小沢一郎激励書簡集を読んで、感動しました。
 24日に「平成海援隊」という掲示板や「TOKYO CALLING」という掲示板で、小沢党首の秘書逮捕の問題について、活発な議論が交わされていると紹介させていただきましたが、当事務所にお電話いただいた「まりあ」さんが、
連休に入るまえに、小沢一郎よがんばれ、というネット世論による励ましの手紙をもって、わたしたちの熱い声を届けるために、有志をつのり、小沢一郎事務所をたずねてみたいと思います。
掲示板で呼びかけられ、いろんな方々の思いが集まった『小沢一郎激励書簡集』ができあがったそうです。小沢党首の事務所に届けられたそうですが、私にも一部お送りくださり、その“現物”が昨日、事務所に届きました。

 帰りの移動時間に、「はじめに」から読ませていただいて、本当に感動しました。表紙も素敵ですし、きれいに製本され、短い時間に作業された方々のご苦労が伝わってきますが、その文章を読ませていただいて、ますます、すごい!と思ってしまいました。ネット上で読むよりも、こうして印刷物で読むほうが、もしかしたら、感動的なのかな、と思いました。

 民主党本部にも、このことをお伝えして、何らかのかたちで取り上げていただくことになりました。広報の担当者さんも、
激励書簡集の作成に至った経緯、今後の活動について等々を伺い、その真剣で、温かい思いに触れ、胸を打たれました。
と、取材のご報告メールをくださっていました。ここ数日、行事もあり、ゆっくりとブログを書く余裕もなく、また個人的な理由で心の苦しい状態が続いていましたが、まだまだ、がんばらなくては、と私自身が励まされた小沢一郎激励書簡集でした。

 内容が、ネット上で見れるそうです。http://issuu.com/mariameguro/docs/letterstoozawaboreroです。ぜひぜひ、ご覧ください。

 テレビや新聞報道では、あいかわらず、連日、“世論”なるものをふりかざして、「小沢党首やめるべき」を、“本当の世論”にしようとしています。でも、日々、歩く中で出会う方々の声を聞くたび、今回は逆効果になってきているのではないかと、少しずつ考えていましたが、この書簡集を読むと、それが確信に変わってきます。(前回の郵政選挙は、たしかにメディアを使った世論誘導は成功したでしょうが・・・。)

 ぜひぜひ、全国の方々に読んでもらいたいので、ネットをのぞかれない方々のためにも、本になって出版されないかな、なんて妄想しました。(笑)

 まりあさん、ゆりあなさん、いろはさんをはじめとする、この書簡集に携わった方々、本当にお疲れ様でした。(こば☆ふみさんも参加されていましたね!)心から敬意を表します。私も“ブログ(ネット)の力”を信じて、書いてきてよかったと思います。でも、まだまだ厳しい現実が目の前・・。これからもがんばりましょうね。

 
山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキングがどんどん下降中。以前のように上位に復活できますよう、ご協力を!

[PR]
by dket | 2009-05-01 06:10
<< 北東アジアに非核化地帯 民主議... 「怒っている私たちは、今、どう... >>



まだ間に合うかもしれない
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
障害者雇用する企業が半数..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
【ツイッターで脱原発活動..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【改稿】原発推進も、TP..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
原発推進も、TPP推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
【緊急寄稿】 原発推進も..
from 元・東電社員が語る、脱原発へ..
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧