高校授業料の滞納分の貸し出し検討-とにかく とにかく いそいで!
 喜八さんが報告してくださった中学・高校生を卒業クライシスから救え!緊急院内集会(写真入りメモ)の成果でしょうか?以下のニュースが目にとまりました。
高校授業料の滞納分、貸し出し検討 中退回避へ厚労相(2010年2月10日8時36分)
 長妻昭厚生労働相は9日、国の生活福祉資金貸付制度に緊急の特例措置を設け、高校生をもつ家庭に授業料の滞納分を貸し出すことを検討すると表明した。滞納を理由に卒業が認められない事態を防ぐためで、「一刻も早く実現できるように取り組みたい」としている。

 高校生の声を聞くために民主党議員の有志が国会内で開いた会合で発言した。生活福祉資金の貸し付けは、低所得者が低利・無担保で生活資金を借りられる制度。過去の授業料滞納を解消するための貸し付けは現行制度では想定されていないが、昨年度末に卒業が認められなかったり、中退せざるをえなくなったりするケースが目立ったことから検討に入ったという。
   (後 略)


 喜八さんは、
湯浅誠さんが厳しい顔をしています。
あくまで想像ですが、湯浅さんは激しい憤りを感じておられるのではないでしょうか。
というのは、私(喜八)自身も「中学・高校生を卒業クライシスから救え!緊急院内集会」に参加して、定時制高校生など若い当事者たちの声を聞き、ほとんど激怒に近い怒りを感じていたからです。
もちろん(言うまでもなく)定時制高校生たちに対して怒っていたわけではありません。
学ぶ権利・働く権利・生きる権利を剥奪され、まるで価値のないもののように粗末に扱われ、それでも懸命に「頑張る」子供たち・若者たち。
彼ら彼女らと家族の困窮を見ようともせず、浅薄で酷薄な「自己責任論」を押し付け、反省しようともしない大人《おとな》たち・権力者たちへの怒りです。
と書かれていますが、今、本当に、とにかく、とにかく、いそいでほしいのは、こういう問題ではないんでしょうか?けっして、政治とお金の問題ではないように思います。

 民主党サイトでは、「子どもの貧困:中学・高校生の卒業クライシス(危機)について」ヒアリング(2010/02/09)というニュースが掲載されていました。そこには、高校生有志・「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク準備会からの当面の緊急要望として
「文部科学省・厚生労働省が連携して、都道府県の教育委員会、公立・私立の高等学校、授業料を滞納している高校生とその保護者に対して、授業料減免・奨学金・公的貸付などの既存施策の活用をきめ細かく周知し促し、また必要に応じて施策を改善・創設して、今年度末に経済的理由による学費滞納によって卒業させられない高校生が一人も生まれないようにしてください」
と要請したと書かれています。ホントに泣けてきます。
 しつこいですが、とにかく、とにかく、いそいで、今年度末に経済的理由による学費滞納によって卒業させられない高校生が一人も生まれないようにしてください!


山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!

[PR]
by dket | 2010-02-12 06:08
<< これでいいのか。こんなスピード... しつこく、本当に4億円の不記載... >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧