日本のアフガン支援論争のどこがまちがっているのか(伊勢崎賢治氏)
 反戦老年委員会さん(現在、反戦塾さん)のところで、アフガニスタンで武装解除日本政府特別代表を務めた、伊勢崎賢治さんの「美しい誤解」という発言を知り、ましまさんの言葉をそのまま使わせてもらって、テロ特措法、イランが「美しい誤解」をしていてくれるうちに と書きましたが、その伊勢崎賢治さんが、ビデオニュース・ドットコムに出演されていました。こういう情報は、これまで、こば☆ふみさんがコメント欄に入れてくださっていましたが、コメント欄を閉じてしまった(エキサイトの方だけ書き込み可)ので、残念ですが、知りませんでした。
マル激トーク・オン・ディマンド 第342回(2007年10月19日)
日本のアフガン支援論争のどこがまちがっているのか
ゲスト:伊勢崎賢治氏(東京外国語大学大学院地域文化研究科教授)

 ぜひ、聞きたいのですが、家のPCは、なぜか、ずっと音が出ないので、事務所でしか聞けません。今、聞きながら書いていますが、もう帰らなくては・・・。

 先日は、中村 哲さんもテレビで発言されていましたが、いっしょに出演されていた森本 敏さんや塩じいさんや中田横浜市長さんは、まったく中村 哲さんとは真反対と思えるコメント(洋上給油を継続すべき)をされていたと思うのですが、賛同している風に話されていました。恥ずかしくないのでしょうか。見ておられた方、いらっしゃいますか?
 その日の午後、西山太吉さんの講演会があったのですが、西山太吉さんは、中村 哲さんとまったく同じことを言われていました。

 国会では、守屋前事務次官の件で、議論が止まっていたようですが、石破大臣は、もちろん正しい“現状認識”(宮台さんが初めて知りました、と言われていました。)をされていると思います。そうであれば、国民には誠実な顔を装い、ニセモノの言葉を語っておられるのでしょうから、政治家って気持ち悪いと思います。

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加してみました。


 伊勢崎賢治さんは、“美しい誤解”をされていたのが、安倍さんの退陣のニュースで有名になってしまい、(国連で?)言われて、恥ずかしかった、と話されています。

追記(10月25日朝):↑は、昨日、あせって投稿したものですが、今朝、ムルダヴァのようにさんのところに、
 さらに話が変わりますが、この前平和省のシンポジウムのときに伊勢崎賢治さんはISAFについてどうお考えなのか聞いてみたかったと思っていましたら、マガジン9条にインタビュー記事がありました。ぜひお読みになってみてください。

伊勢崎賢治の15歳からの国際平和学:番外編
というのを見つけました。
[PR]
by dket | 2007-10-24 21:00
<< 岩国の米海兵隊員集団暴行事件、... 民営化の先には、さらに恐ろしい... >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧