しつこく 郵政民営化について
 昨日、郵政民営化には反対と書いている旧とくらBlogをご紹介したので、ひさびさに紺谷典子さんが国会の郵政民営化に関する特別委員会で参考人として出席された時に話されたことについて書いたものを読みかえしてみました。紺谷典子さんは、小泉さんが首相になられる前は、よくTVに出ておられたと思いますが、小泉さん(または官僚たち)に批判的なことばかり言われるからか、国民新党の副代表になられるまでは、ほとんどTVで見ることがなくなっていたと思います。私にとっては植草さんと同じようにTVから排斥された方というイメージです。
 以前、河村建夫さんが文部科学大臣をされていた頃だったかな?宇部で、その後援会主催の北川正恭さんと紺谷典子さんの講演会があったので、後援会とは全然関係ないけれど、聞きに行ってみたのですが、なんとなく、亀井派を応援している方なんだな、と当時は少し偏見をもって聞いた記憶があります。でも、政府は、年金の積立金(?)があるのを隠して、もう危ない、危ない、と国民をおどして、年金保険料を高くしようとしているが・・・・と今と同じようなことを言われていました。選挙の時、よくTVに出られて話されていましたが、みのもんたさんとかに、造反議員の味方ね、というひどい扱いを受け、あまりきちんと主張を聞いていただけなかったような気がします。声が少し高くヒステリックに聞こえるところがあるのかもしれませんが・・・今回は、よく副代表を引き受けられたと思います。
 紺谷さんは簡単な言葉で語られていますが、世に倦む日日等でいろんなことを教えてもらった今、読み見返してみると納得させられることばかりだったので、ここに再掲してみることにしました。私が衆議院TVを見ながら、文字にしたので、議事録を読まれたほうがいいのかもしれませんが、抜粋しているので、わかりやすいと思いました。以下、7月2日に書いたものですが、紺谷典子さんが国会で主張されたことです。
 
論点がどんどん変わっている。そもそも論が忘れられている。常にそもそも論にたちかえるべき。なぜなら改革というものはすべて国民のため、国のためでなければならない。権力者の個人的な好みで変わっていいとは思わない。民営化の目的がくるくる変わっている。これは不思議。当初は財投改革と言われていた。特殊法人が非効率といわれるのなら、なぜ、特殊法人を直接改革されないのですか?

財投改革で入口論というのを言われる。入口を閉ざすといわれているが、小泉首相の言われることは論理的ではない、なぜなら入口はもう1つあるからです。それは年金の積立金です。年金の民営化は言われない。これには手をつけず、郵政民営化ばかり言われる。何らかの理由によりどうしても郵政の民営化をやりたいというのは他の目的があるとしか思えない。

財投というのは、たとえ問題はあるにしても、全部やめるべきものなのでしょうか?その公的需要はどうなったんでしょうか。それを議論するべきではないか。そういうことを一切やっていない。そもそも郵貯、簡保の350兆円が肥大と言われるが、何をもって肥大と言われるのか。民間の銀行と比べて大きいというのはおかしい。公的機関である郵便局であるということを忘れられている。国の資金需要と比べてどうかという観点で考えるべき。

銀行は不安だと政府が必要以上に国民の金融不安をかきたてて、そういう金融不安のある中で、やっぱり同じ1千万円の補償といえども、なぜ、国民が公的機関に預けるのか(を考え)、政府は反省すべきです。金融大臣は反省すべきです。そもそも財投をいいかげんに運営してきたのは、総務省ですか?郵政省ですか?違いますね。財務省です。財務省の理財局ではないのですか?そこがさまざまな特殊法人に配ってきた。そして、他省庁の特殊法人にまで財務省の天下り先を増やしてきた。予算だけでなく、財投資金まで使って自分たちの権限を広げてきた。

財投資金がある程度必要となった場合、公的資金の資金調達をどうするかという視点も重要。残念ながら日本では証券というのは好まれない。そういう中で国債を個人が持つというのは他国に比べても低い。まだ60年前の国債が紙切れ1枚になったことが記憶に残っている国民も多い。国債が暴落するかもしれない、と国が必要以上に金融不安をあおって誰が国債なんか持つでしょうか?そういう国民の中にあって、郵便貯金というのは出し入れ自由な貯金というかたちをとった第二の国債だと考えられると思います。国がお金を調達するのに、どれだけコストをかけないでやるかという観点も忘れてはいけないと思います。・・今現在ある24700のの郵便局をもっと活用するべき。せっかくある財産をばらばらにして、解体して、価値をなくすような改革が国民のためになるとは到底思えない。

小泉首相のおっしゃってきたのは、官から民へ、中央から地方へ、ですが、官から民へ、中央から地方へ移動してきたのは、今のところ、痛みだけです。


・・・・なかなか過激に話されていましたが、テレビや新聞ではとりあげられていないようです。なぜでしょう。ちょっと前のテレビなら、よろこんで、おもしろがってとりあげたはず。最近のテレビは、郵政民営化のことはなるべくとりあげたくないように思えてしまいます。
世論調査にあるように、郵政民営化についての国民の関心は低いはずです。マスコミが報道しないのですから。
どうにかできないのでしょうか?私たちには何も手をだせない問題なのでしょうか?

以上、「郵便局の民営化には反対だと紺谷典子さんが・・」で、まさか郵政民営化を争点として解散にまでなるとは思ってもみなかった頃に書いたものです。でも、ご自分は証券をすすめてきた立場だけれど、残念ながら日本では証券というのは好まれないから、郵便貯金を出し入れ自由な貯金というかたちをとった第二の国債として、コストをかけない(郵便局のネットワークを利用して)公的資金の資金調達方法であると考えて残すべき、と言われ、そういうこともあるのかと国のシステムみたいなものを考えることになった記憶があります。いいシステムがあっても無駄づかいをしてきたのは誰なのか、小泉内閣は、まず、その反省からはじめてもらいたいものです。

なにか、世に倦む日日がお引越しされているみたい。容量オーバーだそうです。これからもがんばって続けていただきたいと思います。更新のない日は、本当に落ち込みます。
[PR]
by dket | 2005-09-22 06:40
<< 報道規制に乗り出したYahoo... それでもあえて郵政民営化を問う... >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧