闘い続けるすべての人へ、やまぴパワーちゅうにゅー。
 いろんなことがどんどん動いていて、気があせります。金曜日の朝早くのNHKのニュースでは、与党側が共謀罪について採決の意向だと伝えたほかに、国民投票法案を与党単独で提出するというニュースもやっていました。
 共謀罪については、コメント欄に、ヘンリー・オーツさんが「もう風向きは変わりました!」と、実際に国会で法務委員会を傍聴し、現場の空気を伝えてくださったので、少しほっとするような、でも、気をゆるめてはいけないような、複雑な気分です。でも、川辺よりさんの言われるとおり、ブログのチカラは、与党の絶対的な数のチカラに対して闘ってくれている人たちを力づけることはできると信じて、これからも書いていかなくてはと思います。
 それにしても、やっぱり気力体力が大切なのだ、と書かれている踊る新聞屋-。さんが心配されるとおり、“反対世論疲れさせ作戦”(笑)に負けないように、たまには、クロサギなんか見て気分転換し、やまぴパワーちゅうにゅー。とつぶやきながら、がんばりましょう!(あっ でも、男の方はうれしくないかも。笑)
 ♪~抱いて、抱いて、抱いて、セニョリータ!が、かなり気に入っているのですが、息切れしている場合ではありませんでした。国民投票法案、今国会の成立断念…民主の提案拒否でというニュースで喜んでいたのもつかの間、与党単独提出見込みというニュースで不安に思っていたら、情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士さんが、マスコミ規制,市民の運動規制を撤廃しても提出するという動きを前に,底知れぬ怖さを感じています。と書かれていて、ホントに怖くなりました。信頼できる内閣のもと、信頼できる議員により、きちんと時間をかけて国民投票法について議論されれば、もしかしたら、こば☆ふみさんが、コメント欄に書いてくださった「・・・私にはこんな夢があります。」のお話をいっしょに夢見たい気もします。以下に引用させてください。
もしも、国民投票が上首尾に行くとどうなるでしょうか?
18才以上の全部の日本人が「日本国憲法」について真剣に勉強することになります。90日間(?)ケンケンガクガクの論争が起きるし、喧嘩して別れる夫婦がいるかもしれませんし、どちらになるか結果を賭る人が出てくる?かも(笑)

様々な議論の末に一人一人が考え、悩んで決めることになる・・・その時から「日本国憲法」が生まれ変わるのでは!そう思います。日本人が本当の意味で憲法を国家権力に守らせる力を持てる。

「日本国憲法」に真剣に向き合う機会を持つことで日本が変わる!
なんて思っています。理想論でちょっと甘いかもしれませんが・・・本心です。
これを読んだとき、そうか、そういうことも言えるのか、と感心しました。そういう風に、脅迫観念を持たずに憲法について話し合える世の中にならないといけないですよね。そんな日が来ることを願って、どんな手法にしろ、9条を守るため、日夜闘い続けているすべての人たちにもやまぴパワーちゅうにゅー。と、声援を送りましょう。(って、ホントに男性にはうれしくないよね。ちなみにやまぴ-とは、山下智久 くんのことです。)
 でも、今はホントにだめ!改憲論に賛成の方でさえ、今の小泉政権ではやるべきではない、という意見の方が多いと思います。しかし,今の動きはあまりにおかしすぎる。と書かれている、情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士さんは、
ここは,【憲法改悪のための国民投票法案が今月末にも国会に提出されようとしているが,それには反対。提出に際して,政府・与党が,メディア規制・外国人運動規制を撤廃したことは,その限りではめでたいことだが,最低投票率の問題や棄権をした人を反対した人としてカウントするべきかどうかなどさまざまな問題があるのであり,拙速な審議には反対だ】などという記事をブロガーがたくさん書いて,「外国人運動規制が撤廃されたこと」を広めてみるっていうのも一つの方法ではないでしょうか?
と提案されているので、引用させていただきました。

 あまり新聞を読まない日が続いていますが、昨日の山口版には、岩国で「住民投票の成果を活かす岩国市民の会」が発足したという記事が出ていました。岩国住民投票を成功させる会のブログに、「住民投票の成果を活かす岩国市民の会のブログが立ち上がりました。」と、こちら→http://ikasukai.blog65.fc2.comのURLが書かれていましたので、ご紹介しておきます。「この会はゆるやかに一人一人ができることをしていこう!ということを確認して、「規約案」を拍手をもってご承認いただきました。 」と、正式に発足したことを報告されています。新聞では、小田実さんの「今、『小さな人間』の力が試されている」という言葉が紹介されていましたが、ブログでは、「交流会でも大いに語ってくださいました。」と書かれています。閉会あいさつでは、「小さな人間である私たちの力を集めて、大きな動きを作っていきたいものです。」と世話人の国安洋子さんが話されたそうです。
 “住民投票へ行こう!!”Blogにも行ってみましたが、もう4月3日に「住民投票の成果を活かす会」発足準備会のご案内が掲載されていたんですね。気づきませんでした。岩国でも闘い続けている方々がおられる。なんだか勇気づけられます。下の画像は、“住民投票へ行こう!!”Blogにお伺いした途端、目に焼きついたので、お借りしてしまいました。
e0067429_711168.jpg

 み~んな、また一週間がんばりましょう!
[PR]
by dket | 2006-05-22 04:44
<< 日本の医療費は決して高くはない... どうなったでしょうか?共謀罪。 >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧