遠い空の下 めぐりあった不思議さ
 みんながんばってほしいと思います。ひとりひとりの力は小さすぎて、私ひとりの力はもっと小さくて、♪心許なくて ふるえてた風の中・・・と思わず、つぶやいてしまいます。また、桜井君の歌う“糸”がききたくなりました。中島みゆきさんの歌詞だけど、私の心には桜井君の声でしみこんできます。この不思議なめぐりあわせにも驚かされますが、ブログを通じて、この広い世界でめぐりあった私たちの不思議さみたいなものも感じます。きっとこの時代が私たちをめぐりあわせているのだと考えると、今、やるべきことは、縦にも横にもななめにもいろんな色の糸を紡いで、強い布を織ることだと思います。そして、その布は1枚につながっていなくてもいい。たくさんの布を織らないと間に合いません。まだ、今なら、間に合うかもしれないのだから。
なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない
どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない

なぜ 生きてゆくのかを
迷った日の跡の ささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡の ささくれ
こんな糸が なんになるの
心許なくて ふるえてた風の中
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかもしれない

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます

 Bank Bandで桜井くんが唄って、私の心に届いた、中島みゆきさんの『糸』の歌詞です。
[PR]
by dket | 2005-12-08 06:55
<< 何もかも投げ出したくなった朝に(2) ふぐのおいしい季節となりました。 >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧