「ほっ」と。キャンペーン
平和に新年を迎えることができたことに、心から感謝。
 あけましておめでとうございます。
 旧年中のあたたかいご支援に心から感謝申し上げます。

 新しい年を迎えましたが、東日本大震災で命を落とされた多くの方々とそのご家族の悲しみ、また、今もなお、困難な避難生活を続けておられる方々のご苦労を思うと、新年のご挨拶をするのも心苦しいような、重苦しい年明けとなりました。
 それでも、平和に新年を迎えることができたことに、心から感謝し、今年こそは、復旧、復興が大きく進むことを強く強く願い、日本中に笑顔あふれる“日常”がとり戻せる日まで、ひとりひとりが、自分自身の“希望の種”をしっかりと育ててまいりましょう。そのお手伝いができるように、私もがんばりたいと考えています。本年も引き続き、ご支援ご指導賜りますようお願い申し上げます。

 昨年は、逆風の中、皆様の力強いご支援により県議会に送り出していただきました。8ヶ月がすぎましたが、まだまだ日々勉強!の毎日です。ご支援いただいた皆様の思いを大切に県政に活かせるよう、日々奮闘しておりますが、ご期待にお応えできていないことも多く、はがゆい思いがつのります。今年は、もっともっと皆様のお声をお聞きする機会を増やしたいと考えておりますが、お困りのことやお手伝いできることがございましたら、ご遠慮なくご連絡いただけると幸せます。

 皆様にお支えいただき、6月議会では、初めての一般質問を行い「徳山下松港と宇部港が国際バルク戦略港湾に選定されたことについて」と「福島原発事故後のエネルギー政策と地域振興のあり方について」の質問をさせていただきました。
 11月議会では、2度目の一般質問に立ち、「山口県経済の拡大と雇用の場の確保・拡大について」(5項目)と「愛宕山開発用地売却と阿知須干拓地買い入れについて」の大きく2点について質問しました。
 また、環境福祉委員会や中山間地域振興対策特別委員会、決算特別委員会等でも、積極的に質問や発言を続けています。

 頭をぶつけながらも、笑顔あふれる山口県づくりのために、2012年も猪突猛進します!(亥年生まれのため。) でも、今年は辰年、ブータン国王が紹介された『経験』を食べて成長するドラゴンを心の中に大切に育てながら、昇り竜のごとく大きく飛躍できる年としたいと思います。

 最後に、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

   2012年 元旦
                    戸倉多香子

 
   
[PR]
by dket | 2012-01-11 10:47
<< 消費税増税がどうしても許せない理由 心も限界を超えてしまうので、し... >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧