)……この糞ガキゃ、ワシらの労作を!! byナンバラ は、とてもためになりました。そして、笑えました。いっしょに、
ひゃ、ひゃ、ひゃくごじかんで、何が「改正」じゃ、ざけんじゃねぇ~~ぞ、
どうしてもやりたけりゃ、105年話し合えっちゅうの!!!!
と言いたい。
[PR]
by dket | 2006-11-28 01:31
民主党 政策フォーラムのご案内
 気になることが山積なのに、報告書も出さなくちゃいけないし、ポスターや看板やHPの打合せもできてない。(ぐちです。) それに、TBもコメントも・・・。ぐちぐちぐち。(いつもの言い訳)
 直近の課題は、民主党山口主催の政策フォーラムへのお誘い。まだ、民主党の公認予定候補として活動を始めましたと、初めてご挨拶する方が多いのに、いきなりパーティ券を買ってください、とお願いするのも気が引ける・・・。もっとずうずうしくならなくちゃと、心に言い聞かせるけど、なかなか難しい。
 というわけで、遅ればせながら、とくらBlogでもご紹介しておきます。

e0067429_039512.jpg
 

   民主党山口 政策フォーラム

 日時  平成18年12月3日(日)  第1部 講演会(午後4時30分)
                        第2部 懇親会(午後5時30分)   
     
           (講演予定者:菅直人民主党代表代行)

 会場  山口グランドホテル  新山口駅新幹線口

 会費  10,000円
          この催しは政治資金規正法第8条の2に規定する
          政治資金パーティーです。

 チケットの購入・お問い合わせは、民主党山口県参議院選挙区第一総支部 
            電話 0834‐32-6701 までお願いします。

 当日は送迎バスの運行を予定しております。(周南市櫛ヶ浜駅発-各地経由-会場行)

 ぜひ、参加してください。(買って~!笑)


(追記)2006-11-28 00:37 の投稿ですが、27日のところにUPします。
[PR]
by dket | 2006-11-27 23:59
「自殺の連鎖」を止めるために
 11月2日に、テレビは、細菌兵器?と書いて、ファミリー メンタル クリニックさんの群発自殺を招いてないか! 「いじめ・自殺」の報道自粛を!という記事をご紹介しましたが、やっと民放連が動き出したのでしょうか。保坂展人のどこどこ日記を読むと、
今朝の新聞でも、女子高校生が教頭の説得にもかかわらず身を投げてなくなったという事件が報じられている。民放連では、「いじめ自殺」の報道について各局に注意を呼びかけることにするようだ。(「自殺の連鎖」防止のため刺激的な表現などを避けるということか) 子どもたちが「いじめの苦痛」を訴えて、次々と生命を断つ「異常事態」だが、私は10数年前の福岡県の状況を思い出していた
と書いてありました。まだ、テレビでは、いじめによる自殺のニュースが続いている気もしますが、減っている気もします。もし、民放連が動き出しているとしたら、拍手したいと思います。
 保坂議員の記事の続きは、「福岡県いじめ対策予算」の2億円(台)の一部が「いじめ撲滅」のために「横断幕」「アドバルン」の掲示で使われていたことについて、「我が目を疑った」と書かれていて、興味深かったです。
「いじめ撲滅」という発想は根本的に間違っている。
と書かれていますが、やはり、いじめは必ず存在するものだという前提で、対応していくべきだと思います。いじめをなくそう、というスローガンを掲げたために、いじめの報告がされなくなり、くさいものにはふたをしろ式の対応しかされていなかったとしたら残念です。

 ファミリー メンタル クリニックさんが、
コイズミ政治がいじめのモデルとしては分かりやすい
と例示されています。私も自民党での総裁選挙のときの安倍さんへの雪崩現象を見たとき、まったく同じような感覚をもちました。誰もいじめられる側になりたくないから必死なんだな、と思えました。こんな気持ち悪い現象が国を動かしている人たちの中でおこっているのに、子どもたちにいじめは悪いことよ、と教えても空虚な言葉が響くだけです。単に自民党を批判したいわけではないことをお断りしながら書いておきます。

※引用させてもらったブログやその他のところにTBが送れないみたいです。まだ調子悪いのでしょうか?
[PR]
by dket | 2006-11-24 14:46
タウンミーティングやらせ問題の責任は明確にしてください。
 津久井進の弁護士ノートさんからTBいただいた11/22 教育基本法「改正」を考えるシンポ@兵庫県弁護士会は、今日、11月22日午後5時30分から,兵庫県弁護士会館であるそうです。参加するには少し遠いし、もう始まってしまっていますね。でも、一応ご紹介。

 そのご案内記事に、メインのコーディネイターをつとめられる村上英樹さんのブログ(弁護士村上英樹のブログ)が紹介されていたので、お伺いしてみると、官房長官の責任はあるか?~タウンミーティングやらせ質問という興味深い記事があったので、引用させていただきます。
 大きな責任があるだろ!国民をバカにするな!と叫びたい気持ちをぐっとこらえて,権限や仕事内容から冷静に考えてみました。とりあえず,役職・行政機関の定義から。


 内閣官房長官は、内閣官房の事務を統轄し、内閣の重要な決定事項について調整を行う。

 内閣官房(ないかくかんぼう、Cabinet Secretariat)は内閣に置かれる行政機関のひとつ。閣議事項の整理、内閣の庶務、行政各部の施策の総合調整などを行う。

 内閣府は,2001年(平成13年)1月6日、中央省庁再編に伴い、内閣(事実上内閣官房を含む)主導により行われる政府内の政策の企画立案・総合調整を補助するという目的で新設された。


 このことからすれば, 官房長官→官房の人たち→内閣府(担当者含む。「内閣府などが教育基本法改正案に賛成の立場で質問するよう参加者に依頼していた」読売 11月1日より)という指揮命令系統,あるいは統括関係があることは間違いないでしょう。

・ 官房長官自らが「やらせ」指示や,あるいは結果的にそうなるような方針を打ち出しておれば,長官自らの行為そのものについて責任がある
・ 仮に長官自身はしらなかったとしても,内閣の補助機関である内閣府が行ったタウンミーティング(「内閣の庶務」の一つであろう)について,内閣官房のトップである内閣官房長官の,統括責任,監督責任は否定できない

と思います。
 そういう意味では,もちろんさらにトップである当時の内閣総理大臣(小泉さん)の責任もあるとおもいます。
 が,当時の官房長官であった安倍現首相の責任の方が総理よりはより直接的な責任である,と言えると思います。(担当者はビタっと直接ですけど)


 
[PR]
by dket | 2006-11-22 17:30
野党共闘は間違っていない!
 沖縄の選挙の結果から、ついつい感情的な投稿をしてしまいました。いつものことだけど、少し反省。(笑)目に入ったブログへ手当たり次第にTBをお送りして、当り散らしましたが、冷静な方々の分析を読んだり、テレビでのニュースの中から、地元沖縄のメディアの分析を聞いたりして、非常に冷静になってきました。特に、当選された側も、自民党幹部に応援に入ってほしくなかったというお話は、アメリカの先日の選挙の時、共和党候補でさえ、ブッシュさんに来てほしくなかった、というのと似ていて、思わず、テレビの前でニヤニヤしてしまいました。
 そのせいでしょうか、昨日はめらめらと闘志がわいてきて、元気はつらつになってしまったのですが、心配して電話してくれた方、ありがとうございます。落ち込んでいるひまはありませんでした。がんばりましょう!
 
とくらさま こんばんは。
不思議ですね、いろいろ非難されたり罵倒されたりすればするほど、私は燃えて来ちゃうんです~!(^^)
と、コメントくださったこば☆ふみさんの地元から届いた加藤 学 Blog 「公募候補の伊那谷奮戦記」さんのTB記事も
 しかし、このことは裏を返せば、沖縄の経済状況が基地問題に目を瞑っても国からの経済的支援が欲しいという厳しい状況に陥っていることを示している。8月に行われた長野県知事選も同様であった。長野県南部の下伊那地方では、田中知事の強い支持基盤であったが、厳しい経済状況の現実の前に、理想では「食っていけない」という中で大型公共工事で経済振興を訴える自民党の候補に多くの人が投票した。ここには、「食っていけなければ、きれいごとを言っていても仕方ない」という心境に追い込まれれている過疎地域の現実があった。
という部分、考えさせられることが多いです。このことはまたゆっくり書いてみたいと思います。
 いろいろ書きたいことがありますが、時間がないので、結論だけ書きます。

  野党共闘はけっして間違っていない!小沢民主党は今後も自信をもって続けるべし!

 沖縄選挙の前、雑談日記さんのところで山口二郎さんの記事
 安倍政治と対決する理念は、きわめて単純明快である。外における平和、内における平等、この二つの価値を尊重する者が、立場を超えて協力することによって、日本の政治を転換することができるはずである。人民戦線と言うもよし、国共合作と言うもよし。私自身、この二つの理念を共有できると思える人々とは、鈴木宗男氏から民主党や共産党支持者にいたるまで対話をしてきた。そこでつくづく感じるのは、政治における現実主義、結果志向の必要性である。選択肢は無限にあるわけではない。よりまともなリーダー、よりましな政策を選ぶことが、政治なのである。その現実主義が左派、市民派、護憲派に徹底していないことが、日本政治の転換を妨げている。
を読みましたが、まったく同感。今こそ、野党は結束すべきです。けっして分断されることのないよう、まず、私たちブログが結束しましょう!
 
 時間がないので、引用先のリンクやTBは夕方にでも・・。
[PR]
by dket | 2006-11-21 09:52
沖縄の結果は、すごいショック!
 さっき、福岡市長選の記事を書いて、★ しみんずサポーターネット ★ -清水とし子さんをしみんず市長に-さんにTBしたら、そこに、
追記
沖縄では糸数けい子さんは及ばなかったようです。
大変に残念です。
を見つけてしまいました。たしかに、
<沖縄県知事選>「自公」が推す仲井真氏が初当選

 新人同士が激しく争った沖縄県知事選は19日投開票され、稲嶺恵一知事の後継で「自公」が推す仲井真弘多さん(67)が、「反自公」の糸数慶子さん(59)を破り初当選した。「基地と経済振興」のはざまで揺れ続けた県民は、経済振興と雇用安定を訴えた仲井真さんの「国との協調路線」を支持した。
(毎日新聞) - 11月19日22時52分更新
という記事が・・・。

 わぁ~、ショック!

 ファミリー メンタル クリニックさーん!くやしーよぉー!
政治家の皆さん。安保の大切さは良く分かったから、米軍基地が必要なら自分の選挙区の市民を説得し基地を移設して欲しい。
まったく、まったく、そのとおりですよね。
[PR]
by dket | 2006-11-19 22:58
<福岡市長選>民主推薦の吉田氏が当選確実
 ★ しみんずサポーターネット ★ -清水とし子さんをしみんず市長に-さんよりTBをいただいて気がつきました。
<福岡市長選>民主推薦の吉田氏が当選確実に 現職破る

 19日に投開票された福岡市長選は、新人の元新聞記者、吉田宏氏(50)=民主推薦、社民支持=が、現職の山崎広太郎氏(65)=自民推薦=ら5人を破り当選を確実とした。巨額の市債残高を抱えながら五輪誘致に乗り出すなど、初当選時の公約と解離が目立ち始めた山崎氏に、有権者は不信任を突きつけた。
(毎日新聞) - 11月19日22時32分更新


うちへ、清水とし子さんを応援する記事をTBくださった方も多かったのですが、立場上、ビミョー(笑)なので、TBをお返しできませんでした。すみません。削除しなかったことでお許しください。
 結果が出たら、さっそく「吉田さん当確おめでとうございます! 」というTBをいただきました。私は何も応援記事を書いていないけど、うれしいですね。ありがとうございます。
 沖縄の結果も気になります。
 
[PR]
by dket | 2006-11-19 22:47
中川秀直幹事長さん、野党は、昔の少数派とは違いますよ。
 いろんなブログにお伺いして、どこで読んだかわからなくなったのですが、野党が共闘して審議拒否したことについて、中川秀直さんが、少数派の横暴だ、と言われたという記事を読みました。検索していたら、どうやら、小沢さんの言葉を引用されているらしいのですが、でも、よく考えていただきたいです。今の野党と昔の野党とその議員さんたちが背負っている数(の割合)は、まったく違いますよ!
 今の野党を はたして簡単に少数派と呼んでいいのでしょうか?たしか、郵政民営化の是非を問う9.11選挙での獲得票数は、拮抗していて、野党全体の数は、わずかに与党より多かったはず。
 民主主義の根幹を揺るがす、タウンミーテイングのやらせ(世論誘導、それも買収)を「たいしたことない」扱いするなんて、自民党も公明党も大丈夫ですか?
 時間がないので、またあとで書き足したい!
 
(追記:19時10分)TBいただいた多文化・多民族・多国籍社会で「人として」さんの記事には、
本日、野党欠席のまま、衆院本会議で可決されたそうです。
委員会での審議時間さえたまれば、どんな審議がなされていたかなんて、関係ないっていうわけです。
いやはや。今春の入管法改定案審議でも見られた国会の現実ですが、これで議会制民主主義だなんて、ほんとうに言えるんでしょうか。
と書かれて、今春の入管法改定に関する国会審議(における「質問にまっすぐ答えず、自己の主張を延々と語ることで時間をつぶす」という手法)が紹介されていました。その中に、平岡議員の質疑もあり、ホントにご苦労されている様子が伝わってきました。以下の部分を引用させてください。
その直後に力なくこぼれた平岡議員の一言に、私は心底共感する。
「本当に、自民党もそろそろ政権をおりた方がいいですよ」(140)。
自民党の現状を踏まえるならば、実にまっとうな批判と言えよう。
私も心底共感します。
[PR]
by dket | 2006-11-16 20:20



まだ間に合うかもしれない
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧