安倍さんのNHKに対する政治介入、もう一度、検証を
 昨日、署名のしめきりが28日(なんと今日です。)とわかり、あせって、至急:柏村議員への抗議申し入れ賛同署名(明日28日、しめきり)を書きましたが、こば☆ふみさんがNさんとご紹介くださったのは、やはり信濃のアブマガさんだったそうです。コメント欄にご本人が書き込みくださいました。
 そうじゃないかな?と思ったのは、こっかいmemoさんへのコメントを読んだからです。NHKに対する政治介入については、こちらの方がわかりやすいかな、と思うので、そちらも転載しておきます。
 NHKへの圧力問題も忘れたらいけないですよね。でも書きましたが、ぜひ、『直言』の魚住取材ノート第5回「NHKに希望はあるのか?」 を読んでみてください。魚住さんといえば、たしか、昨年(でしたっけ?)、月刊現代に朝日新聞の記者の証言記録をスクープされていたような気がして、ちょっと検索してみると、安倍中川両議員は、自ら政治的圧力をかけたことを認めていた という記事に、
月刊現代9月号に「衝撃スクープ・巨大メディアは何を誤ったか。証言記録を独占入手!NHKvs朝日新聞『番組改変』論争 『政治介入』の決定的証拠-中川昭一、安部晋三、松尾武元放送総局長はこれでもシラを切るのか」と題する記事が掲載された。これによって朝日新聞のスクープが正しかったことがはっきりした。
とありました。私も買って読んだのを思い出しましたが、当時の記憶をたどってみます。たしか、どう考えても取材した時の証言の録音テープは存在していると思えるものでしたが、朝日新聞の記者の方で、この件の前に、相手の承諾を得ないで録音テープをとることが問題になり、やめられた事件があって、朝日新聞の担当記者の方も録音テープの存在を隠しておられたと思います。それで、その足元をみるようにNHKが徹底的に朝日新聞を攻撃し、朝日VSNHKという構図に知らないうちになりましたが、もともとは、安部さんや中川さんが悪いのではなかったでしょうか?さきほどのブログには、
この記事には、冒頭に記載したとおり、朝日新聞本田記者と松尾NHK放送総局長(当時)、安倍晋三、中川昭一両議員とのやりとりが、録音したものを再現したとしか思えないほど詳細に記載されている。そして、そのやりとりのなかで、安倍中川は松尾に圧力をかけたことを「自白」し、松尾も圧力を受けたことを認めている。しかし、NHKの偏向した報道で、安倍・中川議員がNHK関係者に会ってすらいないかのような誤解を抱いている人も多い。しかも、朝日新聞は10月1日付紙面で「取材不十分」という記事を書き、上層部は闘う姿勢を失っている。
となっていました。
 その圧力をかけた安倍さんは、総理候補で世論調査によると(信じられるのか!)人気№1ですよ。もう一度、当時のことを検証すべきではないのでしょうか?(中川さんだって問題だけど) 当時の安倍さんは、テレビに出まくって、どれだけ、あの改変された番組がひどいか、ということをアピールしまくっておられ、その姿もその主張もあまりにもみっともないものでした。確実に記憶に残っているのは、安倍さんが中国のことを話された内容について、葉千栄さんが、まったく違っていますけどね、とコメントされたことです。
 いまや、読売新聞よりもだめだと言われるようになった朝日新聞さん、それでも、記者の方たちのジャーナリスト魂は死んでいないはず!ぜひぜひ、もう一度、検証してもらいたい。内部告発者がこのまま、ひどい待遇を受けるような世の中でいいのか!

--以下、こっかいmemoさんへのコメントから転載------

政治の報道介入_参議院総務委員会 (信濃のアブマガ) 2006-06-23 02:13:15

国民投票法、共謀罪、教育基本法と息つく間もない状況がつづいた第164通常国会でした。
これら三大悪法はどうにか継続審議に追い込みましたが、その影で新聞TVが報道しないところでまだまだ酷いことが行われた国会でした。
そのうちのひとつがNHKに対する露骨な政治介入です。

3月30日参議院総務委員会では自民党の山本順三議員が、VAWW-NET裁判の東京高裁法廷でNHK側の主張と異なる証言をした永田浩三チーフ・プロデューサーに対して人事上の処分をNHK会長に迫りました。
 詳細は メディアの危機を訴える市民ネットワークメキキ・ネットをご覧ください。
  http://www.jca.apc.org/mekiki/vol15_1.htm

そして6月15日おなじく参議院総務委員会では柏村武昭議員(自民党)が、NHK決算質問のなかで、NHKに対して国旗・国歌の放映を執拗に求め、また「日の丸・君が代」をめぐる東京都教育委員会と教育現場の対立を描いた「クローズアップ現代・国旗・国歌・卒業式で何が起きているのか」(2005年3月28日放送)を取り上げてNHKを「偏向」呼ばわりし、放送内容に立ち入った発言を繰りかえしました。
 柏村議員HP http://www.kashimura-takeaki.jp/

昨年の長居プロデューサーの告発でNHKへの権力介入の実態が表面化しましたが、多くの国民の批判とは裏腹にむしろこの一年半で権力がNHK(報道)に介入するのが当然の空気が作り出されつつあります。

共謀罪審議でも法務大臣は「報道は(共謀罪に対して)まったく誤解をしている」と何度も答弁していましたが、柏村のように「政府の考えこそが公平中立」などというデマゴーグがこれからますます勢いを得てきそうで大変心配です。
公平中立とは何かということは、「心のクレヨン」で池上洋通氏が明確に言い切っていますが、私たちはこのことをしっかり受け止める必要があります。

NHKが報道の自立を守りきれるかどうかはたいへん心もとない状況ですが、私たちはそれでも諦めずに「報道の自由」を守るために声を上げていかなければなりません。駄目なマスメディアであることは疑いようもありませんが、だからといって私たちが匙を投げてしまえば、それはとりもなおさず自分で自分の首を締めることになります。

昨年以来継続してNHK問題に取り組んでいる「支払拒否の会」をはじめ多くのグループと個人が柏村議員に抗議の申入れをするそうです。
申入書に賛同してくださる方を急ぎ募集しています。
今月28日が締め切りです。

申入書、署名用紙などは支払拒否の会のブログで入手できます。
 NHKにおける政治介入の問題を考える会
 http://blog.goo.ne.jp/shiharaiteishi/d/20060620

私たち一人ひとりみずからの意志で「NO!」の声を挙げることが出来れば状況は確実にかえられます。

----転載おわり---------

 柏村武昭議員のNHK介入発言に対する抗議への賛同署名も、まだ間に合います。
 賛同署名は、こちらから→「柏村武昭議員のNHK介入発言に抗議し、発言の撤回・訂正を求める申し入れ」への賛同署名のお願い
賛同署名の送付先
  電子メールの場合:http://www.geocities.jp/hoso_katarukai/』(「広場」欄)
  または、shiharaiteishi@yahoo.co.jpへ送信下さい。
  署名用紙の場合:048-873-3520 へFAXで用紙をお送り下さい。


(追記:22時59分)今、気がついたのですが、NHKへの圧力問題も忘れたらいけないですよね。のコメント欄に、kojitaken さんより、魚住さんのコメントが載っているURLをご紹介いただいていました。→安倍晋三の噴飯反論と朝日の弱腰
[PR]
by dket | 2006-06-28 20:42
<< テレビはこういうものをとりあげ... 電通は政治だけでなく、サッカー... >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧