“いざなぎ景気以来の景気回復”は、やっぱり数字のマジック
 どう考えても納得いかないことがあります。今の日本が景気拡大していて、戦後2位の「バブル景気」に並んだというニュースです。東京だけのことかと思っていたら、先日、山口県の景気も回復を続けていて好調というようなニュースが流れていました。たしかに、「東ソー(周南市)やトクヤマ(同)など化学を中心に大手工場が高水準の生産を維持し、設備投資も大幅に増えている。」というニュースはずっと続いていますが、従業員まではまわってないよね。と話していました。
 毎日、こんなに働いているのに、どうして苦しいんだ、うちだけかな?と思っていました。きっと格差がひろがっていて、大企業の方々はよくなっているんだろう、と思っていました。ところが、森田 実さんのHPをのぞいて、納得しました。やっぱり、数字のマジックだったんですね。小泉政権は、言葉のマジックもひどかったけど、数字のマジックまで利用していたんですね。専門的なことは説明できないので、森田実さんも「少し長いが、お許しいただきたい。」 と書かれていますが、私もそのまま引用させていただきます。
菊池先生は時事通信社発行の『世界週報』(2006.5.9-16号)の中で、こう述べている。少し長いが、お許しいただきたい。
 《内開府は4月14日の月例経済報告で、景気の基調判断は「回復している」と2ヵ月連続で回復基調の判断を据え置いた。しかも、「景気拡大51ヵ月、“バブル”に並ぶ」(日本経済新聞)とか、「戦後最長のいざなぎ景気に追い付くかどうかが焦点だ」(読売新聞)といった説明がみられ、いかにも現在の日本の経済が回復して拡大しているような記事が目立つ。平均給与が7年連続してダウンしている国民にとっては、きつねにつままれたような言葉であろう。
 「いざなぎ景気」と言えば、高度成長時代の1965年11月から70年7月までの57カ月間、景気が拡大し、名目GDP(国内総生産=我々の額面給与と企業の税引き前利益の合計)が年平均17.3%増加、実質成長率が11.6%(GDPデフレーター=総合物価上昇率は5.7%)であり、この間、名目GDPは2.2倍、毎年減税しながらも税収も2.4倍に伸びた名実ともに高度成長である。この時期とデフレの現在とを見る根拠のキーワードは「GDPの実質成長率」である。実質成長率が伸びていれば、景気は拡大しているという論理だ。
 ところが、ここには数字の詐術がある。いざなぎ景気時代は緩やかなインフレである。それに対して現在の日本はデフレであり、本質的に違う。「GDPの実質成長率」は「名目成長率マイナス物価上昇率」で表される。デフレ時代には、「物価上昇率」(GDPデフレーター)がマイナスなので、デフレが深刻であれば、それだけ見せかけの実質成長率はプラスになり、高度成長と同じ数字が出るのである。つまり、デフレの下で実質成長率は、デフレ率(GDPデフレーター)の裏返しに過ぎず、実体経済を拡大させるのではなく、実態は縮小している。
 まさに「数字のマジック」であり、「実質」という言葉に惑わされてはいけない。デフレの下での実質成長は一種の幻想に過ぎない。》
森田 実さんは、「景気回復→大増税」の大合唱がおこるだろうと言われています。行政改革といいながら、塩爺さんが、「母屋でおかゆをすすりながら、離れではすき焼きを喰っている」と言われた状態はまったく変わっていないんじゃないの?と文句を言いたいのに、じょうだんじゃない!民主党は生まれ変わって、『減税』やってみろ!と書きましたが、じょうだんではないのだ!
 どこかで読みましたが、小泉さんは、医療費の自己負担を2割から3割へアップ、介護保険料、雇用保険料の引き上げ等々、実質7兆円の増税をしている、というではないですか。どこだったっけ。探してみなくちゃ。恒久減税と言われていた定率減税もなくなるし。あ~、朝から怒ってきた!

 ちなみに、「言葉のマジック」については、新自由主義をウォッチするさんのところで読んだぬぬぬ?さんの「法律の中身と法律の名称がまったくの逆になっている」というご指摘がおもしろかったです。それは反対するものを悪者にするレッテル貼りに使えるというトリックが隠されているのだ と書かれていますので、引用させていただきます。 
 「民主党は国民保護に反対だ」
 「民主党は被害者保護に反対だ」
 「民主党は障害者支援に反対だ」
 「民主党は行政改革に反対した」
 「民主党は郵政民営化に反対した」
 「民主党はカイカクに反対した」
たしかに、「障害者自立支援法」あたりから、なんだかヘンだなぁ、と思っていました。小泉政権を支える方々は、まず国語からやり直してほしい、と思いましたが、きっと確信犯なんでしょうね。こういう方法で国民を欺くのは、とても汚いと思います。みんな、こういう「ごまかし」を使う国民になってしまうでしょう。いろんな地方自治体でも、「ごまかし」だらけになっていませんか?そういえばアメリカのためなのに沖縄のため、と表現する米軍再編に伴う日本側の負担3兆円もおかしいですよね。 
[PR]
by dket | 2006-05-11 08:26
<< 議員会館を取り巻く~共謀罪緊急... 加藤紘一さんが気になります。 >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧