<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧
広島の口先男(くちさきおとこ)、広島市長選に出馬
 TBいただいていた石橋を叩いても渡らないかも?さんの今世紀最悪の恥知らず男という記事がないので、もしかして弾圧?とか心配しましたが、どうやら復旧されたらしいので、こちらに記事をご紹介しておきます。
 広島の口先男(くちさきおとこ)さんには、子供の頃、ラジオの公開番組でお会いした記憶があります。昨年でしたか、広島に買い物に行った時にもお会いしました。奥さんと娘さん(だったと思う。)を連れておられました。なぜか、東京に遊びに行った時にも出会ってしまった。どうでもいいけど・・・。
 ゲゲゲのイチローさんが、「きょうは頭にきているので日ごろの冷静さを失っています。」と書かれていますが、わかる気がします。どこかで、信濃のアブマガさんも怒っておられましたね。
 柏村議員への抗議申し入れの署名も参加しましたよね。
[PR]
by dket | 2006-10-31 23:58
周南市の学校給食センター建設計画について意見交換会開催
 “周南市の土地を周南市が買う”ことについて、どうしても納得いかないのですが、結局、ぐずぐずしていて、何も行動をおこさなかったことをずっと後悔しています。もう、基本設計が進行中らしいのですが、来年の3月議会で建築費の予算が通過してしまえば、仮に 市長さんが変わったとしても、止めるのは難しいのではないでしょうか?(市長が変われば、何もかも止めてくれると言われる方も多いのですが、予算が通過していると、どうなんでしょうか?)
 同じような思いの方々が、熊毛で行動をおこしておられたので、私たちも合流して、徳山地区での意見交換会を受け持とうと思います。多くの周南市民の皆様に、この計画を知っていただいて、このまま進めてしまっても良い計画かどうか考えてもらいたいと思います。まだ間に合います。

  学校給食センター建設計画について
     意見交換会を開催します。→PDFファイル

 周南市がもっとも重要な施策として位置づけている青少年の健全育成に大きく係わる「学校給食」ですが、現在、周南市が進めている大規模給食センターの建設計画については、市民の間で、不安や疑問の声を多く聞きます。
 周南市の将来を担う子供たちを大切に考えた計画となっているのか、全国でも数少ない規模である13,000食の大型給食センターで本当にいいのか、今一度、学校給食のあり方について、考えませんか?下記のとおり、意見交換会を開催しますので、ぜひ、ご参加ください。
        記
   日 時:平成18年10月29日(日)
             午後6時~午後8時まで
   場 所:周南市市民交流センター(徳山駅ビル3F)
   内 容:現在までの経過や計画詳細、市議会での決定事項等
        の説明を受けたあと、参加者で意見交換
   主 催:周南ねっと
         ※ 熊毛地区でも開催されます。   
            11月12日(日)午後2時より 
            サンウィング熊毛にて      
            主催は「住民自治を考える会」さんです。


 これは、周南ねっと主催なのですが、今の私の立場では、政党色がついていると言われても仕方ありません。この点で多くの批判をいただくかもしれないし、これまで参加してくれていた方々も参加しにくくなるのかな、と心配しています。それでなくても、周南市にたてつく集会なのに、さらに参加者が少なくなる状況で、どのくらい人が集まってくれるのか・・・。(泣)
 日刊周南新と朝日新聞が取り上げてくれたので、感謝!朝日新聞の記者さんは、あれだけ長々と話したのに、きちんと分かりやすくまとめてくださっていて、びっくりです。

 今日の朝日新聞↓

e0067429_17243884.jpg

[PR]
by dket | 2006-10-28 15:45
人生は本当に何があるか分からない。
 世に倦む日日でうれしいご報告があり、ずっと気になっていた「小さな花」は、こういうことだったのかな?と昔の記事を振り返りました。その記事から「小さな花」のリンクをたどっていった世に倦む日日には、
私の「小さな花」はこのブログなのだろうか。
と書かれていましたが、それより以前に作られた古いHPにも光が射したのかな?いずれにしても、おめでとうございます。いっしょに闘った(はずの)私のTBが残っていないのがちょっと不満だけど(笑)、いろんなことは水に流して、このおめでたいニュースを、世に倦む日日チルドレンとか、傀儡とか、世に倦む日日→とくらBlogの法則(byお玉おばさん)とか呼ばれていた頃のとくらBlogに戻って、素直に喜びたいです。

 世に倦む日日を久々に読み返していたら、
人生は本当に何があるか分からない。いつ交通事故で命を落とすか分からず、いつ末期癌告知されるかも分からない。最期を覚悟したときに(自己満足でもいいから)何か達成感の証明や根拠の切れ端みたいなものを掴んでいたい。
と書かれていました。本当にそうだと思います。今日のお昼は、飲み仲間のお医者さんのお葬式でした。本当は大先輩なので、そんな言い方は失礼かもしれませんが、あえて“飲み仲間”と言いたい。優しかった笑い声が今でも耳に残っていて、また、涙が出そうになります。

 人生は本当に何があるか分からない。世に倦む日日の丸山真男論が本になりSTOP THE KOIZUMI - 改革ファシズムを止めるブロガー同盟の立ち上げの際、取り上げられたカッシーニさんや私が実際の選挙に挑戦することになるなんて。まったく、「政治とは可能性の芸術である」の言葉を信じてみたくなります。
  
 そういえば、大変恥ずかしいけれど、丸山真男っていう名前は、去年の8月15日まで、まったく知りませんでした。そこで、必死で検索して調べた記憶があります。でも、よくわからなくて、コメントのお返事では、丸山真男さんの件はスルーして、ふぐの話でごまかしています。↓(笑) 
でも、徳山のふぐは、通の方の間では有名で、全国的には下関が有名ですが、徳山沖でとれるとらふぐはかみのふぐと言われる上物です。ふぐを食べに、またぜひ徳山におこしください。

 懐かしいな。
[PR]
by dket | 2006-10-27 21:27
安倍首相お膝元の下関で
 民主党の公認決定について記者発表した、下関の方から、がんばってくれ、とお電話をいただき、その方のお話が気になっていました。まだ、自民党総裁が安倍さんに決まる前ですが、その方は、見ててごらん、安倍さんが首相に決まったら、〇〇億円の市発注の工事を、安倍さんのお兄さんがおられる三菱商事が請けるから。と言われたのです。
 周南地域以外のニュースは、案外県内であっても知らないのですが、たまたま、情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ)を読んでいたら安倍首相お膝元上場企業がついに反乱? 下関市の公共工事差し止め求め提訴という記事があり、何だろうと思って読むと、
山口県下関市発注の約155億円にも上がる社会教育複合施設(仮称)の公共工事を落札した安倍首相兄が中国支社長を務める三菱商事のグループ。これに対し、敗れた地元の上場企業「原弘産」がこの入札はおかしいとして訴訟した。いったい、何があったのか。
とありました。あらら、これですか?長周新聞を見ると、安倍総理誕生で江島市政暴走という記事がありました。

 下関市長選挙は、案外、接戦だったそうです。現職だった江島市長さんへの批判が強く、県議を辞職されて立候補された方とで、どちらが勝つかわからなかったようですが、安倍さんが応援に入り、ぎりぎり現職の江島市長さんが勝たれたそうです。これは、後に下関のある集会に呼んでいただいた時に、地元の方々から聞いた話ですが、周南にいると、現職の江島市長が圧倒的に勝たれたのかと思っていたので、意外でした。その方々は、特に民主党支持の方ではないので(どちらかというと、仕事柄、自民党を応援しなきゃいけないそうです。泣)、偏った情報ではないと思います。その市長選でのしこりはまだまだ残っているようですね。お電話いただいた方も、安倍さんを強く批判されていました。

 追記:2006-10-27 05:17 にUPしたものですが、26日の日付に移動します。
[PR]
by dket | 2006-10-26 23:59
「正直者は馬鹿を見る社会」を推進する安倍政権
 さっき、出かけた時、ちょっとだけテレビで見たのですが、郵政民営化に反対して造反議員となった方々の復党問題をやっていて、「郵政民営化法案に反対し、自民党を離れた「郵政造反組」の復党が、早ければ22日投開票の衆院補選後にも実現する見通しとなった。」という記事を思い出し、怒りがおさまらなくなりました。
 郵政民営化に反対し、造反議員とレッテルを貼られ、小泉首相により自民党を除名された方々は、日本の国益のために闘ってくれた貴重な方々だと思っておりましたが、郵政民営化について何も見直しされないのに、自民党へ復党することを望んでおられる方ばかりというニュースを読んで、憤りを感じました。この方々の信念はどうなってしまったのでしょうか?そんなことなら、高村議員や古賀議員のように、自分の意志を貫きたいけれど、政党の方針に従うため、採決の時に退席された方(当時は、卑怯者扱いされましたよね。)の方が、まだ筋が通っているようにも思えてしまいます。
 党幹部も、次の参議院選挙のための「数合わせ」のためだけに、復党を認めることを検討されているとか。国民をばかにするのもいい加減にしてほしい。そんなことなら、除名までする必要があったのでしょうか?逆らう奴はこうなるぞ!という見せしめだったのですか?ひどい!なんて、美しい国とは程遠い判断でしょう。子供も大人も道徳心なんて持つほうが損なんだと思うでしょう。そんな政治家の姿を見て育つのに、教育なんて再生されるわけない!
 自民党総裁選の時の安倍さんへの雪崩現象もみっともなく、この国は、腐ってしまったと思いましたが、勝ち馬に乗るためには、ご自分の信念など、いくらでもねじ曲げることのできる政治の世界って、どうなっているのでしょうか?国民のために妥協するというのなら、まだ理解できますが、すべて自分のためでしょう?どう考えてもおかしい。こんな国でいいのでしょうか?
 信念を貫き、国民新党を立ち上げ、郵政民営化を見直しさせるためにがんばっておられる綿貫さんや亀井さんたちだけが、馬鹿を見ることになるのですか?なんだかおかしい!と思ってしまうのですが、やはり安倍政権は、がんばった人が報われる社会ではなく、正直者が馬鹿を見る社会を目指されているんだなぁ、と思い、小泉政権と何も変わっていないのだと確信したのでした。
[PR]
by dket | 2006-10-23 20:15
共謀罪必要論を根本から ― 根こそぎ退治して!
 私も共謀罪といえば、やっぱり、この画像↓をすぐに思い出します。今日の川辺よりさんのTBで再会しました。
e0067429_734311.jpg

 共謀罪は今国会見送りかと思っていたら、急に24日強行採決か?という記事があふれ、おまけに、みんなが転載されている記事に、平岡議員の名前がたくさん出てきて、私も転載しなくちゃ と思っていたのですが、出遅れていました。
 こば☆ふみさんは、さっそく平岡事務所にご連絡されたそうで、楽しい秘書の方とのやりとりまで書いていただき、ありがとうございます。私もさっき、お電話してみたら、秘書のNさんが、ものすごい数のメールでうれしい悲鳴をあげておられました。1時間ごとに開いているのですが、半端な数じゃないですよ~。と言われていました。ブログの力はすごいですね、とびっくりしていたら、どうやら、「グリンピースが、共謀罪反対メールを一斉送信するフォームを作っている。」ことが原因かな?と憧れの風さんのところの記事を読んで納得。→ Say NO to 共謀罪
 昨日、平岡議員が何か発言されていないか、HPをのぞいてみましたが、まだ何も書かれていないので、保坂展人議員のサイトに行ってみると、
そして、案の定「アメリカ合衆国」が国際組織犯罪対策条約を批准時に留保していたという重大事実を隠蔽していたことが明らかになった。(中略)衆議院法務委員会で外務省は重大な虚偽答弁を行っていたのではないかとの疑いが20日の私の質疑で問題となった。
と書かれていました。また、
アメリカについて今日は書いたが、毎日、日替わりで色々な国の事例を書き続けるだけのデータは入手した。120カ国以上が批准したこの条約で国内法制化した国はノルウェーしかないということに注目してもらいたい。(私の質問主意書に対しての答弁書) 国際組織犯罪対策条約にグローバルスタンダートで歩調をあわせるのであれば、共謀罪創設は必要なく、既存の法律の一部改正などの手直しで十分だ。
とあり、やはり、東京新聞の政府、国連で『共謀罪』批判という記事を思い出して、野党は、政府の姿勢を厳しく追求してほしいと思いました。
[PR]
by dket | 2006-10-23 18:31
私も 五十歩百歩な毎日ですが、とりあえず 前へ
 共謀罪のことやイーホームズ 藤田社長のこと等、重要なことがたくさんあるのに、あまりにも眠いので、今日も投稿せずに寝てしまおうかと思いましたが、とくらさん、がんばって。と美しい季節とは誰にも言わせまい・・・ さんが言われるので、ぼろぼろな体をひきずりながらですが、ちょっとだけ・・。
 SOBAさんに髪を切りますので、と約束したのに、美容院に行く時間がとれず、髪が痛んで(たぶん日焼けのせい?)悲惨です。
 また、プレス民主の号外(戸倉多香子活動号)やその他配布用のチラシを作らなきゃ行けないのに、PCの前に座る時間がとれず、せっかく、とりあえずさんが、美しい国土--農業を再生すべきだをA4版に入るようにまとめてくださったのに、まだ出来上がっていません。(すみませ~ん。ごめんなさ~い。10月中にはゼッタイ発行します。)
 それから、以前、街頭演説があまりにもへたと書いていたからでしょう。世に倦む日日さんが、街宣テンプレート2つもUPしてくださっているのに、まだ、それを利用させていただく機会がありません。今週は、周南市内で街宣予定なので、使わせていただこうかと思います。
 思えば、自治労山口さんの大会でご挨拶をさせていただいたのに、これまたヘタクソで、おちこんでいたら、お玉さんやウワバミの会の皆様が電話してきてくれるし、みんなありがとー!ってかんじ。(笑)
 TBを送リ返したり、コメントのお返事を書いたりする余裕がなくてごめんなさい、と、あいかわらず言い訳だらけのとくらBlogも、五十歩百歩な毎日ですが、とりあえず 前へ
 神奈川と大阪の補選は2敗で終わり、残念!だけど、前へ!

 転載は明日でも・・。
[PR]
by dket | 2006-10-23 02:48
「誰も声を上げないことへの怒り」を共有したい。
 昨日も帰りが遅くなって、テレビのニュースが全く見られなかったのですが、楽しみにしていた党首討論について、テレビではどの部分を切り取って放送するのか、ということがすごく興味があり、夜中のテレビを見ていたら、小沢党首が、北朝鮮の核実験についての対応について、「その場しのぎ、場当たり的な対応」になっていないか、と質問したところに、安倍総理が
 アメリカから言われたから、やるとは言っていない。我が国は当事者でもある。安保理の議長国でもある。何ができるかを考えるのは当然。周辺事態法を適用するとは私は言っていない。国民の生命・安全を守る義務があり、あらゆる法令を検討するのは当然。(民主党HPより抜粋)
と答えるシーンが放送されていました。朝、少しみたテレビも同じシーンを流していたので、う~ん、そうですか。ここですか。と苦笑してしまいました。私は、憲法改正についてのやりとりがおもしろかったですが・・。
 新聞でもあまり盛り上がらなかったという評価のようですが、私は、小沢党首の原則論にとても信頼感を持ちました。私の持った感想に近い記事が、JANJANにありました。→小沢氏の原理原則主義再び 党首討論一部抜粋しておきます。
小沢氏はこの問題は、戦後体制の歴史認識に関わるとした。一方で憲法をわれわれの手で作るといい、一方で戦後体制にはよかったものもあるというのは、矛盾だとする。何が言いたいかというと、戦後体制とは何だったかという評価をまず定めろという原則論だ。先に小泉前首相との党首討論で、占領下に定められた教育行政の問題を取り上げていた。同じ問題意識である。

 久々にJANJANをのぞいたので、他の記事も見ていたら、たったひとりの抗議スタンディング in 新宿という記事に目が止まりました。なんだか、ものすごく感動してしまったんですけど。プラカードの表に
「私は、安倍首相に反対します。あなたは、どうですか?」裏に「今日は安倍首相が決まる日。政治家もマスコミも彼だけを支持する(「全体主義」)。おかしいと思います。」
と書いて、新宿西口の地下広場に“たったひとりの抗議スタンディング ”をしたそうですが、その理由が、
理由のひとつめは、安倍さん自体に感じるおかしさと、首相を決めるプロセスのおかしさに誰も声を上げないことへの怒り(彼はこれから僕らの生活と国のあり方を激変させるでしょう)。
とのことで、私も遠く離れているけれど、山口県から“誰も声を上げないことへの怒り”を共有したい!と、こんなところで吼えてます。
 この記事を書かれた園良太さん、ブログも続けておられるようです。→目に映る21世紀 2006 TBを送ってみたのですが、うまくとおらないみたい?
 こんなこともされているみたい。参加してみたいけど、ちょっと遠いね。こちらでもやればいいんだ。誰かいっしょにやりませんか~?
[PR]
by dket | 2006-10-19 12:45
選挙権ー自分の不利益になるような法律をつくらせない代表者を選ぶために
 民主党のHPをのぞくと、小沢一郎代表が13日午前、神奈川県相模原市津久井にある尾崎咢堂記念館を訪れ、見学後に街頭演説会を開いたというニュースがありました。久々に小沢さんのお顔(写真)を見た気がしますが、その演説の内容にも表情にも感動しました。一部抜粋します。
「民主党にはまだまだ不十分なところがたくさんあるが、今の自民党政治で満足ならば別だが、もう少し国民のことを考えてほしいのなら、民主党を支持してほしい。皆さんが政治を変える、政権を変えるということから本当の政治改革が始まる」

 尾崎咢堂言行録の読めるサイトは、議会解散の署名運動に取り組んだ頃、よく見に行きました。どれを読んでも感動し、勇気づけられました。小沢党首のニュースを見て、ものすごく久しぶりに、そのサイトを探して読みに行ってみました。『誰のための選挙か』(尾崎行雄『民主政治読本』(昭和21年)、『尾崎咢堂全集第十巻』66頁より。)に
大切な選挙権をどう使えばいいか、投票は誰のためにするのであるか、自分の不利益になるような法律をつくらせない代表者を選ぶために使わねばならぬ。
と書かれていて、当たり前のことのようだけれど、案外、忘れていることかもしれないと思ったので、書き留めておきます。
[PR]
by dket | 2006-10-16 12:53
議会解散運動をまたまた振り返ってみたりして・・。
 一週間があっという間にすぎてしまい、気があせります。たくさんいただいているTBやコメントにお返事していなくてすみません。非公開でコメントくださっている方もメールを送ってなくてゴメンナサイ!ちょっと待ってね。ご好意の協力を申し出てくださった県外の方も、ありがとうございます。もう少し待ってくださいね。HPを準備中です。
 今日は、朝から岩国市の市議選挙の出陣式に参加し、そのあと周南市の和田と鹿野のお祭りに行ってきました。今、事務所に帰ってきたところですが、天気がよかったので、きっと日焼けしてしまったと思います。(泣)でも、たくさんの方にお会いできて、元気をいただきました。
 帰ってきたら、金曜日に50部も届けたリーフレット(後援会のご案内)が、もう足りなくなったというお電話があったので、櫛ヶ浜まで出かけますが、ちょっとだけ書かせて。

 お祭り会場では、久々にいっしょに署名運動に取り組んだ仲間と会って、今の周南市のまちづくりについて話しました。やはり、今の市の状況には、ホントに不安を覚えます。市執行部と議会の関係をみると、明らかに後退している気がします。議会解散後、新市のまちづくりの足を引っ張りたくないと、市民が(いえ、それは言い訳になる。やはり私が、と書くべきか?)遠慮しすぎたのではないかと思ってしまいます。
 当時は、議会解散が新市づくりをじゃましたのではないかと、常に自問していましたし、実際に議会が変わろうと努力されていたこともあり、なるべく小さなことには目をつぶろうとしていたと思います。私たちの会にオンブズマン的な働きを求められる方もありましたが、フォーラム等を主催すると、必ず、参加者から市への批判的な意見が声高に叫ばれるという状態が続き、考えさせられることも多く、もう、議会解散のような騒ぎはなるべくおこしたくないと考えていたかもしれません。駅周辺整備等、市の事業に批判的な声は、実際に多かったわけだし、私だけでなく、他の方にも行動をおこしてほしかったという思いもあります。
 いくら言ってもムダだった駅前整備の問題に声を上げることは、ガス抜きに使われるだけだし、フォーラムをやっても意味がないと感じました。これは、きっと来年の市長選挙の争点となってくれるだろうと思っていますが、誰に話しても、おかしいよね、という不信の声ばかりだった大規模給食センターの建設計画に反対する行動をおこさなかったことは、今でも後悔します。
 周南市の土地を周南市が買うということは、もう議会を通ってしまいましたが、本当に、この建設計画は子供たちのためになる計画なのか、合併特例債を使うことが目的になっていないか、議員さんたちだけに任せていないで、市民が意見交換する場を持ちたいと思います。まだ、建築についての予算は議会を通ってはいないので、まだ間に合うかもしれません。市議さん(有志)にも参加を求めて開催予定ですが、私の今の立場を考えると、誤解も受ける(パフォーマンスだと)だろうし、昔のように誰もが気楽に参加してもらうというのも無理かもしれない、と少し躊躇していましたが、やはり、このまま何もしないで、熊毛の方々だけにお任せして知らんぷりしているのでは、ずっと後悔することになりそうなので・・・。10月29日(日)18時から 徳山駅ビル3階 講座室 の予定なので、また、ご案内します。

 今日は、署名に協力したよ、と言われる方にもたくさん会ったし、いっしょに署名運動に取り組んだ仲間にも会ったけれど、議会解散により辞職された周辺地域出身の元市議さんにもお会いし、名刺をお渡ししたら、ビリビリに破られ、ちょっとショックでした。(無理もないけど・・。苦笑)また、もっとやりたいことが残っていたんだ、と切々と周辺部のまちづくりへの思いを語られた、もうひとりの元市議さんにもお会いし、あの運動は何だったのだろうと考えさせられ、少し周南市のことを書いてしまいました。まっ ぐちですね。(笑)
 周南市に興味のない方は、森ゆうこ議員に懲罰動議?も書いたのでそちらをご覧ください。
[PR]
by dket | 2006-10-15 18:08



まだ間に合うかもしれない
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧