中小零細企業とそこで働く人たちが希望を持てるような政策を!
 亀井金融担当大臣と民主党金融ボーイズに期待!を投稿した日、「政権交代後の民主党に、これだけ中小零細企業の側にたてる方々がいらっしゃることがわかり、かなり安心しました。」と書きましたが、ふじすえ議員のブログにお伺いしてみると、中小企業が声を出さなければ中小企業支援政策はどんどん見捨てられる!と書かれていました。またまた、不安になったので、一部抜粋してご紹介します。
 新政権は総選挙において、雇用の7割を支える中小企業支援を大きく打ち出していた。しかし今、その看板である「中小企業減税」が消えつつある。
   (中 略)
 今、多くの中小企業経営者は、借金を増やして会社を維持するか、それとも会社をたたむか、迷っている。前にお会いした建設会社の経営者は「自分は早く会社をたたんだため、被害が少なくてよかった。がんばった友人は大きな借金を抱えて倒産してしまった」と話していた。

 このような状況にもかかわらず、中小企業団体の方々から、ほとんど声が聞こえてこない。
今まで政権与党とやっておられ、その習慣がまだ抜けていないのではないかと思ってしまう。今までは族議員に話をしていればすんだのかもしれないが、今は違うのだ!
今、政策を動かす大きな力は「世論」にある。
そのことにまだ気づいていない。

今からでも遅くない。
中小企業の方々よ、是非声を上げて欲しい!
   (以上、引用おわり)

 以前、ふじすえ議員の税制についての勉強会に参加してみましたが、ふじすえ議員は、本当に中小零細企業のことを考えてくださっているな、と感じました。ただ、その時の参加者の方の発言を思い出してみると、中小企業の団体に所属することのできる中小企業の方は、(もちろん努力されているからでしょうが、)少し余裕のある方々ではないかな、と思いました。今、毎日の資金繰りで大変な中小零細企業の方は、声をあげる余裕もないのではないか、と思います。政府は、ぜひ、そんな声にならない声をくみとってもらいたい。

 16日に書きかけのまま、非公開にしていた「助けて!」といえない人がたくさんいることをわかってほしい。をそのままUPしました。最近、やっと、デフレがずっと続いていることを報道する記事も増えましたが、デフレは、中小零細企業とそこで働く人たちを本当に痛め続けてきました。
 本来、日本の底力であるはずの中小零細企業は、よくテレビで取り上げられる「ものづくり」分野だけではなく、あらゆる分野で、この国を支えてきたけれど、本当に傷ついています。これまでの政治は、つぶれるものはつぶれるべき、という言葉で、確信犯で切り捨ててきたと思いますが、新政権も本当にそれでいいんでしょうか。

山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!


 民主党のHPから「平成22年度税制改正大綱」がダウンロードできますが、少し読んでみると、確かに、まだ、「今からでも遅くない。」のかもしれません。

(メモとして追記)こんなに多くの国民が苦しんでいるのに、日本の経済が良かったころに決まったことを続けるのでしょうか?→日本の米軍基地維持費負担は世界の80%~みかじめ料を払うのはやめよう! ( 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)さん)
[PR]
by dket | 2009-12-23 13:33
<< 今日は、下関で忘年会 特別会計の剰余金は、どのくらい... >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧