今、声をあげなければ、子供たちの世代に言い訳できない。
 山崎養世さんの山崎通信は、旧とくらBlogでもご紹介しましたが、すぐにご本人のブログにも掲載されていました。さらに、国債残高の説明が書かれていましたので、ご紹介します。TBSのイブニングニュースに出演された時のパネル資料も紹介されていますが、わかりやすいと思います。番組を見損なったので、すごく残念です。
 そこには、「小泉さんは、日本の借金(国債)を最も増やした首相です。こんな日本を残して、我々は子供たちに顔向けできるのでしょうか?」と書かれています。私たちが周南市議会解散に取り組んだ時と同じ気持ちです

 新自由主義とか難しい言葉を使うのはとても恥ずかしいのだけど、内橋克人さんの本も読み、世に倦む日日の更新も毎日楽しみにして読み、いろんなブログにかかれていることも読み、えぇ~ ゼッタイそんなのはいやだ!と思ったので、どうしても私のまわりの 今の国の状況に漠然と怒っている人たち にも伝えなくっちゃと気があせるのです。
[PR]
by dket | 2005-09-06 19:21
<< 本当に まだまだ間に合うかもし... なんとしてでも、小泉自民党をぶ... >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧