国民投票法案、今国会の成立断念…民主の提案拒否で
 昨日、テレビのニュースで民主党の小沢党首が、国民投票法案について、与党と歩調をあわせることはない、と言われていたので、すぐに、信州のこば☆ふみさんにご報告しなくちゃ、と思っていたら、さっき、国民投票法案、今国会の成立断念…民主の提案拒否でというニュースが出ていました。引用しておきます。
自民、公明両党は10日、憲法改正手続きを定める国民投票法案について、今国会での成立を断念した。

 両党と民主党の衆院憲法調査特別委員会理事は、これまで共同提案を目指して調整を進めてきたが、投票年齢や投票方式などを巡って意見の隔たりが埋まらなかった上に、民主党の小沢代表が与党との共同提案を拒否する考えを示しているためだ。

 与党内には、与党だけで法案を提出するべきだとの意見があるが、民主党の協力を得られなければ採決は困難だとの見方が広がっている。このため、法案の提出を見送る可能性もある。

 実際に憲法を改正する場合には、衆参両院で3分の2以上の賛成が必要となるだけに、国民投票法案の段階から民主党と歩調を合わせるべきだとする意見も根強い。
     (読売新聞) - 5月10日15時56分更新

とりあえず、よかったんではないですか?なんだか、ホントにメール事件、ありがとうってかんじです。

 あっ でも、国民投票法案 与党単独提出もというニュースもありました。引用しておきます。
自民、公明両党の幹事長、政調会長、国対委員長は十日午前、都内のホテルで会談し、憲法改正手続きのための国民投票法案について、同日午後の与野党国対委員長会談で民主党の対応を見極めることを確認した。自民党の細田博之国対委員長は記者団に「(与党と民主党が)お互いに(法案を国会に)出してから議論すると、妥協案が見つかるかもしれない」と述べており、与党単独での今国会提出を辞さない構えだ。
 小泉純一郎首相は十日午前、民主党の小沢一郎代表が九日の記者会見で、憲法改正の手続きを定める同法案の自民、公明、民主の三党共同提案に反対の意向を示したことについて「別にそんなに反対する法案ではない」と批判した。
 自民党の武部勤幹事長は十日午前の会談後、記者団に「小沢さんの一言で同調しないのは、にわかに信じがたい」と述べ、その上で「(法案の)今国会提出の方針は変わらない」と語った。
 これまでの三党による同法案の策定作業では、与党が投票権者を二十歳以上としているのに対し、民主党が十八歳以上を主張。さらに、民主党は憲法改正以外の国政の重要課題を国民投票の対象とするよう求めるなど、溝は埋まっていない。国会会期末が六月十八日に迫る中、法案審議で与党と民主党の対立が続けば、会期内成立は難しい見通しだ。
     (産経新聞) - 5月10日15時35分更新

[PR]
by dket | 2006-05-10 17:30
<< 加藤紘一さんが気になります。 共謀罪川柳 と V フォー・ヴ... >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧